アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アメリカ人が「桃っぽい」理由の考察

c0242063_14373993.jpg

前回のブログで、アメリカ人は表面上はとても柔らかくて社交的だけども中には硬い種があって、本当の意味で親しくなるまでには硬いガードがある事を本を引用しながら書きました。

ココナツ型文化出身の私からみると不思議で、何故だろうと考えていたのですが、アメリカの開拓時代の映画を観たり、スウェーデンの小説を読んだりしているうちに、ふと思い当たるふしがありました。


北米の白人はもともとをたどればヨーロッパ各国からの移民。初期の移民は土地を開拓し悪条件と戦いながら定住するに至った。隣の土地で畑を耕している別の白人の素性もわからない。定住しようと考えている土地の自然的条件は厳しいし、先住民も友好的な種族もいれば好戦的な種族もいる。・・・ということで、生命存続と安全のために、できるだけ社交的に多くの人と話して多くの情報を収集する必要があったのではないか。さらにできるだけ愛想良くして、「私も流れ者ですが、怪しいものではありません」ということを隣人達にアピールする必要があったのではないか。

「あっちの谷にいる先住民はおとなしい。種や乾燥肉の物物交換に応じてくれる。そっちの谷の先住民に姿を見られたらおしましだ」「あっちにマスが釣れる川がある」みたいな貴重な情報は生死を分ける。うまく情報収集できなかった者は生き残れなかったかもしれない。

あと、ヨーロッパや日本の田舎などでは、先祖代々同じ土地に住んでいる一族がけっこういて、長老とかが住民達のキャラをよくおさえてたりする。これはスウェーデンの小説を読んでて、日本と似ているなと思いながら気づいたのですが。  「○○家の男達は短気だが根は優しく働き者」とか「馬を育てるのがうまい」とか。村の人々については自分で直接情報を収集しなくてもおばあちゃんに聞けばわかったりする。

でも北米の開拓民はみんな新参者なので、他人の情報は自分で収集するしかないし、自分の信用も誰かが保証してくれるわけではないので自分でアピールしなければならない。だから初対面でもよく情報開示する。

ここまでが桃の皮と実の部分。

桃の種の部分は。隣人も移民なので、どこまで信用できるか心の底でははかりかねる。そもそもヨーロッパで裕福で生活に満足していたら、わざわざ遠くの自然条件の厳しい新大陸に渡ってこなかっただろうし。ネガティブな事情もあったかもしれない。 自分だってやむを得ない事情でアメリカに来たんだよね、事情の部分は誰にも言えないけどさ、みたいな。

アメリカの歴史は短いけど、そういうのが習慣になって今に引き継がれているという部分はあるんじゃないか・・・と思う。あくまで勝手な推測ですが。

アメリカ人にそんな事言ったら、俺らの先祖の素性が知れないって?と怒られそうですね。いや、けっしてそういう意味ではないです。何世代も同じ土地に定住している場合と比べればわかりにくいというだけです。比較の問題でして。


ちなみに、ロバート・レッドフォード主演の、アメリカ初期開拓時代のこちらの映画、名作です。



大いなる勇者 [DVD]



[PR]
by kobewindy | 2015-11-28 14:42 | Cultural Difference

「桃文化」のアメリカ

現在読んでいる『異文化理解力』という本がとても面白くて、通勤途中で Kindleで読みながら「あるある!」と思わず声に出してしまいそうになります。後日読み終わったらまとめて感想なども書きたいと思いますが、一部をご紹介。

==以下引用==

「アメリカやブラジルといった『桃文化』では、会ったばかりの相手に親しく(柔らかく)接することが多い。初対面の相手に笑顔を絶やさず、すぐファーストネームで呼び始め、自分自身の情報を開示して、ほとんど知らない相手に個人的な質問をする。しか桃物型の人としばらく友好的なやりとりを続けていると、突然硬い種にぶつかる時がある。桃型の人が本当の自分を守っている部分だ。こうした文化圏では、友好的であることは必ずしも友情とイコールではない。」


「ココナッツ型の文化の人々には、友人関係にない相手には普段より閉鎖的になる。ココナッツの硬いからのように。見知らぬ人に笑顔を見せたり、会ったばかりの人に個人的な質問をしたり、親しい人以外に個人的な情報を教えたりすることはほとんどない。外側の硬い殻を破るにはしばらくかかるが、いったん破れたら、彼らは次第に暖かく友好的になっていく。関係の構築には時間がかかるが、長く続く傾向にある。」

==引用おわり==


私はアメリカに行くたびにアメリカ人の桃っぽさというか社交的すぎる傾向 (表面的には) に「ほーっ」と感心します。日本はココナッツ型なので。

アメリカだと、「ちょっと顔見知り」程度の知人同士がすごく親しげに話しこんだりする場面によく出会います。親しげなわりには名前を呼ばないので「あれ?」と思ってあとで彼に聞くと「名前忘れた」とか言うのです。メアドも知らず、よく行くお店でたまたまよく会うだけとのこと。その割には「もう旧知の友」くらいの勢いで長く親しげに話すのです。日本ではなかなかないですね。

逆に考えると、アメリカ人の彼にとっては、日本に来るととても淡白な人ばっかりだなーと思ったのではないかと思います。久しぶりに旧知の友に会っても日本人同士ではハグもしないし。心では会えてめちゃ嬉しいのですけどね。(^ ^)


私から見るとシンガポールは、日本とアメリカの中間くらいな感じがします。 皮はあるがそれほど厚くはなく、硬い種もなく。メロンくらいな感じでしょうか。




異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
[PR]
by kobewindy | 2015-11-26 21:25 | Cultural Difference

日本でお買い物

先週、日本出張で1週間 東京と神戸に滞在してきました。今回、慌ただしいスケジュールだったのですが、神戸のクライアントとお友達とディナーに行くことはできました。話に夢中で写真は撮り忘れました。

急なお誘いにもかかわらずおつきあいくださった方々に感謝です。


仕事の合間に買い物にも行きました!

戦利品はこちら、7センチのハイヒール。
c0242063_21335659.jpg


シンガポールでなかなか気に入ったお手頃価格の靴に出会えなかったのです。7センチヒールは履き心地が悪いと最悪ですので、見た目と機能の両方を備えている必要があるのですが、両方を備えかつ手頃なお値段のものを探すのなかなか大変。何足もお店で試し履きさせていただき、履き心地の良かったこちらをゲット。

そして、繊細なレースのランジェリー♪ ・・・は写真ではお見せいたしませんが、エレガントなデザインで女心を癒やしてくれます。

普段、おっさんぽく仕事しているの私ですので、たまにはハイヒールを履いたり、レースなんぞ着てみたりして女であることを思い出す必要があります。

よく考えてみたら、ここシンガポールでハイヒールなんぞ履いていく場所も知らないし、エレガントなランジェリーを着ても見せる相手はここにはいないのですがーー。次に彼に逢えるのは来年ですし。 ま、いいんです。おしゃれは自分のためにするもんですから。

あれ、でも私、ミニマリストのはずが、物欲に走って心を満たそうとしているような・・・・!? (汗)
[PR]
by kobewindy | 2015-11-25 21:39 | Travel

失敗への対処

c0242063_7193834.jpg

楽しかった休暇もあっと言う間に終わり、今週からシンガポールで仕事です。ヘイズは落ち着いていてホッと安心するも、つかの間・・・

なんじゃそりゃ!と叫びたくなる出来事に遭遇しました。それ、段取り悪すぎじゃ〜〜! ありえへん!

別部署(管理部門)のミスなのですが、被害がもろに私のチームに及んでしまい、涙。 基本、ブログやSNSにはネガティヴな事は書かないと決めている私ですが、痛いレッスンでしたので記録しておきます。

失敗の内容はここには書けませんが、原因の一つは私のフォローの甘さ。

私は若い頃は、何か失敗すると友達とお酒でも飲んで早く忘れようとするタイプでした。ですがある時、同じ間違いを繰り返さないよう、原因解明と対策づくりを徹底的にやるべき・・・と気づき、「失敗の記録」というノートを作りました。そこには、(1) 失敗した内容 (2) その原因 (3) 間違いを繰り返さないために何をすべきか、を記録します。

失敗したときは苦い感情がたっぷり沸いていますので、そのとき書いた事はしっかり脳裏に記憶され、効果のほどはバッチリです。

人間であれば誰でも失敗はあります。それにどう対処するかで、その後の成長度合いが変わってきます。

あと、同じ経験でも「あー失敗した」と思う人と、軽く流してしまう人とに分かれます。失敗にくよくよしすぎるのもなんですが、いつも軽く受け流しすぎても成長がないように思います。

というわけで、私の場合、チームメンバーがミスすると「何故こういうことが起きたのかな?」「今後、同じエラーが起きないようにするにはどうしたらいいと思う?」「その他にはどんなカイゼン案があるかな?」などとコーチングを徹底的にやります。 相当ウザい上司と思われているに違いありません。でも同じミスを繰り返されたらたまりませんし、その子にとっても問題に対処する方法を考えるクセがつくので本人のためにもなるに違いないと信じています。

シンガポールに来てから、失敗に対し、やたらと言い訳ばっかりを聞かされるハメになることが多くなった気がします。私としては、言い訳ばかりで自分を正当化しすぎる傾向もどうかなと思い、それがストレスにもなるのですが。「失敗を責めてるんじゃないんだよー。これから良くしていく方法を一緒に考えよう」とか言って根気良くコミュニケーションを取らなければと思います。

今後何をすべきか →「フォローをマメに」→ 自分のキモに銘じよう!


海外で働くおっさん女子の独り言でした。


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
[PR]
by kobewindy | 2015-11-04 07:22 | My Thoughts