アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ランニングを試みるも。。。

こちらミネソタ某所の朝の気温は摂氏マイナス5度。ランニングしようと思い、準備の筋トレをしていったん外に出たもののあまりに風が冷たく、3分で諦めて家に戻りました。2年前はもっと寒くても走れたのに、すっかりヘタレになっております。。。 シンガポールと気温差が大きすぎるのかも。 一年中暑いシンガポールから来ると、こんな風にどんよりした空も紫外線を気にしなくてすむからいいね!と思いましたが結局、お部屋でぬくぬく過ごすことに。。。
c0242063_7313160.jpg


ま、それも楽しいのですが♡

こちらは彼の作ってくれた朝食

c0242063_7314750.jpg

[PR]
by kobewindy | 2016-12-27 07:33 | The United States

アメリカに向かう途中でお寿司

クリスマス・お正月休暇を彼と過ごすべく、ふたたびアメリカに向かっています。

まずはシンガポールから成田まで6時間半。アメリカ行きの便に乗り換えるまで3時間ストップオーバーがありますので、空港内のお寿司屋さんのカウンターで楽しみにしていたお寿司です♪

ぶり、かんぱち、金目鯛の昆布〆
c0242063_5411940.jpg

そして大好きな光もの
鯵、いわし
c0242063_5414751.jpg



さて、ここからが10時間以上のフライトでめちゃ長いんです(涙)…が、着いたら彼に思いっきり甘えられますのでガマンします。(^^;)




すし京辰 Sushikyoutatsu
Narita Airport Terminal 1
#3 Satellite
8:30~20:30
+81-476-32-1777

おすすめ度: ★★★★☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-24 18:39 | Food

シンガポールの電車乗車マナー

このブログが異文化体験について書くのがテーマだったことを思い出し、今日は電車の乗車マナーの日本との違いについて書いてみます。

シンガポールでMRT (地下鉄)に乗っていてなんともすがすがしいのは、妊婦さんや年配の人に誰でもささっと当たり前のように席を譲ること。譲られる側も恐縮したりしないで、当たり前のようにすぐ座る。見ていて気持ちがいいです。これはこのような表示がある優先席じゃなくても行われています。
c0242063_5334597.jpg


私も実践しています。目の前の人が妙齢で、譲られたら「年寄り扱いしないで」と気を悪くするのではないかと気を使う必要はなくて、なんとなくこの人は座りたいのではないかと思い、やや高年齢であれば譲ると爽やかにその人は座ります。

逆にシンガポールがまだまだなのは、混んだ車内でリュックをしょったままの人が多いこと、降車のときドア付近の人が一度降りずに出口をふさぐので降車が大変なことでしょうか。これはエレベーターでもよくあります。

とは言え、シンガポールの朝のラッシュ時の混雑は、東京に比べれば全然たいしたことはありません。満員電車が来ると諦めて次の列車に乗るのがシンガポールスタイル。なので、他の人と体がくっつくほど列車がぎゅう詰めになることはほとんどないです。というか、やっぱり東京が人口過密すぎるのだなぁと思います。リュックをしょったままの乗車が可能というのは、むしろ環境が恵まれている証拠かもしれません。

c0242063_5341579.jpg

[PR]
by kobewindy | 2016-12-24 05:34 | Singapore

シンガポールの図書館

ブログのアクセスレポートを見て、少ないアクセスの私のブログ記事の中でも、グルメ記事を掲載するとややアクセスが上がり、読書レポートを載せても全然上がらないことがわかったのですが、めげずに本についての記事を掲載していきます。

美味しいものをいただくのは大好きなのですが、なにしろシンガポールはレストランの価格が私には高すぎて、しょっちゅう外食していたら破産してしまいます。健康という意味でも自分で安全な食材を選んで調理した方がいいので、なるべく自炊をこころがけておりまして、そうなるとブログ記事のネタが必然的に、趣味の読書の方にならざるを得ず。 頑張って掲載したレストラン記事も3回ではやネタ切れです。

そういえば、このブログは異文化体験について発見したことを書くのがテーマのはずでしたが、シンガポールにはや1年と半年以上住んでいますと、新鮮な驚きが少なくなってしまいまして・・・。 時々、「あれ?」と思うことはあるのですが、「ま、仕方ないよね」という感じで流してしまうことが多くなり・・・。 でもシンガポールは大好きです。シンガポールの国立図書館も大好きなスポットの一つです。

てなわけで、今日は本そのものではなく、本を借りる図書館のご案内。

こちらはブギスの国立図書館。(写真は公式サイトからお借りしました。)
c0242063_2082749.jpg

私のような外国人でも身分証明書を持っていけば図書カードが作れます。地下図書館の貸し出し用の本は3週間借りられます。上の7階以降は Reference Libraryになっており60万以上の専門書を閲覧できます。

貸し出し用の書庫では借りたい本を選んで、このような自動チェックアウトカウンターの上に置き、図書カードを差し込みますと、タッチパネルに自分の名前と借りたい本の名前、貸し出し期限が表示されます。「OK」を押すと貸し出し完了。とっても簡単でした。
c0242063_2085541.jpg


図書カードを作るとオンラインのアクセスIDがもらえまして、ログインしますと自分の貸し出し情報が表示されます。私は期限を延長したかったので、オンラインにアクセスしてみたところ3週間延長可能でした。本を図書館に持って行かなくても、次に借りたい人がいなければオンラインで延長できるのは便利です。

本を返すときは、図書館が開いている時間帯でも、このような返却用 BOXに入れて返します。
c0242063_2010852.jpg


快適で設備の整ったシンガポールの図書館。在住の方、ぜひご活用ください。

National Library

Address
100 Victoria Street
Singapore 188064
Opening Hours
Mon - Sun: 10:00 AM - 09:00 PM

おすすめ度: ★★★★★
[PR]
by kobewindy | 2016-12-21 20:13 | Singapore

Restaurant: Nox Dine in the Dark

Nox Dine in the Dark というレストランに行ってきました。

暗闇の中でお食事をいただくという珍しいコンセプト。

コンセプトについてはこちら → http://www.noxdineinthedark.com/page/concept
c0242063_20525461.jpg


真っ暗な中で、味覚や食感など視覚以外の感覚を頼りにお料理を楽しむ。
・・・という事で料理写真はないのですが、食後にお料理の写真を見せてもらえます。
c0242063_2053932.jpg


グルテンフリーにも対応していただけました。

完全な暗闇、視界ゼロの中でのお食事体験。
体験してみますと、食事という味覚優位のはずの行為がいかに普段、視覚に頼っているかがよくわかります。 まったく見えないと、「この食材、覚えはあるけれど一体何?」というのがなかなかわからないものです。また、知っている食材でも馴染みのある調理方法でないと、なかなかイメージがわかないものです。後でネタを聞くまで何だったのかわかりませんでした。

面白いコンセプトを楽しみはしたのですが、お値段に対してサービスが良くなかったのと、調理がすべてこってりめで自分にはあまり合わず、おすすめ度の★は3つです。 お料理は好みが分かれるところだと思います。


Nox Dine in the Dark
269 Beach Road
Singapore 199546

おすすめ度: ★★★☆☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-19 20:54 | Food

Restaurant:Min Jiang One North (北京ダック)

数年ぶりに北京ダックを食べました。 皮が香ばしく焼けていて、外側はパリっ、かむとジューシーな脂肪分が香しいスモーキーな風味とともにお口の中にじゅわーっと広がり、なんとも皮がとても美味しかったです。 鴨さんには申し訳なかったですが、4人でペロリと一羽まるごといただきました。 北京ダックって、長い人生の中であまり食べたことがなかったのですが、こんなに美味しいものだとは知りませんでした。 シンガポーでチキンとダックを食べると、いつも日本より数段美味しいと感じます。
c0242063_21112197.jpg


もちろん、皮だけではなく、お肉もとっても美味しかったです。甘いお味噌ときゅうりをからめて一巻いていただいたものも、なんとも美味でしたー。  
c0242063_21114042.jpg

それにしても、皮がなんとも美味しかったです。
しつこいようですが、皮というものがこんなにジューシーとは。
c0242063_2112065.jpg

デザートまでいってしまいました。
マンゴーとココナツアイスクリームのデザート。
デザートもとても美味しかったです。
c0242063_21121830.jpg


Min Jiang One North
No. 5 Rochester Park, Singapore 139216
+65 6774 0122

Lunch: 11.30am – 2.30pm
Dinner: 6.30pm – 10.30pm

おすすめ度: ★★★★☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-16 21:13 | Food

Book Review: 小麦は「毒」? ヒース・イーストン、トンプソン真理子著

グルテン・フリー生活をはじめて半年と少しになります。始める前は、小麦を避けるのはすごく面倒な事だと思っていましたが、始めてしまうと結構楽ちんです。今や、パンやうどんやラーメンが食べたいとか、ケーキが食べたいとか、ビールが飲みたいなどと思うことはほとんどありません。いや、ラーメンが食べたいとはたまに思います。シンガポールのチャンギ空港で、一風堂を見かけて、どうしても食べたくなって、「麺なし」のとんこつラーメンを頼んで食べた、いや、スープを飲んだ事はあります。とんこつスープはこってりとしていて、煮卵と一緒に頂いたらけっこう満腹になりました。

ビール大好きでしたが、やめまして、代わりにワインを飲んでいます。 世の中にはグルテン以外で美味しいものが沢山あるのでそれほど困らないもんです。グルテンフリー生活では、グルテン以外で美味しいものを食べてもかまわず、しかも痩せます。

なぜ痩せるのか不思議に思いまして、少し知識を深めてみることにしました。


私の読んだ本は、こちら → 小麦は「毒」?  ―小麦のグルテンがあなたの健康をむしばんでいる―


なぜ痩せるのか、その科学的なメカニズムはあまりよくわからなかったのですが、「小麦」には秘密があることがわかりました。 自分の経験として、これ読んじゃいますと、小麦たっぷりのケーキとかピザとか、ドーナツとかますます食べたいと思わなくなりまして、そういう意味ではダイエットになるのだと思います。


【私の付箋】

小麦に入っているアミロペクチンAというタイプは、最も速く吸収される糖質で、そのユニークな構造ゆえに、胃に到達するやいなや大部分はすぐに分解され、それが血糖値を急激に押し上げます。血糖値への影響を0から100までで表す血糖値インデックス (Glycemic Index)は、同じ糖質でも種類によって変わってきます。オレンジジュースやアイスクリーム、ポテトチップスが50代なのに対し、精白パンは70代です。ということは、小麦食品が最も高血糖値スパイク(血糖値の急激な上り下がり)を引き起こすことを意味します。


高血糖になるもう一つの悪い事と言えば、またすぐにお腹がすいたと感じる、満腹感持続時間の減少があげられます。シュガークラッシュ(血糖値の乱降下)は、小麦を食べる際には避け難いことです。シュガークラッシュのあとにくる低血糖で、人は動きが鈍くなったり、イライラしたり、めまいを起こしたり、頭がぼにゃりと混乱した状態になったりします。このように、小麦の血糖へのスパイク降下を、グルテンのような問題のおおいタンパク質が身体の健康を壊していく二大理由になります。


動物性脂肪は実は人が食べる最も健康的な脂肪だということが最近わかってきています。実際脂肪を避けて糖質を食べる方が、体脂肪は逆に増えてしまいます。


小麦は、最近になってさまざまな精神疾患とも広く関係していることが分かってきました。というのも、小麦を抜いた食事にすると、その症状が急に収まったり改善したりするからです。小麦を減らしたり完全に除去した食事が出されるなら、患者にとっては精神病院にいる方がずっと彼らのために良い、というは意外なことですが、研究によると総合失調症や自閉症、鬱のような精神疾患は小麦食品を食べることで確かに悪化するというのです。


自閉症も、腸の健康と食事、症状との間に関連性が明らかになりつつあるもう一つの疾患です。自閉症には科学的にこれといった治療法がなく、症状と関連している危険因子が何かはいまだに明らかではありまえんが、小さな研究や事例証拠では、グルテンの摂取と腸の健康が症状の度合いと関係があることが報告されています。食事からグルテンを除去することで、自閉症の子供たちの症状にも改善が見られるようです。


精神科医のデービッド・バールまたー博士は、穀物、特にグルテンは脳に「毒」であると言いきります。小麦を食べるたびに血糖値が上がり、グルテンが脳にも炎症を起こして記憶中枢部分が縮む、それが初期の段階では物忘れ、進行していくとアルツハイマー病やパーキンソン病などにつながっていくというのです。


脳は、ブドウ糖が唯一のエネルギー源であると一般には信じられていますが。実はエネルギーを脂肪にシフトした方が元気になります。これをケト対応といいます。糖質よりも脂肪を燃やした方が、フリーラジカルを出さずに、効率的に働くことができるからです。


あなたがグルテンアレルギーや小麦か敏捷ではなかったとしても、アメリカからの輸入小麦を避けることを強くおすすめします。なぜなら、小麦にかけられるグリフォサート*の量の増加には、セリアック病やグルテン不耐症との密接な相関関係がみられるからです。
*グリフォサート - アメリカの小麦栽培の工程のひとつとして行われている収穫間際に除草剤を作業で使われる農薬。収穫の数日前に小麦畑を除草剤で浸すと、小麦が毒で死ぬ前に青色吐息でよりおおくの子孫を放出するため、より多くの収穫が得られる。アメリカ内の非有機小麦のほとんどはそれに汚染されている。



アメリカの小麦戦略
昭和29年、アメリカの大豊作により、政府が支払う総古代が1日2億円となり、その消費先をさがして日本がそのターゲットになりました。 学校給食法成立までの過程で、アメリカは官民両面から日本側にパン・ミルク給食推進の水面下の工作を続けました。総額4億2千万の資金がアメリカ農務省から日本の厚生省、文部省、農林省、日本学校給食会などに活動資金として配分され、日本人の主食を米から小麦へと方向転換させる大事業が実行されたのです。


人類は、原始時代に野生の小麦を見つけて以来、貯蔵できていつでも食べられる便利な食べ物として小麦を自分達の味方につけ、時代とともにその味や育成に改良を加えてきました。穀類というものがあったおかげで、ヒトの脳は大きく発達し、文明が栄えてきたわけですから、それは人間社会の発達になくてはならないものだったと思いますが、それがここにきて、健康面から考えればやっぱりヒト本来の食べ物ではなかったといわれると、人間の英知や努力とは一体何だったんだろうかと考えさせられます。




【 感想 】

グルテンフリー生活によって身体が軽くなる理由は、小麦による血糖値の急激な上昇を抑制できることが関係していることがわかりましたが、それよりも、収穫前の農薬や、アメリカ小麦戦略など、あまりおおっぴらになっていない小麦の隠されていた秘密を知る事で、ますます小麦に対する食指が萎えました。


小麦を含むケーキやお菓子を避けるようになると、結果としてカロリー摂取量が抑えられて痩せるケースが多いと思われます。 グルテン・フリーだからといって、グルテンフリーのお菓子を食べまくってたら血糖値も上がるし、カロリーも多く摂取してしまい痩せないと思います。


2週間試して身体や精神の変化を感じてみることをお勧めします。




小麦は「毒」?  ―小麦のグルテンがあなたの健康をむしばんでいる―





※ 私はAmazon アフィリエイト・プログラムに参加しています。
このブログがきっかけでこの本にご興味を持ちご購入を検討される場合、もしよろしければ上記の本のリンクからAmazonにアクセスしてくださるとうれしいです。ご購入が成立した場合本の売上の一部がアマゾンより私にポイントの形で付与されます。ポイントが貯まりましたら別の本を購入し、良かったものは当ブログにてご紹介させていただきます。

[PR]
by kobewindy | 2016-12-15 20:52 | Books

Restaurant:Le Binchotan

お友達とお洒落なレストランに行きました。


お洒落なカウンター席。
c0242063_18551768.jpg


カクテル (お湯呑みのような器に入っていました)
c0242063_18553279.jpg

生ウニの前菜。

c0242063_18555269.jpg

濃厚なウニの下には濃厚なクリームとトウモロコシが隠れていて、和えて食べるとこってり感Maxで美味しかったです。他のお料理も(写真撮り忘れましたが) とても美味しかったです。


Le Binchotan
115 Amoy Street #01-04
Singapore
Tel: 6221 6065

11:30AM - 3:00PM
6:00PM - 12:00AM
[PR]
by kobewindy | 2016-12-10 21:46

Book Review: なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか? 八納哲創

八納哲創さん著、『なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか?』を読みました。


【 私の付箋 】

住まいには、時には人を成功させる力があり、逆に何をやってもうまくいかない状態にさせてしまうこともある、あなたの人生にとって、とてつもなく大きな要素なのです。仕事ができる人や幸せに成功している一流の人たちは、環境を整えることから始めているのです。


仕事がうまくいく人といかない人の差・違いはその人の能力差ではなく、住環境、職場環境つまりは過ごしている場所や部屋の活かし方の差であると言えます。


パフォーマンスをどんどん発揮させていく人は、周辺環境を整えることを常に意識しています。外からの影響がどれだけ大きいか、またその活用次第で人生が変わることをよく知っているからです。


機能性より環境の美しさを優先する。なぜなら「周辺環境の美しさ」は人間の能力に大きな影響を与えるからです。ハイパフォーマンスを発揮している一流の人ほどこのことに気づき、家を選ぶときにかならず「周辺環境の美しさ」も考慮します。たとえば、近くに大きな公園がある。川がそばにあり、河川敷を散歩する事が出来る。近くに美術館や博物館がある。そして、歴史的建造物があるなどといった視点をもって住まいを選ぶと、環境があなたの幸せをバックアップしてくれるのです。


人間関係も親しさに甘えてしまうと、うまくいかなくことがあります。住まいに対しても同様です。好きだからこそ大事にする、そして、好きでい続けるために力を注ぐから、家の価値を実感し、もっと家が好きになるのです。


【 まとめ 】

住まいを味方につける
周辺環境を条件の上位に置く
一流の場を経験する
住まいを整えることでパートナーとの絆を深めることも可能



【 感想 】

エクセレント・ライフの実現に必要なのは住まいや住環境だけではないとは思いますが、とても重要な要素と再認識しました。

住まいを決めるとき、部屋の心地よさはもちろんですが「風通しのよさ」「空気のよさ」「まわりに緑が見えるか」などの要素も重要だと思います。上記の条件をクリアして決めた今の住まいですが、この本を読んで、さらに磨いて大切にしていこうと思いました。 時々お友達を呼ぶというのも、住まいを磨くきっかけになりますし、楽しい会話が流れ、幸せな空気が充満し、住まいの運気も上がると思いますので実践しようと思います。



なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか?




※ 私はAmazon アフィリエイト・プログラムに参加しています。
このブログがきっかけでこの本にご興味を持ちご購入を検討される場合、もしよろしければ上記の本のリンクからAmazonにアクセスしてくださるとうれしいです。ご購入が成立した場合本の売上の一部がアマゾンより私にポイントの形で付与されます。ポイントが貯まりましたら別の本を購入し、良かったものは当ブログにてご紹介させていただきます。

[PR]
by kobewindy | 2016-12-05 20:55 | Books