アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

マリッジ・プレミアム 1 Marriage Premium Part 1

English follows. 今日は結婚についてのトピックです。
と言いましても、別に私、結婚が決まったわけでは全然ありません。
マリッジ・プレミアムについて考えてみたいと思います。

結婚が所得に与える影響をマリッジ・プレミアムといいます。
米国における調査で、男性は結婚しているとより高い賃金が得られることがわかったそうです。女性は結婚していても独身女性と賃金は変わらないか、わずかに低下するという結果だそうです。(大竹文雄『経済学的思考のセンス』中公新書 2005.12) より。

これは、潜在能力(「隠れた魅力」)が高い男性が結婚するからなのか、それとも結婚がポジティブな影響を生み、それが高い賃金につながっていくのか? これを調べるために、米国のアントノビックス教授とタウン教授は、一卵性双生児の兄弟を比較すれば「隠れた魅力」をコントロールして純粋に結婚の有無が所得に与える影響を分析できることに気づき、調査したそうです。

==以下引用 ==

136ペアの一卵性双生児のデータをもとに、結婚が賃金に与える影響を分析したところ、双子であることを無視して分析すると、学歴・年齢・勤続年数・地域などの影響を取り除いた上でも、結婚しているものは現在結婚していないものより19パーセント賃金が高かった。(19パーセントのマリッジプレミアム)

一卵性双生児のペア同士での賃金格差を分析すると、結婚しているものは結婚していない者より26パーセントも賃金が高くなっていることが示されている。(p.38)

つまり「マトモな男の人は結婚している」のではなく、「結婚によって男は仕事ができるようになる」というのが正しい。

==引用 おわり==

<私の考え>

この本、身近な話題が経済学的視点で説明されていて、とても読みやすく面白いです。

マリッジ・プレミアムの調査結果は、納得感があります。男性は結婚によって、女性の視点や知恵など精神的・物理的サポート、知識的インプットが増える場合が多いと思います。そこから得られる精神的な安定、健康、インスピレーション等が良い仕事の成果を生み、それが所得の増加につながっていくのでしょう。

女性の場合、結婚相手の存在によって、精神的サポートや視野の広がりは当然あるはずですが、結婚をきっかけに専業主婦になるとか出産休暇・育児休暇で収入減につながるシナリオが存在してきます。これがマイナスのマリッジ・プレミアムにつながるのだと思います。

では、シングル(男女)の場合はどうしたら良いのでしょうか。
疑似プレミアムを獲得する方法はないのでしょうか?
これを考えていきたいと思います。

<次回へつづく>

Even though I'm going to write about marriage today, I'm not planning to marry especially. I just want think about "Marriage Premium". Marriage Premium is an effect of marriage on income level. One survey in the US showed that married men earn higher income than those single men. On the other hand, married women earn the same level of income as single women, or in some cases, married women earn less money. ( Fumio Otake "Senses from Economic Way of Thinking" Chuko Publishing, 2005.5 )

Is this because men with higher ability or potential are mostly married? Or, does marriage itself prompt positive effects on income? To find this out, two professors in the US surveyed 136 pairs of identical twins because they thought it can control the factor of individual differences in ability and potentials.

=Quote with my translation =

After excluding other factors that affect income level; such as academic background, age, years of career, and living area; they found that married men earned as much as 19 percent more income. That means there is 19 percent of marriage premium. Between pairs of identical twin brothers, those who were married earned higher income by 26 percent.

Therefore, we can say that men come to obtain higher ability of work as a result of marriage. (The following hypothesis was rejected by this survey: "Men get married because of their higher ability of work.")

= End of Quote =

<My Comments>
This book is really interesting because many familiar topics are explained from economic point of view.

Though this book does not explain the reasons why marriage premium happens, we could easily assume that men obtain many supports from their wives; both physically and mentally which can lead stable mental state, physical health, and reacher knowledge from women's point of view and so forth. These positive factors may bring higher achievements in their professional lives followed by higher income.

Women, of course, may obtain many positive effects from marriage, however, marriages can give women different scenarios that can halt their careers such as maternity leaves and childcare leaves, which cause some decrease of income.

By the way, is it possible for single men and women to obtain this kind of premium? Let's call it "Pseudo Marriage Premium". I will write about it next time.

<To be continued…>






にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-10-30 23:49 | My Thoughts

ランニングと地域性 Correlations between the number of runners and characteristics of cities

旅先や出張先でもジョギングをするようになってしばらくたちますが、最近ふと思った事。

「スペイン人はジョギングがキライなのでは!?」
・・・というのは、バルセロナやカディスをジョギングしてるとき、他に走ってる人をほとんど見かけなかったんです。
夏休みの数日、バルセロナの中心街を早朝毎日走って、見かけたランナー数、ゼロ。
バルセロナが日本のようなマラソンブームとはとても思えませんでした。

一方、ハワイやミネソタで自分がジョギングしてても、車に乗ってても、他に走ってる人を沢山見かけました。
神戸や東京は言うに及ばず。シンガポールもランナーはよく見かけます。

ググってみたのですが、世界のランナー数比較統計を見つけることができませんでした。
(どなたか数字をお持ちでしたらご教示くださいませ。)

"Running Times"による、アメリカの州別統計はありました。
c0242063_22345140.jpg

【出典】Running Times


この記事よりますと、ハワイ、ミネソタ、ユタはランナーが多い州のようです。
(人口1000人あたりのマラソン大会完走者の集計ですが。)
さらにこの調査では、ランナーの多さと街の特徴の相関関係を調べています。
管理職や専門職の割合が多い街、また景気の良さとランナーの多さに相関があるそうです。

気候や地理的特性にもっと相関があるのかと思ったのですが、この調査によればそうではないようです。
気候がランニングに適しているからランニング人口が多くなるというわけでは、必ずしもないようですね。

そういえば、スペインは失業率25%を超える過去最悪の状態です。(2012年8月現在)
ランナーの数字はないのですが、もしかしたら何か関係があるのかもしれません。
あるいは関係は全くないかもしれません。
景気が良い時期も、ランナーが少なかったかもしれませんし・・・。

もし世界的に景気とランナー数の相関がわかれば、いろんな街を走ってみて、他のランナーに沢山会えるかどうかで一種の景気の指標と見ることもでき、ランニングがさらに楽しめるかも?・・・などと思ったのでした。

It's been a while since I started jogging not only in town but also out of town on vacation or on business trip. I recently doubted, "Do Spanish people detest jogging?" That is because I did not see any joggers while I was jogging in Barcelona and Cadiz on summer vacation. I did not see any single jogger at all even though I ran every morning for three days in a row. So, unlike Japan, I thought that running is not booming in Barcelona, at least.

On the other hand, I saw many runners while jogging or driving in Hawaii or Minnesota. I saw many runners in Singapore, too, not to mention Kobe and Tokyo. Why wasn't there joggers in Barcelona?

So, I googled, but could not find a statistical number like "Worlds' Jogger Population". (I'd appreciate it if you know something and could share it with me.)

I found a stat within the US done by "Running Times".
c0242063_22374052.jpg
Source: "Running Times" (May 2008, "What Makes A Running City?")

According to this article, Hawaii, Minnesota and Utah embrace many runners. (This is based on the number of marathon finishers per 1,000 residents, though.)

Interestingly, this research found that cities with a high percentage of residents working in the management, professional and related occupations had high percentage of resident marathoners. Also, it surmised that the economic health of the city may be more important than any other factor.

I thought that weather or some sort of geographic factors might play more important roles, but it seems not. That seems to mean that a suitable weather for running does not necessarily make people run.

By the way, jobless rate in Spain is getting worse; 25% in August in 2012. Might it be any correlations between the recession and the fact that I didn't see any runners?
Or, maybe not at all. There would not have been many joggers in Spain while in better economic health.

If this kind of research is done worldwide and if strong correlations between economic health and the number of runners are found, we could regard it as a sort of economic index to help us to understand the economy of each town or country. Then, doesn't it make us more interesting to run in many different cities?





にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-10-25 22:40 | My Thoughts

シンガポールでのランチ

もう帰国しましたが、出張中のごはんの記録です。

シンガポールの数ある良いところのひとつは、食べ物が安くて美味しいことです。
オフィスでは、お弁当を持ってくる人も数人いるのですが、多くは、会社の近くのフードコートに誘い合わせて行って、銘々好きな物を買ってフードコートのテーブルで食べて、時間があれば場所を変えてお茶しながらおしゃべりして帰るというパターンの模様でした。

このフードコートの食事が、平均 5SGD 程度 (300円くらい)、とめちゃお財布に優しいのです。
味もなかなかです。
シンガポール料理、中華、インド料理などのほか、和食もありました。

こちらは私の大好きな麺類↓
c0242063_234747.jpg

右↓のさばの塩焼き定食は5.5ドル (360円)。
インド出身の同僚Sちゃんも、上手にお箸を使ってサバ塩、食べてました。
みそ汁はカップを口に運ぶのは抵抗があるらしく、れんげで飲んでました(笑)
「日本では青魚を食べると頭が良くなると言われているのよ」などと、私も適当なウンチクを言ってみたり。
c0242063_23472684.jpg

インド人の同僚のマネして「同じものを」と頼んだこのセットは、めちゃ辛かったです・・・
名前忘れた、というかそもそも聞き取れませんでした。
c0242063_23474724.jpg

そして、たまにふんぱつして、レストランに行ったりします。
シンガポールと言えば、チキンライス。
蒸し鶏にショウガのペーストをつけて、レタスで巻いて食べます。
美味しかったー。手前のは、これも名前を忘れましたが、モロヘイヤみたいな野菜で、ピリ辛な味つけが美味しかったです。
c0242063_2349448.jpg


<今日は英語はお休みです。>
[PR]
by kobewindy | 2012-10-24 23:54 | Food

シンガポール チャンギ空港 Changi Airport

c0242063_21204353.jpg週末、シンガポールのチャンギ空港を飛び立ち、夜行便で帰国しました。
このチャンギ空港、なかなか快適で効率的なのでお気に入りです。
ベスト空港世界第2位に2年連続選ばれているようです。

トイレなど要所要所に、
←壁掛け式のオンライン・アンケートがあって、利用者の満足度を調査したりしています。

c0242063_21215059.jpg空港内にサボテン園があったりしますし(笑)
Family Zoneを「家族の地帯」と訳したのは惜しいけど、ご愛嬌です・・・(笑)

I left Changi Airport in Singapore in the weekend and came back home by a red eye flight. Changi Airport is one of my favorite airports because it's comfortable and efficient. It was chosen to the world's second best airport in 2011 and 2012.

They research users' satisfaction by quick survey devices mounted near toilets and other areas.

They even have a cactus garden. It's too bad that they translated "Family Zone" to Japanese, and it turned out to sound something like "Family Region", but it's kind of cute.001.gif



にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-10-23 21:24 | Singapore

Gangnam Style

シンガポールのオフィスで、PSYの Gangnam Style がちょっと話題になっていました。

韓国のラッパーPSYの歌うこの歌は、Gangnam という高級住宅地の生活を揶揄した感じの内容のようです。



オフィスでは「なんでこんなもんが世界中で流行るんだ?」という声、
「面白いじゃん、うちの会社もこれをパロディーにしたビデオを作ろうよ」という声など様々。

このダンスがわりと簡単そうなので、「自分たちで踊って You Tubeにアップしたい」気分になり、参加型、バイラル的に広がっている模様です。


In my office in Singapore, some people were talking about PSY's Gangnam Style. This song by Korean rapper PSY "Gangnam Style" seems to sarcastically describe a high-end lifestyle of residential area; Gangnam.

Some of my colleagues said "I don't understand why this is so popular." and some said "It's so funny, Let's make our version of video".

I think this seemingly easy dance makes us want to make our own video and upload it on YouTube. It seems to be virally spreading all over the world.

[PR]
by kobewindy | 2012-10-22 19:42 | None of the above

Gardens by the Bay in Singapore ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

c0242063_118748.jpgI visited Gardens by the Bay with one of my colleagues.

It's a huge garden with a diverse range of plant life from the world.






c0242063_1185798.jpgIt's located in Bay Front, which is near the famous (and very expensive) hotel, Marina Bay Sands.











c0242063_11102233.jpgWe visited two domes, one of which was Cloud Dome. It has 35-meter man-made mountain and waterfall and there were a lot of beautiful orchids, pitcher plants and ferns from tropical mountain region.















c0242063_11141382.jpgFlower dome was filled with plants from Mediterranean and subtropical regions. We also enjoy the seasonal display.









c0242063_11143765.jpgSchool kids were avidly drawing pictures :)






c0242063_1916561.jpg


I highly recommend this place when you have a chance to visit Singapore. Cute, colorful and sweet-smelling flowers will I comfort you.


シンガポールのおススメのスポットです。
可愛らしいディスプレイ、美しく香ぐわしいお花達に癒やされること間違いなしです。

http://www.gardensbythebay.com.sg/en/home.html
[PR]
by kobewindy | 2012-10-22 11:17 | Singapore

手づくりのインド料理 Home Made Indian Food

インド出身の同僚のSちゃんが、ランチに私の分もお弁当を作ってきてくれました。
Beriyani (ブリヤーニ)といって、南インドの名物料理とのことです。
チキンをカシューナッツのペーストであえてあります。味はカレー味、でも日本のカレーより香辛料が色々入っているようで、複雑な味。スパイシーで美味しかったです。ごちそうさま♪
作り方は、母から娘へ代々伝えられるそうです。

インドの結婚事情なんかも色々聞いてしまいました。
地方ではまだお見合い結婚がほとんどとのこと。
親の決めたいいなづけに、結婚式当日まで会わない場合もあるそうで。

急速に発展しつつも、伝統を重んじるエキゾチックなイメージのインド。いつか行ってみたい。

One of my colleagues from India kindly brought me lunch. It's called Beriyani, which is made of chicken and cashew paste.
It's a kind of curry, but it has more acquainted profound taste with a lot of different spices. It tasted good. As she said, usually recipe is passed from mothers to daughters.

She also told me about marriages in India. Arranged marriages are still in common especially in rural areas. In some cases, couples do not meet each other until the very day of wedding.

India sounds exotic to me even though it's rapidly modernizing, it also values tradition. I want to visit there someday.

c0242063_22462863.jpg


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
[PR]
by kobewindy | 2012-10-18 22:49 | Travel

チーム・イベント Team Event

今日は会社のオフ・サイト・ミーティングで、春に受けたWebデザイン講習の内容を同僚にシェアするはめになり、昨日は準備にあたふたしてしまいました。15分の発表の準備に2〜3時間。
日本語で受けた講習の概要を、英語で人に説明する形でアウトプットするのは思ったより大変でした。

午後はチーム・ビルディング・イベントということで料理教室へ。
ラクサ・パスタと春巻き、パンダン・リーフを使ったマレー風のデザート(名前忘れた)をみんなで作りました。

先日負傷した肩は、重い物は持ち上げられないけれど、料理ができる程度に痛みがおさまってきました。(^ ^)

I shared some part of what I learned at a web design class with my colleagues at a off-site meeting today. I needed do a lot of preparation last night. For a presentation of 15 minutes, it took almost 2 or 3 hours. It turned out to be a bit more challenging than I thought to output in English as a form of presentation about what was originally input in Japanese.

We went to a cooking class as a team building event in the afternoon. We cooked Laksa pasta, spring roll and Malaysian dessert (I forgot its name!) made of pandan leaves. My shoulder is getting better so that I could cook though I still cannot lift heavy things yet.


c0242063_2325728.jpg
c0242063_23245055.jpg


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
[PR]
by kobewindy | 2012-10-17 23:26 | Travel

心細い時 When I feel helpless....

先日うっかり肩を痛めてしまいました。

週末のタイへの社員旅行で重いボストンバッグであちこち移動したのと、Spaで受けたタイ式マッサージが強すぎたためです。

あと一週間このコンディションで出張を乗り切り、LCCでひとりで帰国する事を思うと、心細いです。

マッサージを受けなければ良かった、車輪つきのキャリーバッグを使い捨てでもいいから買えば良かった、など後悔することしきりです。

私は細腕のわりには腕力も体力もある方なので、つい無理をしてしまいがちなのですが、異なる環境でスケジュールも過密となれば負荷も高まるので無理をすべきじゃなかったのです。これは、肝に銘じておかなくては・・・。

痛くて眠れなかったので、つい彼の名を呼んでしまいました。
楽しい時だけじゃなく、辛い時も一緒にいて欲しいし、甘えたいのに。

でも自分で何とかしなければ・・・。

同僚にメールして痛み止めを持ってきてくれるようにお願いしました。

昨年は彼に似たような事が起きました。彼も出張続きで忙しい時期でした。
離れていると優しい言葉をかける事しかできず、心配で泣いてしまいました。 そばにいて看病して滋養のあるスープでも作ってあげたかったのに何もできないもどかしさ。

パートナーである事は、相手のピンチに寄り添う事でもあるのに・・・。

今日はアスピリンを飲み、同僚に借りた痛み止めの軟膏をしっかり塗ったら、かなり楽になりました。肩だけ動かさなければ痛くないのでタイプは大丈夫で、仕事も進みました。ふう。

この写真はマッサージを受ける前の能天気な私・・・。
海はクリスタル・ブルーで本当に綺麗でした。

c0242063_21433915.jpg


I carelessly got my shoulder injured due to my heavy bag and Thai traditional massage at a spa during a company trip in the weekend to Thailand. I feel helpless thinking about going through this overseas trip and coming back to Japan by myself by LCC. I cannot help but wish I had bought a carry bag with wheels and I had not had a massage. I tend to overstrain myself because I know I have a good physical strength for my thin arms. But I shouldn't have done something too far because one can be overtaxed when it comes to under different environment and tight schedules. I have to keep this in my mind.

I intentionally called out my boyfriend’s name in midnight in my bed in a hotel room because I couldn't sleep due to a pain. Sometimes I want to be dependent on him and share some hardships, not just joys. But I have to deal with this now. I emailed my colleague to bring a muscle pain balm on the next day.

A similar thing happened to him last year when he was busy traveling. I couldn't help but cry because I was so worried about him. The only thing I could eo was to give him some warm words. But I wanted to do more. I wanted to be with him to take care of him by making some nutritious soup. I felt so helpless. I think that being partners means sticking together when any hardship falls on.

Fortunately, it got much better after I took an aspirin and applied a muscle pain balm that my colleague brought me. Since there is no pain without moving my shoulders, I could type. So I could proceed with my tasks today at the office. Phew.

This photo was taken before I had the massage. I was so innocent and looked happy! The crystal clear ocean was so beautiful.



にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-10-15 21:47 | Singapore

パートナーとの共通点 Commonalities with a Partner

人は自分と共通点のある異性に惹かれるのでしょうか。
それとも、相違点に惹かれるのでしょうか。

私ととんがらしとのツーショット写真を Facebookで見たシンガポールの同僚が、「顔と雰囲気がすごく似ているね」と言ってきました。
アジアンと白人のカップルなので顔が似ていると思った事は一度もなかったのですが、雰囲気が似ていると言われると、確かに似ているかもしれません。嬉しくなりました。

その後、上司(シンガポール人)の奥さんにお目にかかる機会があったのですが、 これまた親しみやすそうな雰囲気と顔も何となく上司とよく似ておりまして。

それで同僚いわく、人は顔と雰囲気が似ている人に惹かれるものである、と。

フランス人の同僚はこの説に反対で、異性に自分にないものを見いだして惹かれるものだと。

まあ、共通点と相違点両方に惹かれるんではないかと。程度の問題ですよね。

そういえば、兄弟姉妹の構成が似ているカップルがうまくいくという説をどこかで聞いたことがあります。ちなみに私の場合、弟が一人いるのですが、考えてみると今まで長くつきあった人は皆、男兄弟が一人いる人ばかり。

これは育った社会環境が似ていると、長く一緒にいても居心地がいい、という事のようです。 これは結構当たっているように思いますが、皆さまはどう思われますか?

When one is attracted by another as a potential partner, is it because of the commonality that they have, or the differences?

My Singaporean colleague saw a photo of me and my boyfriend on Facebook and said "you guys look like each other very much." It's funny because he is coccasian and I'm Asian. How can we be look alike? It seems she meant atmosphere we exude rather than shape of face and so forth. Her remark made me happy.

Right after we talked about it, we had a chance to meet wife of our boss. ( both Singaporean) She looked like our boss very much in terms of friendly atomosphere and face, too. They looked very nice happy couple.

So my colleague declared that people tend to be attracted by each other because of their commonalities.

Another colleague ( French ) argued that one is more attracted by their differences.

Well, I think it's just a matter of degree, isn't it?

Speaking of commonality, I read an article about a study showed that couples with similar construct of siblings tend to be compatible with each other. In restrospect, all my Exes had one brother, and so do I.

This is because similar social backgrounds of two people can create comfortable living environment for both of them. What do you think?



にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-10-14 20:39 | None of the above