アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シンガポール・マリナベイエリアで朝ラン

先週はグループランに参加し、マリナベイのエリアを仲間とジョギングしましたのでその写真をアップします。夜明け直後のこのエリア、朝の光がとても美しかったです。
c0242063_20284971.jpg


水面が鏡のようでした

c0242063_2029562.jpg

でも実は、マリナ・ベイの水は貯水池でして、目には美しいのですが、少しにおいがしました。水資源のほとんどないシンガポールでは、水の供給をマレーシアに頼っているのですが、万一のためにこのように水を貯めているそうです。

ちょっと臭いは気になりましたが、仲間とおしゃべりしながら、朝日を浴びて走るのは最高でした。
[PR]
by kobewindy | 2017-01-25 20:30 | Singapore

Botanic Gardensを朝ラン

先日 Botanic Gardensを朝ランしてきました。

夜明けの空の色は印象派の絵のようです。
c0242063_2004176.jpg


小道に咲いている花々が、香しい芳香を放っています。
c0242063_2005619.jpg

c0242063_2011456.jpg

ランが終わったら、フレッシュ・スクイーズド・ジュースをカフェで。
にんじんと青リンゴのミックスにしました。
c0242063_2013945.jpg

うー、美味しい。たっぷり汗をかいた身体を潤いが満たしてしてくれます。

こんな素晴らしい環境でランニングできる幸運に感謝、感謝です。

[PR]
by kobewindy | 2017-01-23 20:02 | Singapore

人種偏見について考える その2

< 私の仮説 >

よく知らないゆえに嫌いだと思ったりストレスがたまる事がある。それは特定グループの偏見の要因になりえる。ならば知る事によって偏見は克服できるのではないか?


先日の私の「OO人て言い訳が多いよね」という問題発言も、OO人の友達が増えれば増えるほど感じなくなってくるはず。OO人をより様々なレベルで知る事になるからです。信頼が高まればなおさら。友達がいい訳せずに約束を守ってくれるという経験が増えれば、いい訳が多いなんていう概念じたいが成り立たなくなるからです。


同じような事は人のグループ以外にも言えます。飛躍しますが、私は以前はカントリーミュージックは短調でつまらないと思っていました。ですが、あるカントリーミュージックのコンサートに彼連れられて行く機会があり、様々なアーティストの演奏を聴いているうちに、カントリーの中にも様々な種類があり、自分の好みに合うものもあることを知りました。


それでも、やっぱりカントリーミュージックが好きになれない場合もあるでしょう。でも、よく理解した上で好まないのであれば、それは偏見ではなく、偏向と呼ばれるものになるのでは?


偏見とは、食わず嫌いである
[PR]
by kobewindy | 2017-01-22 15:30 | My Thoughts

映画: Loving を観て人種偏見について考える

お正月明けにミネソタからシンガポールに帰って来ました。その気温差50度!(笑)

アメリカにいる時に、映画「Loving」を観てきました。 1960年代、バージニア州などにおける「異人種間結婚」を禁止する法律に挑み、最高裁で勝利判決を勝ち取った実在の夫婦の物語です。

俳優さん達の演技がとても素晴らしく、映像も美しく、表題の通り愛あふれる素晴らしい映画でした。(実際、このカップルの苗字が Lovingさんだったのですが。)

それにしても、この勝利判決が出たのはわずか 50年ほど前。それまでアメリカで異人種間の結婚が禁じられていた州が複数あったとは驚きです。

ところで突然の質問ですが、皆さんは人種偏見てありますか?

私は自分には人種偏見はない、とかたく思っていました。 シンガポールで仕事するようになるまでは・・・。

シンガポールで様々な出身国、バックグラウンドの人々と仕事するようになり、上手く行くこともあればストレスを感じることもある中で、ある日 日本人の友達に思わずぼやいてしまったことがあります。「◯◯人って言い訳が多いよねー」

◯◯人の人に直接言ったわけではないですが、それが後日「◯◯人はこんなだって彼女が言ってたよ」と◯◯人の誰かに伝わったら、その人はどう思うかと考えた時猛烈に反省しました。また、私の言動を聞いた日本人の友達も気分が悪かったかもしれませんし、誤った先入観を植え付けてしまったかもしれません。 日本人だって何人だって言い訳や説明が長い人もいれば、言い訳をせずに黙々と物事を遂行する人もいます。なので私のその「◯◯人って」というのは一般化しすぎです。

「I want to appreciate and embrace diversity. 多様性を大切にして取り入れたい」「私には人種偏見なんてないわ」と思っているのに、私はなぜそういう発言をしてしまったのか? 自分の心をのぞいてみると、「私は複数の事例を見てきて、総合的にこんな現象が見られる」という一般化の発見を得意になって吹聴したというのがある気がします。 また、物事がうまく進まない言い訳を沢山聞かされてうんざり、というフラストレーションを発散したかったというのがあります。

でもそういう自分のエゴやフラストレーションの発散の代わりに、どこかで誰かを傷つけてしまうのはあまりにも大きな代償ですのでそういうことはやめます。

自分の中でもやもやしている部分については「◯◯出身の人は分析的な発言をする人が多いなあ」「説明が長い傾向があるけどどうやったら解決策に結びつけられるかなあ」など建設的な言葉に置き換えられるよう考えてみます。

教訓:
人種偏見とグループの特徴の一般化は紙一重。
(自分では特徴を述べただけと思っていても、侮辱や偏見と受け止められる可能性はどこにも潜んでいる。)

以上が自分の偏見のお話しですが、今回の映画に出てきたような激しい嫌悪や拒否反応というのはどこから来るのか、なかなか実感としてぴんときません。

一つわかるのは、自己防衛の本能で、人間はよくわからないものを怖れる性質があるということ。

進化論で、人間がみんな好奇心旺盛で冒険好きだったら、種が滅んでしまうこともあるから遺伝子というのは、あえて様々な違う特質を人間に埋め込んでいるという話を聞いたことがあります。つまり、革新的な人もいれば変化を嫌って保守的で伝統を大切にする人もいる。変化を怖れる保守的なタイプは、異人種間結婚という新しいものは受け入れがたかった---というのが推論です。

人種偏見は、よくわからないものを怖れたり拒否反応を起こしたり、変化を好まない人間本来の性質から来る。といのは言えるような気がします。

ただ、私にわかりにくいのは、怖れるなら避けて距離を置くだけでもいいところを、他のカップルの結婚をなんとしても阻止しようと行動に出たり非難したり、極端なケースでは暴力手段に出るという点。

他者への攻撃も怖れから来るものなのか? 脅威と感じるものに対し、攻撃で立ち向かうというのも人間の本能的性質なのかもしれませんが…。 自分の遺伝子に攻撃性が欠落しているのか、攻撃性がスイッチオフしているのか、実感としてはピンときません。性格的特質としては勝ち気な方なんだけど…。

私は不器用な人間で、映画を観て本当によく理解するためには、「自分だったらどうしただろう?」と、ぐっと引き寄せてみないとわかった感じがしないのです。

映画に出てくる Loving夫妻はとても愛情表現豊かで心優しいカップルなので、この二人の心には感情移入しやすいのですが、それを阻む社会的要因を映画だけで理解するのは私には難しかったです。

アメリカは開拓と発展の過程で先住民や黒人を加虐してきた歴史があり、その傷が社会に残っているとも言われます。では、自分が開拓時代を生きた開拓者だったら? もし戦わなくては生きていけなかったとしたら、銃を持って先住民と戦った?

そう考えたとき、多分、自分の攻撃本能をスイッチオンして、自分は武器を取って戦っていた可能性はある気がします。

では弱肉強食の過酷な時代を生き、自分と異なる人種に心を許せず半生を生きてきたところで、自分の仲間と思っていた隣人が異人種間結婚すると聞いたら、「あり得ない!」「あいつ気でも狂ったか?」と思い反発感や憎悪を抱くかどうか?

・・・なかなかそこまではなかなか実感としてわかりません。 経験していない事も理解できるのが人間の知性というものですが…

個人の「怖れ」といった単一の感情ではなく、他の問題や社会的要因が絡み合っていたら、もしかしたら抱いたのかもしれません。

深く考えさせられる、でも愛にあふれた映画「Loving」、おすすめです。


[PR]
by kobewindy | 2017-01-16 20:24 | My Thoughts

北極圏ですか?

昨日のミネソタ当地の気温、摂氏マイナス21度!
c0242063_1473552.jpg

スノーシューズを履いてウォーキングに行こうと思いいったん外に出たものの、歩道が凍結していてツルツル滑るので断念しました。
c0242063_1475217.jpg

歩道のピカピカしているのは氷です。太陽が出ていても気温が低くて溶けません。中途半端に溶け始めた氷もまた危険ですし。あきまへんですわ〜。015.gif
c0242063_148979.jpg

[PR]
by kobewindy | 2017-01-06 01:49 | The United States

Two Harbors & Duluth の美味しいもの

気温があまりに低いと、もはや観光どころではなく、家にこもっておしゃべり、読書、そして美味しいものを食べに出かけるくらいしかやることがありません。ということで、彼と彼のご家族といろいろなレストランに行きました。

まずは、こちら Rustic Inn Cafe

こちらのお料理とデザート、レビューに書かれている内容より数段良かったです。彼のお父さんがシェフと仲良しで、メニューにないものも作ってくださいました。 1日目のディナーは、私は名物の Hot Beef をいただきました。Gluten Freeの彼と私には Gluten Freeのグレービーソースを作ってうくださいました(感謝)。またこれがなんとも美味しかったです。
c0242063_3253144.jpg


そして2日目のディナー。←つまり、私たち2日連続で通ったんです。
「今日のお魚はどんなのがありますか?」とシェフにお聞きしたところ「Monk Fish (ちょうちんアンコウ)とか・・・」とおっしゃるではありませんか。 私は身をのりだして「それでお願いします! Monk Fish 大好きですー」と興奮気味にお願いしました。 私、アンコウ大好きなのです。 アンコウってぎょろ目のちょっと怖い顔したお魚ですが、スープに濃い味が出て美味しいのです。シンガポールではまったく見かけません。多分冷たい深海に住む魚だと思います。彼と彼のお兄さんも同じものをオーダーしました。 

いただいたのがこちら

c0242063_326024.jpg

ムール貝とアサリと一緒にビール煮にしたとのこと。スープにはショウガの味も効かせてあってとても美味しかったです。このスープ、最後の一滴まで飲み干しました。(^ ^) 彼のお父さんがオーダーしたサーモンも美味しそうでした。

そして、ここのデザートがまた美味しいのです!

c0242063_3263355.jpg
私たちは Gluten Freeの Lemon Angel を4人で2つ頼んでシェアして食べました。ここのデザートはかなり定評があるようですが、私はアメリカのデザートではここが一番美味しいと思います。← って大げさかもしれませんが、アメリカで美味しいデザートってなかなかないんですもん。ここのは甘さひかえめでサクッと軽い食感でとても上品なのです。

Rustic Inn Cafe
2773 Minnesota 61
Castle Danger, MN 55616
218.834.2488
HOURS: Daily 8am-8pm


ブランチは Vanilla Bean

c0242063_3271199.jpg

c0242063_328594.jpg


一見普通のダイナー・カフェですが、手作りの味で美味しいです。このコンビーフはお店でビールで煮て作っているそうですし、ジャムやドレッシングなども既製品を使わずお店の手作りなのです。

The Vanilla Bean
Right on Highway 61 • 812 7th Ave
Two Harbors, MN 55616
218.834.3714
HOURS: Daily 7am to 9pm


Duluth の一番のおすすめは (ってこのブログを読んでくださった方で Duluth にいらっしゃる方はいないと思いますが。。。) Duluth Grill.

こちらのバイソンのロースト、絶品でした! このお料理も Gluten Free. お肉は柔らかく、熱々のグレービーソースは深いコクがあってとても美味しかったです。寒い冬にぴったり。 お値段も良心的でとても人気でいつも混み合っています。
c0242063_3283937.jpg


Duluth Grill
I-35 & 27th Avenue West • Duluth, Minnesota
218-726-1150
HOURS: Daily 7am to 9pm

さいごは Lake Avenue Restaurant

c0242063_3301355.jpg

Lake Avenue Restaurant & Bar
394 South Lake Avenue Duluth, Minnesota
(218) 722-2355

美味しかったですが、ここはちょっと高級な感じでお高めでした。 アメリカのレストランでは、私は気取らない雰囲気で手作りのお料理を出してくれるお店が好きです。

それにしても外食ばかりしていましたが、それというのも彼の実家は現在お父様ひとりぐらし。何か彼と手料理を作ることも考えたのですが、食器が人数分なさそうなので、結局滞在した3日間ずっと外食してしまいました。かなり食べ過ぎです。運動しなければー。でも寒くては走れないので家で筋トレします。
[PR]
by kobewindy | 2017-01-05 03:32 | The United States

Two Harbors

彼の実家のある Two Harbors というミネソタの北の街に来ています。零下7度。空気がキンキンに冷たいです!

太陽が出てくれるととてもキレイで澄んだ空気が気持ちいいですが。うーん、空気はきれいですが、痛いほど冷たいです。 やっぱりミネソタは夏がいいです〜。

c0242063_1361988.jpg


c0242063_136331.jpg


c0242063_1364532.jpg

[PR]
by kobewindy | 2017-01-05 01:38 | The United States