アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

湖畔で過ごす夏休み

ミネソタの彼の家でのんびり夏休みを過ごしています。

朝は湖畔のトレイルをジョギング
c0242063_415034.jpg

彼に甘えて朝ごはんを作ってもらい、
c0242063_415311.jpg

湖に行って泳いだり、
(フィンランドのように遊泳できる所が沢山あります。)
c0242063_4154741.jpg

湖のほとりでピクニックしたり、
c0242063_416158.jpg

ダウンタウンに食事に行き、夜景を楽しんだり。

c0242063_4161828.jpg


近距離・一緒に暮らしているカップルはこんなまったりした週末を当たり前のように過ごしているのかもしれませんが、遠距離の私達にとって一緒に過ごすこの時間はとても貴重です。

幸せです♡
[PR]
by kobewindy | 2016-07-31 04:18 | The United States

アメリカに向かっています♡

休暇を取り、彼のいるアメリカに向かっています。シンガポールからまず成田まで7時間飛行し 2時間のトランジット、そして成田から11時間半の飛行です。ドアツードアで24時間です。

シンガポール離陸後の朝焼けがきれいでした!
c0242063_22533255.jpg

今回利用したのは、アメリカの某Dエアライン。
グルテン・フリーミールをリクエストしていたところ、用意していただけました。
感謝、感謝 (^_^)
c0242063_22534531.jpg

窓のシェードが壊れていましたので安全のしおりをカーテン代わりに。

c0242063_2254368.jpg


全キャビンで読書灯が点灯しないトラブルがありました。アメリカの某D航空会社ではよくあることです。シェードが壊れていて光が入りますのでちょうどいいですわ。。。。と今日はずいぶんと心の広い私。

もうすぐ彼に会えるのでとにかくルンルンですので♩

いろいろ経験してきて達観したというのもあるかもしれません。人間に得意不得意があるように、エアラインにも得意不得意がある。このエアラインにシンガポールや日本の航空会社のサービスレベルを期待しても難しいので、とにかく安全運行していただければありがたいということで感謝することにします。

成田空港での2時間の乗り換え時間を利用して、カウンターでお寿司をいただきました。

鯛の昆布締めとアジ。新鮮で美味しいです!
シンガポールのお寿司屋さんではなかなかお目にかかれないネタです。
c0242063_22542972.jpg


ネギトロ細巻き。
こってりとしてとっても美味しかったですー。

c0242063_22544675.jpg


では、あと11時間半飛んだあと、彼の腕の中に飛び込んでまいります。うふふ。016.gif

   
   
  
   
   
    
[PR]
by kobewindy | 2016-07-21 23:00 | Travel

マラソン大会に参加!

先週末10キロマラソンに参加しました。

10人に1人はランナーといわれるシンガポールでは、毎週のようにどこかでランニング・イベントが開催されています。

今回参加した "Compressport Run 2016"は、5キロと10キロの2コース。私が参加した10キロコースは午前 6:30スタート。5時50分頃 スタート地点のレース・ビレッジに着くと、すでに200人くらいのランナーが集まっていて、体操したり、荷物を預けたり、トイレに行ったりと準備に取りかかっていました。こんな真っ暗なうちから早起きして来てみんな真面目で物好きだなー。あ、私もか。
c0242063_11271367.jpg


日の出前の 6:30にレーススタート!
c0242063_11392886.jpg

(こちらの写真はwebから拝借)


シンガポールは一年を通じて日の出朝7時頃、日の入り午後頃7時とほぼ一貫しています。 暗いうちにスタートだと少しでも涼しいので助かります。

マリナ・ベイエリアのきれいな景色を楽しみながら走りました。

c0242063_11515259.jpg
(こちらの写真もwebから拝借)


レース出場のメリットは、レースを励みに事前にグルテンフリーや白砂糖、お酒を控えることができるダイエット効果と、坂道をゼーゼー苦しそうに走っている若者を軽快に抜かしていき、「まだ若いモンには負けんわい」などど密かに優越感に浸れることです。(笑)

以前ランニングのコーチングを受けた成果も感じられました。「楽に走る方法」を習いまして、ちょっと体が辛くなったら、コーチに言われた事を思い出します。「力を抜いてみよう」「脚じゃなくて、肩甲骨で走ってみよう」「脚じゃなくて骨盤で走ろう」などです。実際は脚も使うのですが、上半身をなるべく活用して体幹の動きを下半身に伝えていく感じです。
c0242063_11274537.jpg

ゴールを走り抜けた時の快感はなんとも言えません。(^_^)

c0242063_11281738.jpg


あと、大会に出ると、その後の普段の朝ランが楽チンに感じられます。 大会に出るごとに、一皮むけていくような感覚があります。

あ、まだ3回しか出た事ないくせにえらそうなこと言ってますね、ワタシ(^ ^;)


ランニングに関しておすすめ本をあげるとしますと「体幹ランニング」です。



「体幹」ランニング (MouRa)
 
 
 
 
 
[PR]
by kobewindy | 2016-07-16 11:55 | Singapore

マーク・ピーターセン 「実践 日本人の英語」岩波新書

マーク・ピーターセン 「実践 日本人の英語」を読みました。 以前にご紹介した「日本人の英語」同様大変素晴らしい本です。
c0242063_20375277.jpg


私の付箋の1つをご紹介します。

それは、My friend 問題


=== 引用 ===

所有格が持つ意味。 my, her, his, your, our などの所有形容詞は、その人が所有している唯一の (=すべての)○○であることを表すことになる文脈がきわめて多い。

His cat was run over by a bus. His cat からわかることは、バスに轢かれたその1匹の飼い猫以外に、彼には飼い猫がいなかったということである。  

In the spring vacation. I went to Thailand with my friends. と書くと、春休みに私の友人と呼べる人全員と一緒にタイに行きました、という意味になってしまう。

I'll meet my friend in London tomorrow. と言うと、私の唯一の友人、という意味になってしまう。

=== 引用おわり ===


そういえば、英語ネイティブや上級者は  "A friend of mine visited my house." など、A friend of mineと言い、そういう文脈では "My friend" とは言わないですね。 My wife とか My mother はひとりしかいないので My でいいわけですねー。

でもかなりの割合で「唯一の」ではなくても私を含め、 "My"をいたるところで使ってしまいがちです。今頃気づくなんて・・・。こういう大切なことは、所有格を紹介する中学の教科書にちゃんと書いておいてほしいものですね〜。




実践 日本人の英語 (岩波新書)

 
 
 
 
[PR]
by kobewindy | 2016-07-10 20:40 | Books

Just One Smile - A secret for becoming a first-class customer

I went to shop for groceries at a nearby wet market this morning. A wet market is a place selling fresh fish, meat and produces. It became almost weekend morning ritual to me after running and swimming.
c0242063_12214383.jpg

c0242063_12221055.jpg


It's fun and okay to buy fruits or fish, but buying vegetables is not always so easy because it's always crowded by a lot of shoppers like this.
c0242063_12222535.jpg

But, I found a method to become a first-class customer and to buy things much more comfortably. That is to smile and to shop at the same stall every week.

Smiling is powerful. The store owner of vegetable stall that I visit regularly remembers me and he says hello immediately when visit there. I'd always say hello and give him a big smile. If someone tries break in the queue in front of me, the store owner notices and warn that person. He usually gives me something extra, which is usually some long green onions or coriander.
c0242063_12241250.jpg


This morning, he kindly gave me some long green onions which are very useful because they tastes so good with miso soup that I have almost every morning. I cutter them all, and froze them, which will save some time in mornings.



今朝もランのあと、近所のウェットマーケット (生鮮食料品を売るマーケット) に行ってきました。朝のウェットマーケット訪問は、私にとってほぼ週末の儀式のようなものになってきました。

ただ、ちと問題がありまして、魚やフルーツを買うのは問題ないのですが、野菜売り場はいつもめちゃ混みでなかなか大変です。(汗) でも、良い方法を見つけました! 毎回同じ店舗で買って馴染み客になり、にこにこすること。これで、かなり快適になります。私が店に行くとすぐ店主が「ハロー」とにっこりしてくれます。もちろん私も笑顔で答えます。

今朝は馴染みのお店に行ったとき、割り込む人がいたのですが、店主が私を気づかって、その人に注意して、私のお会計を先にしてくれました。あと、たいてい青ネギかコリアンダーをおまけにつけてくれます。

青ネギはお味噌汁に入れると美味しいのでとても助かります。朝の時間の節約のため、全部切って冷凍しておきます。(^ ^)v
[PR]
by kobewindy | 2016-07-09 12:26 | Singapore

恋愛に必要な英語力とは

国際恋愛に必要な英語力は英検2級程度という記事を興味深く読みました。

私の右脳は、「それは感覚的には納得できる。」といい、左脳は「いやいや、英検2級程度じゃ全然足りないっしょ」と言います。(笑)

それぞれの主張に耳を澄ませてみました。


右脳の主張

「恋愛は、お互いが五感をフルに使う事になるので、外国語能力以外の感覚を活用する能力が外国語の不足分を補ってくれる。」

「恋愛というものは、言葉が誕生する以前から存在した動物的なものだから、愛に言葉なんていらない! とまでわ言わなくても言葉の役割の比重は海外で仕事するとか海外の大学行くのとか比べると低くて大丈夫。」

「大切なのは総合的なコミュニケーションスキルでしょう。母国語環境でラポールの築き方が工夫できたり、問題解決能力が高かったり、人の心に敏感に共感できたりユーモアのセンスがあるなら、外国語が堪能じゃなくてもいい関係が築けるよ。」


左脳の主張

「自分の感情や意見をニュアンスを持って表現するには、英検2級程度じゃ全然ムリ。」

「日常会話はできても、一緒に映画を観たり、文学やアートについて語り合うなど文化的活動をするには、英検2級じゃきびしい。パートナーとそういうことも共有したいでしょ。」

「去年、彼の親戚の集まりに行って思い知ったよね。裁判官とか化学エンジニアとか、やたら知的レベルの高そうな人が多くて、使われてる英語が格調高くて、ジョークもシニカルだったりしてついて行けなかったね。長い付き合いになれば相手の親戚や同僚の家族ぐるみのおつきあいもセットでついてくるわけだし、そんな中で自立して自己評価を高く保つには、彼の助けなくウィットのきいた事が言えるレベルの語学力は必要。」

みなさんはどう思われますか?

私は左脳の言う事を聞いて、英語の勉強に励む日々です。σ^_^;

でも。。。


"(When it comes to love,) you don't really decide. It just kind of happens."
The Enchantment of Lily Dahl: A Novel - Siri Hustvedt

本の引用です。恋愛って、決めてそうなるもんでもなく、気づいたら、「あれ、そうなってたっ! (汗)」、というのがほとんどではないでしょうか?  「これくらいの英語力があるから国際恋愛でもする? って決めて始めるというより、あれ!?、外国人を好きになっちゃったよ! あれ、彼も好きだってよ、どうする私!? (汗)」という・・・。

つまり、「英検2級だから国際恋愛、さあ、どんと来い!」ではなくて、意図せず外国人と恋に落ちてしまったが、そういえば英検2級くらいの語学力はありますという結果論ではないかと。

そして、それからの道は平坦ではないのです。 でも、そうなったら頑張るしかないですね〜。


p.s. またもうすぐ休暇で彼に逢えます♡




The Enchantment of Lily Dahl

※ 私はAmazon アフィリエイト・プログラムに参加しています。
このブログがきっかけでこの本にご興味を持ちご購入を検討される場合、もしよろしければ上記の本のリンクからAmazonにアクセスしてくださるとうれしいです。ご購入が成立した場合本の売上の一部がアマゾンより私にポイントの形で付与されます。ポイントが貯まりましたら別の本を購入し、良かったものは当ブログにてご紹介させていただきます。

[PR]
by kobewindy | 2016-07-02 22:29 | Cultural Difference