アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本人は表面的? Are the Japanese superficial?

41 reasons to think that the Japanese are superficial - Humour - Wa-pedia  「日本人が表面的な41の理由 」ーユーモアを込めて

こんなサイトを発見。日本人考察です。

ユーモアを交えた記事は面白いです。異文化を理解したり心の柔軟性を高めたい私にとっては、日本人がどう思われているのかという情報はとても参考になります。

30番号、31番の「流行に飛びつく、テレビで紹介されたモノがすぐ大人気になる」・・・ これはよくありますねー。


公立学校での画一的な教育の弊害の一つではないかと思います。答えは一つじゃないという前提で子供たちに議論させる機会が少ないので Criticalな思考が育ちにくい。大人になっても「◯◯で痩せる!」とか聞くとあまり疑わず飛びつきたくなってしまう・・・。

1. の「話題のナンバーワンは食べ物」・・・これは耳が痛いです。友人と集まると旅先で出会った美味しいものの話でよく盛り上がります。ま、でもそれだけというわけではありません。「最近面白い本読んだ?」「いい映画見た?」「今関心のある事は?」「仕事または仕事以外で最近頑張ってるのは何?」・・・などとだんだん個人の価値観に関わる部分に踏み出すのです。

ただ、知り合ったばかりの人とはすぐには価値観のある程度深いところまで踏み込もうとしない傾向はあると思います。欧米の方々の方が、情熱を傾けている事について会話の早い段階から話し始める事が多いように思います。

また、欧米の方が、より積極的に相手の心に飛び込み、相手に自分の意見を伝える傾向が強いように思います。

日本人は「同じ空間にいる」「同じ時間を共にしている」というだけで、「共に在る」とする傾向があるように思います。茶会が最たる例で、茶会を催す亭主は客に多くを語りません。茶会を催す空間や空気そのものがおもてなしだからです。招かれた客は、茶室にいたる門や庭のたたずまい、茶室のしつらえ、花、掛け軸や茶道具など念入りに用意されたさまざまなものから亭主の心遣いを感じとることが求められます。つまり、言葉で語られない情報もコミュニケーションの一環なのです。

相手の懐にすぐには飛び込んでいかないのは、遠慮からくるもので、一般に日本人は段階を追って親しくなろうとする傾向があるように思います。

そんな文化的背景があるので、一概に日本人が表面的とは言えないと私は思います。

とは言え、何も語らないと何も考えてないと受け取られかねないグローバル化した社会に私たちは住んでいます。言葉で積極的に気持ちを伝え相手を積極的に知ろうとする姿勢も必要である事を頭の片隅に置いておくべきとあらためて気づきました。




I found this article arguing 41 reasons to think that the Japanese are superficial. This is interesting and there are a lot to learn from the article for me who is trying to understand cultural differences and trying to be more flexible about inter-personal relations with people from different culture.

I think it is natural that the Japanese are perceived to be superficial by the people from different culture. I think many points made in that article are quite true.

Conversation tends to end up with being quite shallow when foods are only the main topic, for example.

In contrast, in my view, people with Anglo or Latin culture tend to jump straight to hearts of others by expressing their thoughts in relatively early stage of conversation. The Japanese are more reserved in many cases and they require certain time period by the time they talk about thoughts and opinions that involve values and passion.

To the Japanese, "Being together" doesn't always have to involve verbal communication. I think the extreme scenario is the traditional Japanese Tea Ceremony. A host of tea ceremony does not talk much because the space and atmosphere of the ceremony itself is already an expression of hospitality. Guests are required to feel the heart of the host from the gate of house, gardens, tea room, flowers, pictures, tool of tea and so forth that are prepared carefully by the host. Non-verbal information is also a part of communication in tea ceremony.

Since the Japanese have that kind of background, I think it is not easy to conclude that the Japanese are superficial.

However, here we are living in global society where individuals can be judged that they are not thinking anything at all if they don't express themselves verbally. I think it is useful to remember positive verbal communication to convey one's thoughts and attitudes to understand others genuinely are very effective in many cases.

[PR]
by kobewindy | 2014-01-27 21:59 | Cultural Difference

小山ロールは特別に美味しい?<その2> Is Koyama Roll especially delicious?

c0242063_16501821.jpg

前回のブログで、期待半分、懐疑心半分(笑)で、三田市まで小山ロールを買いに行ったお話をしました。

3年越しに、やっと味わったロールケーキのお味はと申しますと・・・

美味しかったです!

スポンジがきめ細かくて、ふんわりしていて食感が良いのです。

そんじょそこらのスポンジとは一味違うという感じです。

私の中ではロールケーキといえば、堂島ロールが王様でしたが、小山ロールも甲乙つけがたい美味しさでした。

しかし、この美味しさは「予測の効果」によるものなのでしょうか?

私にはもうバイアスがかかった状態で小山ロールを食べてしまったので、正確には判断しようがないです。バイアスは、「クルマで1時間半」かけて行く労力や有料道路の代金にも関係してきます。「こんなお金と時間かけたんだから美味しくなきゃいけない」という先入観です。 関与が高まるとそれだけ思い入れが高くなるので。


バイアスや関与を除いて正確に実験するには、小山ロールの評判を知らない人、もしくは小山ロールと知らずに誰かに食べてもらって感想を聞かないとなりません。ペプシコーラとコカコーラのブラインドテストみたいなやつが必要です。

・・・将来そこまでするかは未定です。一緒に行った友人も美味しかったと言っていましたし、ドライブも楽しかったので良かったのではないかと。ちゃんちゃん。

c0242063_16503880.jpg


In my previous blog, I wrote that I went Sanda City to try the famous Koyama Roll. I need to report you how it was.

It was delicious. The texture was so delicate it felt so nice and soft. It made me feel it different from other roll cakes. I used to think the "King" or roll cakes had been Dojima Roll, but I found it difficult to say which one of two was better now.

Was this because of "Effect of forecast"?

Now that I had been biased, it was hard to judge it fairly. I spent one and half an hour by car and several thousand yen for highway toll. The cost I spent made me feel "It's got to be good because I spent so much time and cost." Naturally, the more you are involved, the more you will expect.

To eliminate bias and involvement, it has to be tested by a couple of people who don't know Koyama Roll, or people who eat the roll cake without knowing it was made of Patissier es Koyama, like the blind test; "Coke Challenge" where people try Pepsi and Coca Cola without knowing the brand.

I'm not sure if I'll do the test in the future. The friend of mine also said the cake was delicious. Besides we enjoyed driving to Sanda City anyway so it was a good experience.

< END >

[PR]
by kobewindy | 2014-01-26 16:54 | Food

小山ロールは特別に美味しい?<Part 1> Is Koyama Roll especially delicious?

c0242063_2128511.jpg

兵庫県の三田市 (さんだし) というところに、小山ロールというロールケーキで有名なお店があります。
大変な人気で、当日行っても買えず、発売日の2週間くらい前に予約して買いに行く必要があるのですが、ついに行って来ました。

私が3年ほど前関西に引越してきたとき、地元の友人が「関西で行くべきおいしい店ベスト5」というリストをくれまして、小山ロールはリストの中でも「特におススメ」というマークが付いていました。他の4つは制覇したのですが、小山ロールはずっと後回しになっていました。なにしろ私が住む町からクルマで1時間半ほどかかる不便な場所なのです。しかも「要予約」というのがネックになりました。「今日はドライブ日和だから山奥にロールケーキでも買いに行ってみようかー」というその日の"思いつき"が通用しないのです。スウィーツのためにに事前に計画を立てておく必要があったのです。

というわけで3年の月日が流れたという話をある友人にしていたら、「行きましょう! わざわざ行く価値があるのか確かめましょう」とその友人が言ってくれ、二人で1ヶ月前に予約をしました。

ところで実は、予約をためらっていたのは「面倒」という理由だけではありませんでした。クルマで1時間半もかけてわざわざ行って、近所のロールケーキの美味しさとたいして変わらなかったらばかばかしいじゃんというのがありました。

行動経済学に「予測の効果」というのがあります。心は予測したとおりのものを手に入れるというものです。たとえば、映画に行く前にとても評判の良い映画だと聞くと、評判を聞かなかった場合よりも、より楽しむことができます。レストランのメニューにおしゃれな凝った説明や産地の名前などが書いてあると、シンプルな簡単なメニューのものより、より美味しく感じることができるというものです。

なので、私の疑いはこうです。
「小山ロールはわざわざ三田まで行かないと手に入らない。それでも人々が2週間前に予約して買いに行っているほど評判が良い。ということは、特別美味しいに違いない ・・・ この期待が小山ロールを特別美味しいと感じさせるのではないだろうか。」「予測や期待がなく、そこいらのコンビニで買ってきたよ、と言われて食べたら’ああそう、まあまあな味だね’程度なのではないだろうか?」

疑って食べても、本当に特別美味しいのだろうか?  

私って、疑い深すぎ・・・? そ、そうなんですよ。石橋を叩いて渡るタイプなんです。

そんな私が3年越しの先送りを経て、ついに小山ロールを食べた感想はいかに・・・?

<次回に続く>


There is a pastry shop called "Pattisier eS Koyama" in Sanda City, Hyogo. They sell the famous "Koyama Roll". It's a roll cake. Because it's so popular, you cannot just drop in and buy it. You have to make a reservation a couple weeks in advance.

When I moved to Kansai area three years ago, a friend of mine gave me a list : "5 places to go to eat in Kansai". Koyama roll is in the list with a mark that means "especially good". I checked out four places out of five in the list, but Koyama roll remained unvisited because it's too far from my place. It takes one and half hour by car. "Need reservation" has been another bottleneck. It doesn't allow a-spur-of-the-moment thing.

When I told this to an other friend of mine, she said decisively "We should go. She said, "We'll find out whether or not it's worth visiting!" So we made a reservation one month ago.

There was another reason that kept me from trying Koyama Roll. I did not want to find myself foolish for visiting such a distant place and find the cake not delicious in particular.

In behavioral economics, there is a theory called "effect of forecast" which means that our mind eventually acquires what we forecasted in advance. For example, if we know a good reputation of a movie in advance, we can enjoy the movie more as compared to the case we did not know the good reputation in advance. Another example is that if we see detailed nice description of foods on the menu of a restaurant, we feel the food more delicious.

I doubted that too much expectation of Koyama Roll may be enhancing the taste of cake. It might be just an ordinary roll cake without good reputation.

Am I going to find it delicious even if I doubted it so much now?

Am I too suspicious? Well, that's true. I tend to be overcautious.

That was why I have not tried Koyama Roll for three years even though my friend recommended it strongly. Now, I finally did! Was it good?

<To be continued …>

[PR]
by kobewindy | 2014-01-18 21:30 | Food

自由と自己責任

もう帰国しまたが、先週オーストラリア滞在中、素敵なビーチに行って来ました。

入江が遠浅で泳ぎやすく、小さな魚もいて、とても気持ちのよい場所でした。
c0242063_20155065.jpg

c0242063_201620100.jpg

この崖から、入江に飛び込みを楽しんでいる人も沢山いました。
c0242063_20161751.jpg


崖の入り口には、注意を促すこんな標識がありました。
c0242063_20191676.jpg

「水面下に突出物があります」
「下に遊泳者がいます」
「子供を監督すること」


飛び込みをする人はリスクを認識するようにという注意書きです。崖の下の水深が深くないため、飛び込みにはあまり適しているようには見えず、たまにケガをする人もいるかもしれません。でも「飛び込み禁止」にはなっていないのを見ると、欧米らしいコミュニケーションだなあ、と思いましました。( オーストラリアはイギリスの文化を受け継いでいるので欧米に含めるとしまして・・・。)

欧米式はむやみに禁止するというより、比較的自由度が高く、リスクを承知で飛び込むかどうかは、その人の自由にまかせるケースが多い気がします。

江國香織さんの本「泳ぐのに適切でも安全でもありません」という本も、そのへんの話が導入になっていたような気がします。


危険。でも泳ぐかどうか、飛び込むかどうかはその人の判断に任せる。 自分を守るのは、自分。飛び込むも、飛び込まないも個人の裁量に任されている自由。 自由には責任が伴うし、いろいろな代償もあります。でも、私はこういうのが好きです。





泳ぐのに、安全でも適切でもありません (集英社文庫)
[PR]
by kobewindy | 2014-01-09 20:20 | Travel

Fish Market

c0242063_22162631.jpg


Fish Market に行って来ました。ここは磯の香りがする漁港のそばにあって、新鮮な魚介類が揃います。

買って帰って、スパークリングワインを飲みながら、みんなでワイワイお料理。
c0242063_22173061.jpg


新鮮な魚介類が豊富でいいです。(^ ^)
c0242063_2218145.jpg


Fish Market is located near the fishing port with nice smell of ocean. A variety of fish and shellfish is available. We bought some of them and enjoyed cooking with talking and drinking wine. Fresh fish from ocean -- this is one of the many reasons that I like this city.
[PR]
by kobewindy | 2014-01-03 22:19 | Travel