アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

タグ:#シンガポール ( 44 ) タグの人気記事

離れて気づいたシンガポールの良いところ

c0242063_10571205.jpg

シンガポールからミネソタに引っ越して、5ヶ月たちました。ミネソタにも慣れてきて、「ミネソタのここが好き!」って言えるようになってきたと同時に、2年間住んだシンガポールを懐かしく思うこともあります。シンガポールを離れてアメリカで暮らすようになってから対比的に「シンガポールのここが素晴らしかった!」と気づくことがある今日この頃です。


外国訛りのアクセントも通じる

国際都市シンガポールには色々な国の人が仕事や留学で住んでおり、海外からの出張者や観光客も多いので、シンガポールには様々なアクセントの英語が存在します。在シンガポール日本人の人口に関しては4万人程度と結構多いので (シンガポールの人口 560万人に対して4万人なので 0.7%)、日本人の英語の発音にも寛容です。私もシングリッシュやインドっぽい巻き舌で早口の英語にも結構慣れました。ここミネソタでは少しアクセントの場所が違ったり、米語の代わりにうっかりイギリス英語で使う単語を使うとなかなか通じません(泣) ミネソタの人に悪気はないのですが、グローバル企業に勤めていたり他の都市に住んだことのない人は様々なアクセントに慣れていないです。


シンガポールの治安の良さ

先日、この通りで銃撃事件があったんだよね、みたいな事はシンガポールでは聞いたことがありません。物の置き忘れなどでも結構戻って来たなどという話を聞きました。私の以前の上司の上司は、夜、オーチャード(繁華街の通り) にバイクに鍵をかけ忘れたまま近くのバーに行って飲み、飲みすぎたのでバイクの事は忘れてタクシーで帰り、翌朝「まさかそのまま置いてあるはずはないよね」と諦めながらもダメもとで戻って来たら、バイクがそのままあったそうです。(っていうかそんなに飲むかいな。っていうかシンガポリアンはそんなには飲みませんね。その上司の上司はもちろん外国人です。)
ミネソタも地域によるのですが、私の勤務先のあるミネアポリスのダウンタウンは治安がイマイチで「先日この通りで人が撃たれた」とか聞きますし、「えー、マジ!?」と言うと「でもミネアポリスはシカゴほどじゃないから安心して。シカゴなんて銃撃事件はほぼ毎日だから。」などと気休めになるのかならないような事を言われたりしました。 シンガポールでは早朝、暗いうちからランニングしても、他にも暗いうちから走っているランナーが多くいたので安心感がありました。日本もかなり安全ですが、シンガポールの治安の良さは世界的にもダントツだと思います。



公共サービスの応対が効率的で親切

ここミネソタだと、窓口のに対応の質にすごくバラつきがあります。同じ手続きをするにしても、外国人だと必要書類が別に必要だったり違ったりする場合があって結構手間取ることが多いのですが、シンガポールは外国からの労働者が多いので、慣れてていつでもスムーズでしたし、窓口のミスなどにも遭遇したことがなかったです。


裏を返せば、上記の部分がミネソタで残念なところなのですが・・・134.png 
でも、意外にミネソタって隠れたお宝のような素敵な場所なのではないかという気がして来た今日この頃です。何が素晴らしいかは、また別の記事で書きますね。


こちらのブログもよろしく!


[PR]
by kobewindy | 2017-09-20 10:58 | Singapore

シンガポールを離れます

シンガポールを離れることになりました。 転勤で彼のいるアメリカに向かいます。  

シンガポールの快適なコンドミニアムを離れるのはちょっとだけ残念ですが。でも、家賃が高すぎました。これからは彼ともうちょいリーゾナブルな場所で共同生活をスタートします。

それまでは、こちらのモテと健康ブログをどうぞよろしくお願いいたします。 http://mote-mote.hatenablog.com

c0242063_19402087.jpg


c0242063_19405225.jpg
c0242063_19403941.jpg

[PR]
by kobewindy | 2017-04-17 19:41 | Singapore

シンガポール・マリナベイエリアで朝ラン

先週はグループランに参加し、マリナベイのエリアを仲間とジョギングしましたのでその写真をアップします。夜明け直後のこのエリア、朝の光がとても美しかったです。
c0242063_20284971.jpg


水面が鏡のようでした

c0242063_2029562.jpg

でも実は、マリナ・ベイの水は貯水池でして、目には美しいのですが、少しにおいがしました。水資源のほとんどないシンガポールでは、水の供給をマレーシアに頼っているのですが、万一のためにこのように水を貯めているそうです。

ちょっと臭いは気になりましたが、仲間とおしゃべりしながら、朝日を浴びて走るのは最高でした。
[PR]
by kobewindy | 2017-01-25 20:30 | Singapore

Botanic Gardensを朝ラン

先日 Botanic Gardensを朝ランしてきました。

夜明けの空の色は印象派の絵のようです。
c0242063_2004176.jpg


小道に咲いている花々が、香しい芳香を放っています。
c0242063_2005619.jpg

c0242063_2011456.jpg

ランが終わったら、フレッシュ・スクイーズド・ジュースをカフェで。
にんじんと青リンゴのミックスにしました。
c0242063_2013945.jpg

うー、美味しい。たっぷり汗をかいた身体を潤いが満たしてしてくれます。

こんな素晴らしい環境でランニングできる幸運に感謝、感謝です。

[PR]
by kobewindy | 2017-01-23 20:02 | Singapore

シンガポールの電車乗車マナー

このブログが異文化体験について書くのがテーマだったことを思い出し、今日は電車の乗車マナーの日本との違いについて書いてみます。

シンガポールでMRT (地下鉄)に乗っていてなんともすがすがしいのは、妊婦さんや年配の人に誰でもささっと当たり前のように席を譲ること。譲られる側も恐縮したりしないで、当たり前のようにすぐ座る。見ていて気持ちがいいです。これはこのような表示がある優先席じゃなくても行われています。
c0242063_5334597.jpg


私も実践しています。目の前の人が妙齢で、譲られたら「年寄り扱いしないで」と気を悪くするのではないかと気を使う必要はなくて、なんとなくこの人は座りたいのではないかと思い、やや高年齢であれば譲ると爽やかにその人は座ります。

逆にシンガポールがまだまだなのは、混んだ車内でリュックをしょったままの人が多いこと、降車のときドア付近の人が一度降りずに出口をふさぐので降車が大変なことでしょうか。これはエレベーターでもよくあります。

とは言え、シンガポールの朝のラッシュ時の混雑は、東京に比べれば全然たいしたことはありません。満員電車が来ると諦めて次の列車に乗るのがシンガポールスタイル。なので、他の人と体がくっつくほど列車がぎゅう詰めになることはほとんどないです。というか、やっぱり東京が人口過密すぎるのだなぁと思います。リュックをしょったままの乗車が可能というのは、むしろ環境が恵まれている証拠かもしれません。

c0242063_5341579.jpg

[PR]
by kobewindy | 2016-12-24 05:34 | Singapore

シンガポールの図書館

ブログのアクセスレポートを見て、少ないアクセスの私のブログ記事の中でも、グルメ記事を掲載するとややアクセスが上がり、読書レポートを載せても全然上がらないことがわかったのですが、めげずに本についての記事を掲載していきます。

美味しいものをいただくのは大好きなのですが、なにしろシンガポールはレストランの価格が私には高すぎて、しょっちゅう外食していたら破産してしまいます。健康という意味でも自分で安全な食材を選んで調理した方がいいので、なるべく自炊をこころがけておりまして、そうなるとブログ記事のネタが必然的に、趣味の読書の方にならざるを得ず。 頑張って掲載したレストラン記事も3回ではやネタ切れです。

そういえば、このブログは異文化体験について発見したことを書くのがテーマのはずでしたが、シンガポールにはや1年と半年以上住んでいますと、新鮮な驚きが少なくなってしまいまして・・・。 時々、「あれ?」と思うことはあるのですが、「ま、仕方ないよね」という感じで流してしまうことが多くなり・・・。 でもシンガポールは大好きです。シンガポールの国立図書館も大好きなスポットの一つです。

てなわけで、今日は本そのものではなく、本を借りる図書館のご案内。

こちらはブギスの国立図書館。(写真は公式サイトからお借りしました。)
c0242063_2082749.jpg

私のような外国人でも身分証明書を持っていけば図書カードが作れます。地下図書館の貸し出し用の本は3週間借りられます。上の7階以降は Reference Libraryになっており60万以上の専門書を閲覧できます。

貸し出し用の書庫では借りたい本を選んで、このような自動チェックアウトカウンターの上に置き、図書カードを差し込みますと、タッチパネルに自分の名前と借りたい本の名前、貸し出し期限が表示されます。「OK」を押すと貸し出し完了。とっても簡単でした。
c0242063_2085541.jpg


図書カードを作るとオンラインのアクセスIDがもらえまして、ログインしますと自分の貸し出し情報が表示されます。私は期限を延長したかったので、オンラインにアクセスしてみたところ3週間延長可能でした。本を図書館に持って行かなくても、次に借りたい人がいなければオンラインで延長できるのは便利です。

本を返すときは、図書館が開いている時間帯でも、このような返却用 BOXに入れて返します。
c0242063_2010852.jpg


快適で設備の整ったシンガポールの図書館。在住の方、ぜひご活用ください。

National Library

Address
100 Victoria Street
Singapore 188064
Opening Hours
Mon - Sun: 10:00 AM - 09:00 PM

おすすめ度: ★★★★★
[PR]
by kobewindy | 2016-12-21 20:13 | Singapore

Restaurant: Nox Dine in the Dark

Nox Dine in the Dark というレストランに行ってきました。

暗闇の中でお食事をいただくという珍しいコンセプト。

コンセプトについてはこちら → http://www.noxdineinthedark.com/page/concept
c0242063_20525461.jpg


真っ暗な中で、味覚や食感など視覚以外の感覚を頼りにお料理を楽しむ。
・・・という事で料理写真はないのですが、食後にお料理の写真を見せてもらえます。
c0242063_2053932.jpg


グルテンフリーにも対応していただけました。

完全な暗闇、視界ゼロの中でのお食事体験。
体験してみますと、食事という味覚優位のはずの行為がいかに普段、視覚に頼っているかがよくわかります。 まったく見えないと、「この食材、覚えはあるけれど一体何?」というのがなかなかわからないものです。また、知っている食材でも馴染みのある調理方法でないと、なかなかイメージがわかないものです。後でネタを聞くまで何だったのかわかりませんでした。

面白いコンセプトを楽しみはしたのですが、お値段に対してサービスが良くなかったのと、調理がすべてこってりめで自分にはあまり合わず、おすすめ度の★は3つです。 お料理は好みが分かれるところだと思います。


Nox Dine in the Dark
269 Beach Road
Singapore 199546

おすすめ度: ★★★☆☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-19 20:54 | Food

Restaurant:Min Jiang One North (北京ダック)

数年ぶりに北京ダックを食べました。 皮が香ばしく焼けていて、外側はパリっ、かむとジューシーな脂肪分が香しいスモーキーな風味とともにお口の中にじゅわーっと広がり、なんとも皮がとても美味しかったです。 鴨さんには申し訳なかったですが、4人でペロリと一羽まるごといただきました。 北京ダックって、長い人生の中であまり食べたことがなかったのですが、こんなに美味しいものだとは知りませんでした。 シンガポーでチキンとダックを食べると、いつも日本より数段美味しいと感じます。
c0242063_21112197.jpg


もちろん、皮だけではなく、お肉もとっても美味しかったです。甘いお味噌ときゅうりをからめて一巻いていただいたものも、なんとも美味でしたー。  
c0242063_21114042.jpg

それにしても、皮がなんとも美味しかったです。
しつこいようですが、皮というものがこんなにジューシーとは。
c0242063_2112065.jpg

デザートまでいってしまいました。
マンゴーとココナツアイスクリームのデザート。
デザートもとても美味しかったです。
c0242063_21121830.jpg


Min Jiang One North
No. 5 Rochester Park, Singapore 139216
+65 6774 0122

Lunch: 11.30am – 2.30pm
Dinner: 6.30pm – 10.30pm

おすすめ度: ★★★★☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-16 21:13 | Food

Restaurant:Le Binchotan

お友達とお洒落なレストランに行きました。


お洒落なカウンター席。
c0242063_18551768.jpg


カクテル (お湯呑みのような器に入っていました)
c0242063_18553279.jpg

生ウニの前菜。

c0242063_18555269.jpg

濃厚なウニの下には濃厚なクリームとトウモロコシが隠れていて、和えて食べるとこってり感Maxで美味しかったです。他のお料理も(写真撮り忘れましたが) とても美味しかったです。


Le Binchotan
115 Amoy Street #01-04
Singapore
Tel: 6221 6065

11:30AM - 3:00PM
6:00PM - 12:00AM
[PR]
by kobewindy | 2016-12-10 21:46

マラソン大会に参加!

先週末10キロマラソンに参加しました。

10人に1人はランナーといわれるシンガポールでは、毎週のようにどこかでランニング・イベントが開催されています。

今回参加した "Compressport Run 2016"は、5キロと10キロの2コース。私が参加した10キロコースは午前 6:30スタート。5時50分頃 スタート地点のレース・ビレッジに着くと、すでに200人くらいのランナーが集まっていて、体操したり、荷物を預けたり、トイレに行ったりと準備に取りかかっていました。こんな真っ暗なうちから早起きして来てみんな真面目で物好きだなー。あ、私もか。
c0242063_11271367.jpg


日の出前の 6:30にレーススタート!
c0242063_11392886.jpg

(こちらの写真はwebから拝借)


シンガポールは一年を通じて日の出朝7時頃、日の入り午後頃7時とほぼ一貫しています。 暗いうちにスタートだと少しでも涼しいので助かります。

マリナ・ベイエリアのきれいな景色を楽しみながら走りました。

c0242063_11515259.jpg
(こちらの写真もwebから拝借)


レース出場のメリットは、レースを励みに事前にグルテンフリーや白砂糖、お酒を控えることができるダイエット効果と、坂道をゼーゼー苦しそうに走っている若者を軽快に抜かしていき、「まだ若いモンには負けんわい」などど密かに優越感に浸れることです。(笑)

以前ランニングのコーチングを受けた成果も感じられました。「楽に走る方法」を習いまして、ちょっと体が辛くなったら、コーチに言われた事を思い出します。「力を抜いてみよう」「脚じゃなくて、肩甲骨で走ってみよう」「脚じゃなくて骨盤で走ろう」などです。実際は脚も使うのですが、上半身をなるべく活用して体幹の動きを下半身に伝えていく感じです。
c0242063_11274537.jpg

ゴールを走り抜けた時の快感はなんとも言えません。(^_^)

c0242063_11281738.jpg


あと、大会に出ると、その後の普段の朝ランが楽チンに感じられます。 大会に出るごとに、一皮むけていくような感覚があります。

あ、まだ3回しか出た事ないくせにえらそうなこと言ってますね、ワタシ(^ ^;)


ランニングに関しておすすめ本をあげるとしますと「体幹ランニング」です。



「体幹」ランニング (MouRa)
 
 
 
 
 
[PR]
by kobewindy | 2016-07-16 11:55 | Singapore