アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バレンシア Valencia

バレンシアと言えば、パエリャとオレンジですが、短い滞在時間のためオレンジの方は食べそこねました。(- -;)

I guess Valencia is renown for oranges and paella, but we missed oranges due to short stay.

c0242063_17105185.jpg

c0242063_17112457.jpg

c0242063_17115721.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-08-29 17:18 | Travel

マラガ Malaga

c0242063_19492056.jpg
c0242063_1949022.jpg
c0242063_19484220.jpg

c0242063_19493838.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-08-28 19:50 | Travel

貴重な体験 A Precious Experience

私はクルーズというものに生まれて初めて参加しました。
夜出航して翌朝つぎの港に着くという、クルーズ船はいわば海のホテル。
移動するのにパッキングしたり荷物を持って移動しなくて良いので楽です。
巨大な船であまり揺れないですし。
私はもともと乗り物酔いはしない体質ですが。

I joined a cruise for a first time in my life. Cruise ship is like a “marine hotel” which conveys you to a next destination in the morning after departing the previous port at night. It’s very easy for passengers travel because they don’t have to pack and carry their suitcases each time. It doesn’t roll that much since it’s a gigantic ship. (I don’t get motion-sick usually tough.)

今回の旅、私は2週間の休暇を取って参加していますが、とんがらしは仕事です。
上陸の際、少し自由時間があるのですが、それ以外はエンジニアとしてほとんど打ち合わせやプログラミングのお仕事をしていて、相当忙しそうです。

Though I’m taking a 2 week vacation from work for this trip, my chili pepper on business. He has some free time on the shores, but mostly he looks very busy having meetings and doing the programing since he is working as a certain kind of engineer.

連れは一人旅費タダという、とんがらしの会社のありがたい福利厚生のおかげで、私も参加することができました。普通に旅費を払うとかなりの額になる模様。
貴重な体験をさせてもらって、とてもありがたく思います。
一般の参加者は裕福そうなシニアがほとんどです。

Thanks to the company benefit of chili pepper’s employer which exempts a travel costs of partners of their employees, I could join this cruise. Otherwise, it could have been very expensive if I joined this trip as a general passenger. So, I’m very thankful for having this precious experience. Other passengers look mostly wealthy senior people.

メインダイニングルームのディナーの席で、着飾って仲睦まじそうにしている80歳代のカップルを見ていて、私もあんな風に80代になってもパートナー共々健康で余裕のある暮らしをしていられるかな? そうだとといいなぁ〜と思いました。

Looking at some octogenarian couples who dressed up and having dinner happily at a main dining room of the ship, I could not help wondering whether I could be wealthy and healthy enough with a partner in my 80’s? I hope I will.
[PR]
by kobewindy | 2012-08-28 19:47 | Travel

リスボン入港 To Port of Lisbon

3つめの寄港地はリスボン。

ちょうど明け方の入港で、日の出が見事でした。

c0242063_23522657.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-08-24 23:52 | Travel

ビーゴ Vigo

最初の寄港地、スペインはガリシア地方のビーゴに到着です。

c0242063_2345198.jpg


まずは牛乳入りコーヒー(cafe con leche)を飲んで一息つきながら、とんがらしと何処に行くかのんびり相談です。
ツアーに参加したり、観光名所を忙しくあちこち見て回るが二人ともあまり好きじゃないのです。
c0242063_2345577.jpg


上陸時間も短いので、適当に街をぶらぶらしよう、という事に決定。
そして、市場みたいな場所で、すももとトマトを購入、歩きながら食べてみました。
新鮮でめちゃ美味。
c0242063_23463871.jpg


そして街をぶらぶら。
c0242063_23472029.jpg

c0242063_2348425.jpg


小腹が空いたところで、tourist trap じゃなさそうなレストランへ。
あらかじめ用意していたフレーズ、
“Vino blanco de la region, por favor.” 地元の白ワインをお願いします、と言ってみました。美味。
c0242063_23484495.jpg


ここは、英語はあまり通じません。
とんがらしも私もスペイン語はダメでして、メニューを見ながら魚介のサラダらしきものを注文。さっぱりわからないながらも、アメリカ人の方が、「この字はこういう魚ではないか?」というカンが働く模様。私は、ちょっとだけフランス語をかじったので、フランス語と同じ語源っぽいものだけなんとなくわかりました。
結局魚介と野菜のマリネと、魚介のサラダを頼んだら大正解でした。
c0242063_23493259.jpg


お昼をゆっくり堪能したあと、短い滞在を終えて船に戻りました。
[PR]
by kobewindy | 2012-08-24 23:50 | Travel

アムステルダム出発

船内のインターネットがめちゃ高額のため、上陸してからこれをアップしています。
今回の旅、まずはアムステルダムから客船に乗って11日間のクルーズがスタートです。

c0242063_23393519.jpg


c0242063_23402680.jpg


c0242063_2341223.jpg


心配していた食事は、野菜も果物もたっぷりあり、杞憂だったことが判明。
私、大航海時代の映画の見過ぎでした。当時は一度航海に出ると、ビタミン不足で病気になる者も出たとか。命がけの遣唐船じゃあるまいし(笑)

c0242063_23414564.jpg


c0242063_23422365.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-08-24 23:43 | Travel

今日から休暇です。

この航空会社のコンフォート・エコノミー、11,700円だったのでゲットしちゃいました。
この追加料金、他社より安いような気がします。
それでは、行ってきまーす!
c0242063_9524994.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-08-17 09:56 | Travel

人の行動を駆り立てるもの What drives human behavior Vol.2

前回に引き続き、人の行動を駆り立てるものについて考えてみたいと思います。それは・・・

1) 感情
2) 生存本能
3) 決意
4) コンテクスト

・・・ではないかなぁ、とおもいます。

1) 感情

恐怖心、競争心、悔しい気持ちなど、愛憎、多くの感情が人を行動に駆り立てます。

たとえば、恐怖心は様々な行動の機動力になり得ます。
バルザックは借金の取立ての恐怖心から戯曲の名作を書いたとか。

切羽詰まっているからこそすさまじい集中力を発揮する事っていうのはよくあります。
試験が迫って猛勉強するとか、プレゼンがあるから徹夜で準備するとか・・・。
切羽詰まった状況で生まれるアイデアや創作物、知識の埋め込みのすごさ。

歯がゆい気持ちも行動の原点になります。
今回うまく行かなかったから次は成功させたい。こういう気持ちが創意工夫を生んだり、勇気につながるのでは。

冒険心、未知のものに心惹かれる気持ちもそう。
知りたい、この目で見てみたい。この足でその地を踏みしめてみたい。直接この耳で聞いてみたい。この肌で感じてみたい。この手で動かしてみたい。

一番好きなのは愛情から発する行動です。
誰かに惹かれる。その人に会いたい。その人をもっと知りたい。触れたい。一緒にいたい。
その気持ちを伝えるために、リスクをおかしてでも、勇気をふり絞って想いを伝える。もしそれが普段あまりしない行動であれば、愛が素晴らしい行動力を与えたことになると思います。

前回のブログにコメントをいただいて、なるほどと思ったのですが、感情は、その人の経験してきた環境や遺伝的要素のミックスではないかと。
そして、同じような感情を抱いたとしても、そこから何を決意して行動するかは、経験や遺伝的要素によって人それぞれ違ってくると思います。

2) 生存本能

あるセミナーに参加したとき「人間はサバイブする戦いに明け暮れている。そして、誰もがその戦いに敗れる。人はいずれは死ぬのだから。」という話がありました。

「であるならば、サバイブの戦いに没頭するより、自分の本当に欲しいもの(たとえば愛情や絆)を創造する人生を送ってはどうか。」という問いかけがありました。

人はおなかが空けばご飯を食べ、疲れたら眠り、辛いときは楽になろうとし、生存のために日々の営みを続けています。
そして、勉強・仕事・家族の世話など、サバイブするためにいろいろと奮闘し、努力もします。

「がんばっても最後には死ぬ」とか言われても、「いや、生きている間を最大限充実させるんだ」と思ってみんな、努力しているんですけどね。

私はそのセミナーを受けている間に腑に落ちるものがあって、自分が一番欲しい事を明確にして、それを創造する、または受け取る立場を取るっていう決意というか、宣言みたいのが、自分自身の行動力をよりパワフルにするんだな、というのがなんとなくわかってきました。


3) 決意

話がでっかくなりますが、「国家の独立を勝ち取るのだ」「人種差別を撤廃するのだ」「金メダルを取るのだ」というような意思が、人を比類なき行動に向かわせます。
でっかくなくても、「今日は誰それを力づける」「笑いを取るのだ」「○○に行く」「このタスクを片付ける」っていう立場を取るか取らないかで結果はずいぶん変わってきます。
決意というのは感情によるものプラス、冷静な判断や直観からくる能動的な意思だと思います。

以前のブログに書いた、自分の欲するものを明確にして、達成感を先取りするのもこのカテゴリーに入ると考えます。

4) コンテクスト

社会学者のマルコム・グラッドウェルは、著書「Tipping Point」の中で、人間の行動はその場の状況や環境など、外的要因に大きな影響を受け触発されるものである、と言っています。落書きの多い地下鉄で犯罪が起きやすいなど。

ポジティブな例で言うと、手入れが行き届いた美しい庭園とか建物の中では思わず背筋を伸ばして歩いてしまったりしません?
頑張り屋さんでスマートなチームメートと一緒だと、力が湧いてきたりとか。
自分の例で言うと、私の上司、めちゃ性格も頭も良く、しかも頑張り屋さんなんです。シンガポール人で、英語・華語・広東語・福建語が堪能ですが、さらに今年は日本語の勉強をスタートするそうです。残業も多く、家庭では3人のお子さんもいて超多忙なのに。そういう人のいる環境だと、いやー、私も頑張らねばーってやる気が出てきます。

<・・・と言いつつ今日は英語はお休みです。>
[PR]
by kobewindy | 2012-08-16 00:01 | My Thoughts

人の行動をドライブするもの What drives human behavior

今、「頭脳国家シンガポール」という本を読んでいます。

シンガポールの経済的繁栄を達成したリー・クアンユー前々首相の言葉によると「人の行動の80パーセントは遺伝で、20%が教育で決まる」という考えを持っていたそうです。両親とも大卒者ならば、遺伝的に優秀な子が生まれるという考えのもと、「大卒女性が大卒男性と結婚して優秀な子供を産むのは国民の義務である。」と述べたそうです。

1965年にシンガポールが独立した際、人口150万人、面積は日本の淡路島ほど、天然資源もなく、農業生産も漁業生産もほとんどない都市国家を、政治的・経済的に生き残らせるには、人的資源を最大限活用するしか道はないとした中での政策のひとつだったようです。

こんにちのシンガポールの力強い経済発展を目にすると、人材育成に注力した政策は間違っていなかったと思います。
行く度に、この国の勢い、元気を実感しますし、GDPの年成長率も平均5%程度を維持しています。

とは言え、私はシンガポール人ではないので堂々と言っちゃいますけど、人の行動の80パーセントは遺伝という考え方には賛成しかねます。

私は、人の行動の80パーセント以上は感情と決意で決まると思います。
80パーセントという数字は単なる感覚なのですが。少なくととも後天的な要素が遺伝的要素を上回る力を持っていると信じたいですし、その方が夢や可能性があると思いませんか。

このテーマ、後日もう少し掘り下げたいですが、今日はこのへんで。

I'm reading a book "Singapore, a nation of keen brains". According to its first PM; Lee Kuan Yew, "80 percent of person's capability is genetic. 20 percent was what was learned to be what (s)he is." He thought if both parents are university graduates, their babies are academically excellent. Based on his belief, he said "As an obligation of Singaporeans, women with university degrees are obliged to produce excellent babies by marrying to men with university degrees."

When Singapore declared its independence in 1965, its population was only 1.5MM, its land was as large as Awaji Island. There was no natural resource with little agricultural production and fisheries production. To make this city-state survive politically and economically, the leader thought the only way was to make maximum use of human resources.

Looking at today's economic prosperity of Singapore, no one would deny the legitimacy of national policies based on the focus on human resources. I feel strength and energy of this country whenever I visit there. Its average annual GDP growth keeps around 5%.

However, since I'm not a Singaporean, I can dare to disagree to the idea of "80% genetic, 20% education".

I believe more than 80% of human behavior is driven by emotion and determination. The number 80% is just a guts feeling without any evidence at all, but I believe acquired factors outweighs inborn factors at least. Doesn't it make you believe bright possibilities and futures?

I will write more about this later.



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kobewindy | 2012-08-13 21:59 | My Thoughts

ラタトゥイユとピーマン Ratatouille and Bell Peppers

夕食にトマトを4つ使ってラタトゥイユを作りました。
オリーブオイル、ニンニク、茄子、マッシュルーム、ズッキーニ。
オリーブオイルとニンニクをたっぷりめに入れるのと、茄子の皮をむくのがコツ・・・という母に教わったレシピです。
ニンニクの香りが食欲をそそり、茄子は皮をむくとツルっとたくさん食べられます。
熱々でも、冷やして食べても美味しい夏向きの献立ですねー。

これは私の得意料理なのですが、そう言えば「私の得意料理はラタトゥイユです。」ってアメリカ人の彼に英語で伝えるのに以前苦心しました。

"My speciality is ratatouille."のラタトゥイユの発音が難しくて・・・。

外来語の扱いってけっこう難しくないですか?
私はピーマンって、カタカナなので英語だと思って "Let's buy some Pea-mans" とか言ってみてもぜんぜん通じなくて、正しくは Bell Pepper だったんです。(汗) ピーマンはフランス語由来だったんですね。

みなさんも何か「えーそうだったの?」という経験ありませんか?



I cooked ratatouille with four tomatoes for dinner. Besides tomatoes, it's made of olive oil, garlic, eggplants, mushroom and zucchini. It's good to put a lot of olive oil and garlic because it increases appetites. Also, it's better if you remove peel of eggplants because it enhances smooth texture which helps us eat them a lot. My mother told me this trick. This menu fits summer because you can enjoy this both hot and chilled.

This is a sort of my speciality menu, but it was not easy to tell this to my American boyfriend. It was hard for me to pronounce "ratatouille" correctly in English.

Isn't it hard to handle words of foreign origin? For example, bell peppers. We call it "Pimen" in Japanese, so I thought it's English, but it turned out to be French. I kept saying "Let's buy some Pea-mans", but he never understood me! It took some time before I learned that it's called bell peppers.

Do you have such kind of experience?


c0242063_2110945.jpg


c0242063_21102976.jpg


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kobewindy | 2012-08-06 21:14 | Communication