アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Leaving for a new place

これからUSに出発です。
これから訪ねる州は生まれて初めて行く土地。
初めての土地は特にわくわくします。
旅するときの体感覚が好きです。
いつもより少しだけ五感覚が鋭くなったような気がして。
いつもと違う視覚情報が入ってくるからでしょうか。
単に田舎者なだけかもしれませんがw

I’m leaving for US for a vacation. The state I’m visiting is new to me. I get excited especially when I visit new places.
I also love this kinetic sense when I travel. I feel my five senses a little bit more enhanced than usual. I guess that’s because different visual information is coming in. Or maybe it’s just because I’m a provincial.

c0242063_16213541.jpg

[PR]
by kobewindy | 2012-04-30 16:22 | Travel

幸福とは? その2 What is Happiness? Vol.2

前回のブログで「男はとんがらし」「炭水化物・ビタミン・タンパク質・酵素など必須栄養素がないと人は生きてけないが、とんがらしがなくても立派に生きていけるし、幸福になれる。」という独身女性の勝手な仮説を立ててみました。

負け犬の遠吠えと言われるかもしれませんが・・・
幸福は勝ち負けで決まるものではないですから、ね?

「では幸福の必須栄養素は何か?」を今回考えてみたいと思います。

一つのヒントは、先日読んだ本、グレート・リセット

「誰でもかならず、得意な分野があるし、クリエイティブな輝きを持っているし、それを発揮するチャンスが訪れれば、人生においてそれに勝る満足感や達成感はない。」(p.284)

そして、アブラハム・マズローの欲求五段階説。
欲求5段階説の図はこちら

これによりますと、人間には生存(基本的ニーズ)、安全と安心、社会への帰属、承認(自尊心)、自己表現(意味)があります。そして、高位の欲求は低位の欲求が満たされて、初めて満たすことができると主張しました。ところがこの欲求のピラミッドに関し、自身もクリエイティブな人間だったマズローは、晩年は昔の説を後悔し、あのピラミッドはさかさまにするべきだったと語ったいうことです。逆さまにしたら自己表現が最底辺に置かれ、すべての人間の最も重要な欲求ということになります。

そういえば、低次の欲求が満たされなくても高次の欲求に向かう例は無数に存在します。

例えば、( だいぶ話がでっかくなるのですが )インド独立の父、ガンジーの行動。安全や生理的欲求よりも、インド独立の夢の実現を優先させたのです。

アフリカ系アメリカ人の公民権運動の旗手、ローザ・パークスはどうでしょうか。公営バスの運転手の命令に背いて白人に席を譲るのを拒み、 人種分離法違反のかどで逮捕されました。安全よりも優先したい大切な信念があったのです。有名人だけではありません。みなさんもお金や安定を犠牲にして、大切なものを死に物狂いで取りにいった経験はありませんか。

もちろん欲求の強さ、優先度は、その時々の環境、個人個人の性格や状態によりは変化します。でも、クリエイティビティや自己表現の重要性は、今までちまたで認識されてきたよりも、高いものではないでしょうか。

日本の教育システムが、創造性の発揮や自己実現よりも、人々を安全・安心つまり安定志向に向かわせてきたのではないか、と。良い大学を出て安定した大企業に入るのがあたかも幸せなような。

でも「安定」は幸福のための必須栄養素ではないかも、と思うのです。
最低限の、ある程度の安定はあるに越した事はないし、もし子供がいたらある程度の安定収入は確保したいところですが。

=====================
「男はとんがらし」の検証は vol.3へ続く。
今日は英語はお休みデス。
=====================
[PR]
by kobewindy | 2012-04-29 21:47 | My Thoughts

読んだ本のこと: Get The Life You Want

Get the Life You Want was written by the Co-founder of NLP, Richard Bandler.

NLP; Neuro-Linguistic Programming is a study and search for the construct of human experience. It is also a tool of self development and communication, and attitude to be able to change.

I took a NLP course for four month 2 years ago, and learned various NLP techniques by practical exercises in the classroom. This book was introduced by the teacher Terumi-sensei. She is a wonderful and excellent instructor. I recommend this book because it is very comprehensively written by Mr.Bandler by introducing his various experiences of NLP practice.

I suddenly remembered this book when I was talking with my boyfriend. He is very concerned about his friend who is very sick. I think the chapter of "GETTING THROUGH - Recovery" is very good.

Get The Life You Want (2008 HaperElement)は、NLPの創設者のひとり、Richard Bandlerの著書です。

NLP( Neuro-Linguistic Programming = 神経言語プログラミング)とは、人の体験の構造を探求する学問で、自己開発のツール、コミュニケーションのツール、人は変われるという「あり方」です。
私は2年前、4ヶ月その初歩コースを受講し、様々なテクニックを体験しながら学びました。
この本はそのとき講師のTerumi先生に教えていただきました。大変素敵な優秀な先生です。
BandlerがNLPを実践する中自ら体験した事例がわかりやすく紹介されていておすすめです。

実は、ボーイフレンドのお友達が重い病気にかかっているという事でその話をしていたとき、この本に病気の回復についての良い示唆があったな、と思い出しあらためて読んでみました。

<今日の付箋> Today's My Bookmark
GETTING THROUGH - Recovery (p.98)

The art of getting through is about being able to have determination. It's also about being able to have the right briefs.

When I was in the hospital after I had a stroke some years ago, I was taken to the emergency ward. There was a medical doctor and as I was taken off towards surgery. He put a hand on either side of my face and said to me, "Can you hear me?" I remember looking up at him and heard blurry to me as the sedatives were setting in. I said, Yes and he said "No matter what anyone says to you, no matter who they are, I am telling you, you can make a full recovery."

It stuck in my mind because it wasn't more than a few days later, that the first person came to me and told me that I had a stroke and that the stroke would paralyze me for the rest of my life. Then, I heard what the doctor had said to me "No matter what anyone says to you, o matter who they are, I am telling you, you can make a full recovery."

The truth is that it happens all the time. Even with the worst strokes, they can't explain why some people recover and some don't. i know that happens to you, it seems overwhelming and impossible, like you will never be whole again, but this is the time to build up a big belief in what you can do. Remember doctors, psychiatrist, nurses or your relatives are not psychic. They can't predict the future. No one can tell you what you can't do.
. . .
Whether they decided I was never able to walk again, I decided I was going to be able to walk. I would focus every fibre of my soul in being able to first move my toes and then my feet and then my knees, and then being able to stand and then being able to walk.
. . .
If you tried to open a door, it means you didn't really open it, but if you tired with every fibre of your soul, you would be surprised what you could do. When you become fully determined and when you only measure the degree of success that you get, you would be amazed at what's possible.

<My thoughts>
This experience of Mr, Bandler represents how briefs play the crucial role in our minds. For that reason, I am so angry about the doctors who told the friend of my boyfriend, "You cannot live another 10 years because there is no cure for your disease."

They don't have right to determine her life span. That kind of negative prediction does not help her at all. She is only in her early 40s, still young and has right to live happy life for the next 40 years or even more.


I don't know her, but I want to say, "Don't believe what your doctor says. You can make a full recovery."

By the way, another NLP technique that may help her is "WELL-FORMED-GOALS".

1. Well formed goals are stated in positive. For example, "I want to be rich", rather than "I don't want to lose money." Positive form is good because neurology is not able to handle negation "Not". So she could say "I will be cured", rather than "I won't be defeated by the disease."

2. Well formed goals are initiated and maintained by individual. To create highly achievable goals, you want to maintain things yourself. For example, rather than dependent on the others like "If my husband is happy, I am happy", "I am happy when I do (something)". In her case, rather than "I'll be happy if I can make my mother happy.", I want her to be truly happy by doing what she really loves.


<今日のメモ>
このバンドラー氏の体験は信じることがいかに大切かを示していると思います。それだけに、彼女のドクターが「よい治療法が見つかっていないから、あと10年生きられないだろう」などと伝えたという話に怒りを覚えます。ドクターに患者さんの寿命を決める権利があるのでしょうか。そんな告知が彼女に役に立つとは思えません。まだ40代はじめですから、あと40年、いやもっと長く幸せに生きる権利があるのです。

彼女と直接知り合いではないのですが、「お医者様の言う事は信じないで、完治すると信じて!」と言ってあげたい気持ちです。

NLPの技術「ゴールの有効な設定のしかた」も役に立つかもしれません。

1. 肯定文で語る :
「お金を失いたくない」というような否定文ではなく、「お金持ちになりたい」と言った方が有効だそうです。神経は否定文を扱うのが苦手なようなので。「病気になんて負けないわ。」と言うより「完全治癒したい。」と表現した方が強力なゴールになります。

2. 自己完結型で語る :
「夫が幸せなら私も幸せ」という自分以外の状態に左右される形ではなく「私が〇〇であれば私は幸せ」というような形です。「お母さんを少しでも幸せな気持ちにできたら私は幸せ」・・・というより、彼女が一番好きな事をして自身がハッピーでいて欲しいと思います。






[PR]
by kobewindy | 2012-04-28 15:27 | Books

幸福とは? その1 What is Happiness? Vol.1

しばらく前のこと。友人Tちゃん(♀)と、おいしいタイ料理食べながら幸福と恋愛の関係について話し、大いに盛りあがりました。

二人の結論は:
「愛情は幸福の絶対条件ではない」
「パートナーがいなくても人は生きてゆける」
「男はとんがらし」

つまり異性は人生に彩りや刺激を与えてくれる存在。あれば、とっても素晴らしい。
タイ料理やイタリア料理にふりかけると、ますます美味しくなります。とんがらし偉い。

でも、「唐辛子がないと生きて行けない」ってことはないです。
主食やビタミンや、酵素がないと人は生きていけませんが。

Tちゃんも私もシングル生活を満喫中だったので、この結論に落ち着いてホッとしましたー!!

それでは、炭水化物とかビタミンとか、酵素など必須栄養素は、心の何に当たるのでしょうか。
その考察は、Vol.2へ続きます。

当座、私の理性はこんな結論を出したわけです。
「香辛料などの刺激物はほどほどにし、心にとって大切な必須栄養素をきちんと摂取すべし。」

どころが、心は理性が出した結論にいつも従うとは限りません。
私、今微笑みが止まりません。
間もなくとんがらしと久しぶりの休暇を過ごすからです。
香辛料ごときの存在にそんなに鼻の下を伸ばしてどうする、私! ←怒
香辛料ごときが、猫にマタタビみたいな存在になってしまっているのです。(猫=私、マタタビ=彼)
Tちゃんと語り合ったときの、あの大人の余裕はどこへ?

人の心の動きって本当に不思議です。
私、人の行動を駆り立てるものに常々興味があり、このブログでもアホな自分を観察しつつ、文献も参照しつつ、いろいろ考察してみるつもりです。
「とんがらし理論」が普遍性をもったアイデアとして成り立つのか、もうちょっと考えてみようと思います。
とりあえず今日はこのへんで。


Sometime ago, I had a nice discussion with my female friend T-chan over good Thai food. Our main topic was the relationship between happiness and love.

Our conclusion was:
"Love is not an essential condition to be happy."
"People can live without partners."
"Men are like chili peppers."

Men gave color and hot stimuli to the lives of women. If you have chili peppers on your meal or your life, it will be wonderful. If you sprinkle red chili peppers over the Italian food or Thai food, the food will becomes more and more delicious. Chili peppers rock!

However, it will not be the case where you think "I cannot live without chili peppers." Human cannot live without eating a carbohydrate, vitamins or enzyme. But we can live without spices.

T-chan and I were so relieved to have come to this conclusion because we both enjoyed the life of bachelors so much!

What are the essential nutrient in our mind? I will write about it next time in Volume 2.

At that moment, my rational state of mind came to the conclusion like this:
"One should keep in mind to take the essential nutrient. Don't take spices too much, which is not essential."

However, the problem is that hearts do not always follow the reasons.

In fact, I cannot stop smiling because I'm going to spend my vacation with my "chili pepper" soon. I'm confused about me because I'm irrationally spooney on the man, who is supposed to be just a spice. What is supposed to be just a spice became a valerian to a cat (meaning me equals to a cat, and he equals to a valerian.) Where is the classy & adult-like attitude of myself when I had a conversation with T-chan?

I am amazed by the changes of emotions. I am always interested in what drives human behavior. In this blog, I will try to make my ideas in shape by observing foolish myself and referring to some literatures.


にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-04-28 00:18 | My Thoughts

ノマドワーカー Nomad Worker

今週から同僚のP君(プログラムエンジニア)がシンガポールからメルボルンにお引っ越しし、メルボルンから遠隔でウェブサイトの更新や新規開発をやってくれています。今までも神戸とシンガポールで遠隔でお仕事してきたので、私にとっては同じ事ですが。フィリピン出身の彼がシンガポールを2年間満喫後引っ越したのは、子供たちをオーストラリアでのびのびと育てたいって事らしいです。手に確固たる職を持っていると世界中どこでも活躍できるんだなーと羨ましく思います。
彼のような人のことノマドワーカーって言うのですかね。
プログラムエンジニアはコンピュータとネットワークさえあれば、どこでも仕事できちゃいますもんね。
私のようなプロジェクトリーダー職も、特にずっと日本にいなくてもなんとかなったりしなくはないのですが、やはりクライアントと顔をつきあわせて打ち合わせしたい事もけっこうあるのでちょっと厳しい感じです。いいな、P君。

My colleague Pat**** (a program engineer) moved from Singapore to Melbourne this week. He continues to work on the website management and new program development for our team remotely from there. Since he and I have been working as a term together between Singapore and Kobe, it's not that much different anyway. Pat**** who is originally from the Philippines left Singapore because he said he wanted to bring up kids in relaxed environment in Australia.

I envy him because he can work anywhere in this globe for his solid professional skills. I think this kind of style is so-called "Nomad worker". Program engineers like him can work anywhere as long as there is a computer and the network.

A profession like mine; project manager, does not necessarily have to be in Japan always. But it may be a bit different from the engineers since coordinators have to have meetings face to face with clients. Nice choice and I'm a bit envious, Pat****.


にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-04-26 23:27 | Nomad ノマド

Kindle Fire

Kindle Fire (US版)を買いました。
c0242063_2253760.jpg
来週USに行くので配送先はUS在住のボーイフレンド宅宛にしました。
私はすでに e-inkの Kindleも持っているので、「また買ったの?」と彼にはあきれられる事必至ですが、ちゃんと理由があるのです。バックライト式のKindle Fireと e-ink式のKindleは用途が別なんです。
前者は海外の雑誌や新聞を読むため、後者は本を読むためです。iPadの経験から、バックライト式の端末で長時間読書をするのは目にきついと感じました。ただ、雑誌などビジュアル豊富なものは e-inkの電子書籍には向きません。

I've just bought Kindle Fire of US version. I made a shipping address to my boyfriend's house since I'm visiting there next week. He would be appalled at me saying "You bought this thing again?" because I have already got another Kindle with e-ink, but I have good reasons. I will use two Kindles for different purposes. The back-lit Kindle is for reading magazines and newspapers, and e-ink Kindle is for reading regular books. From my experience of reading with iPad, I realized the back-lit screen is not suitable for readings for long hours. It's too glittery. On the other hand, e-ink Kindle is not suitable for media with plenty graphics such as magazines and some newspapers since it's black and white.

「グローバルな環境で働く者として、日本が海外メディアでどう報道されているか知っておく必要がある。」
師匠から以前このようにアドバイスされたのがきっかけで、海外の新聞など時々目を通すようになりました。
東関東大震災と原発事故の海外メディアの報道を見て気づいた方も多いと思いますが、日本のメディアで放送されない事実、というのが現に存在します。
また、報道する視点が当事者とは違います。日本のメディアが津波の映像を恐怖と悲しみと共に伝えている時、海外メディアは「いつ復興するのか」という点に早々と焦点を当てていました。

"People in the global environment have to know how Japan is described and reported by foreign media." said my master. Since then, I started checking foreign newspapers occasionally. Many of you may have noticed how foreign media reported differently from that of Japan when we faced the massive disaster of 3.11. There are facts that Japanese media do not report. Another difference is the objectiveness of perspective in reports. While Japanese media reported the Tsunami visuals with fear and sorrow, foreign media started to focus on the question "When can Japan recover from this damage?"

「日本をどう表現してアピールするか」という際、日本が諸外国からどう受け止められているか頭に入っていると、語りやすくなってきます。

世界を見る必要性は、もはやグローバル環境で働いているか否かにかかわらず必要と感じます。
日本の企業で日本の消費者向けにビジネスをしていたとしても、グローバル経済に何かしら影響を受けているからです。

世界を見ようとか言うと自分の国を良く知る方が先でしょ、と批判されるときもありますが、それは違います。いろいろな違う視点を知る事で日本の良さに気づき惚れ直す事も多々あるのです。

I believe it will help me to think how to publicize Japan or how to express the strong points of Japan if I know how Japan is perceived by other countries differently. It is imperative that we view things with global perspectives whether we are in the global environment or not. Like it or not, even if you are working for a Japanese corporation for Japanese consumer, your business is under the influence of global economy.

When I said "Let's think global", some people used to criticize me by saying "You have to see your own country first", but that's not always right. If you see things from different perspectives, you can see Japan more clearly and sometimes you may fall in love with your own country again.


にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-04-25 22:56 | Communication

読んだ本のこと: ザ・グレート・リセット The Great Reset

良い本を読みました。
『グレート・リセット―新しい経済と社会は大不況から生まれる』リチャード・フロリダ(2011.1月, 早川書房) 

I read a good book; "The Great Reset - How New Ways of Living and Working Drive Post-Crash Prosperity." (2010 April, Harper)written by Richard Florida

<Amazonの本の概要説明から引用 > Quote from Amazon.com's book description.

We tend to view prolonged economic downturns, such as the Great Depression of the 1930s and the Long Depression of the late nineteenth century, in terms of the crisis and pain they cause. But history teaches us that these great crises also represent opportunities to remake our economy and society and to generate whole new eras of economic growth and prosperity. In terms of innovation, invention, and energetic risk taking, these periods of "creative destruction" have been some of the most fertile in history, and the changes they put into motion can set the stage for full-scale recovery.

1930代の世界恐慌や19世紀後半の長期不況などの長引く不況を、われわれは危機と苦痛という観点で見てしまう。だが歴史をひもといてみると、そういった危機は経済と社会を新しい成長と繁栄を新たに生み出す機会にもなっていることがわかる。イノベーション、発明、勢力的なリスクへの取り組みという観点から見ると、「創造的破壊」の時代は歴史の中でも最も肥沃な時代であり、そこで生まれた変化は全面的な回復へ向けての土台になったとも言える。

<今日の付箋> My Today's Bookmark
(この表現はお友達の青山ネリマさんの書評ブログをマネしたものです。 )

今回のリセットは、過去2回のリセット(1870年代と世界大恐慌)よりさらに社会の奥深くにまで影響を与えるものになると思われる。私たちは経済の根本的かつ力強い変化を生きている。新たな社会は、これまでの産業システムとはちがって、次第に知識、創造力、アイデアによって動かされるようになる。

This great reset will probably deeply impact on our society even more than the previous two (1970s and the Great Depression). We live in the middle of fundamental strong changes of the economy. Unlike the conventional industrial systems, the new society will be gradually driven by knowledge, creativity and ideas.

ごく簡単でだれも否定できない第一の原則は、すべての人間はクリエイティブであるという点だ。「人々の才能、組織、地域、企業の潜在能力を、どのようにしたら最大限に引き出せるのか」どのうような努力を傾けるにしても、いかなる政策を取るにしても、これが基本的な尺度だ。だれもがうまく絵を描けるわけではないし、小説を書いたり映画を取ったり、シンフォニーを作曲したり、あたらしいソフトウェアを開発したり、省エネのシステムを構築したり、新しいバイオテクノロジーを発明できるわけではない。だが、だれでも必ず得意な分野があるし、クリエイティブな輝きを持っているし、それを発揮できるチャンスが訪れれば人生においてそれに勝る満足感や達成感はない、経済成長の基本は、だれもが持つクリエイティブな能力をフルに活用することだ。 p.284

The simple and undeniable prime principle is this: Every human being is creative. "How can we bring out fully people's talents, potential abilities in the organizations, areas and corporations?" No matter what kind of effort we make, no matter what kind of policy we make, this will be the prime scale. Not everyone can draw good pictures, write novels, shoot movies, write symphonies, develop new softwares, engineer new ecological systems, or discover new biotechnologies. But, everyone has a field that is good at, has brightness of creativity; therefore, if there is a chance to perform it in one's life, it is going to be the greatest satisfaction and fulfillment of individuals. The basics of the economic growth reside with the activities to fully leverage the creative abilities that everyone has.

<今日のメモ>
示唆に富んでいるアイデア。
ですが、この本に書かれている具体例は北米の話。日本はどうリセットし、立ち上がって行くべきなのか考えなくてはなりません。
クリエイティブな能力が必要となる点は共通しているのではないでしょうか。
高級車、ブランド、住宅 --- 大型消費時代を牽引してきたカテゴリーは日本でも売れなくなり、消費者は経験型の消費にシフトしてきていますので。

この著者のアイデア、勇気づけられます。
チームで仕事をしているとき、前例がない事も「やってみよう」「技術的なカベをどう工夫して乗り越えられるか考えてみよう」というポジティブでクリエイティブなエネルギーが満ちてくることがあります。何かを創り出そうとするとき、それは人が最も輝く瞬間のひとつであり未来のカギを握っているように思います。

The book is full of interesting ideas. But, the examples in this book is about mainly North America. We have to think how Japan should reset and rebuild. At least, I think it is common in Japan, too in terms that creative abilities are going to be needed more than before because consumers are shifting to the experience type of consumptions rather than purchasing the conventional categories that had led a large consumption such as luxe automobiles, brand name goods or houses.

I was quite encouraged by the idea of this author. When I work with my team, I sometimes feel positive creative energies amplified when the discussion heats and people say "Let's try it!" "Let's see how we can devise ways to break through some technical limitations" and such. When we create something, it is surely one of the most wonderful moments of life, and that is the key for our success in the future.

[PR]
by kobewindy | 2012-04-24 23:44 | Books

次に生まれてくるときは…. When you are reborn…

もしも生まれ変わるとき性が選べるとしたら、男がいいですか? 女がいいですか?
私、これよくお酒の席などで良く投げる質問なのですが、今までの男性の答えは100%、「男」でした。女性の場合は7割くらいが「女」でした。

みなさんもまわりの人に聞いてみてください。
国や地域によって差が出るものなのかも知りたいです。
日本が特に男社会ってことなのでしょうか。
今度ほかの国籍の人にも聞いてみようと思います。

男性が「来生は女性がいい」と言ったらゲイと勘違いされるかもしれないからでしょうか。
女性は生理や出産が大変だからでしょうか。

ちなみに私は次回は男に生まれてきたいです。
生まれてこのかたずっと女性の人生満喫してきたので(ってまだまだ続きますが)、来世は男性も経験してみたいな、と。
ただし、背が高いことが前提です。
男性の場合、女性が美しくあるように背が高いことで得することが多いらしいので。

ちなみに私はわりと背が高いためか、背の低い男性からはあまりモテません。
標本数1で断言するなって言われそうですが、小柄な男性は小柄な女性を選ぶ傾向にあると思いませんか?
なので女性の場合は、背が低めの方が選択肢が広がり、男性はその逆である傾向はあると思います。
また、ある調査によると、出世と身長には正の相関関係があるそうです。
もちろん、愛と出世だけが幸福のカギではありませんけど。幸福と言えば、今面白い本を読んでいます。それについては、また次回。

If you can be reborn after your current life and if you can choose your gender, which would you choose, male or female? I pose this question sometimes at drinking parties. 100% of male polled answered "I would choose male." so far. 70% of female answered that they would choose female.

If you have a chance, can you ask your friends? I want to know whether there are any propensities by countries and regions or not. Is this because Japanese society is male superior? I will ask more people with different nationalities.

If a male answers "I want to be a female next time", does he afraid that he is mistaken to be a gay? Why don't men want to be live as female? Due to the penance of baby delivery and menstruation?

I want to be a man next time if I will be born again. I have been appreciating my life as a woman ( and it will go on and on), I also want to experience a life as a man, too. But, I definitely want to be a tall man because there seems to be a lot of benefits for being tall as female has benefits of being beautiful.

By the way, I'm relatively tall for a woman, and I don't tend to be pursued by short men. OK, you would say, don't come to a conclusion with too little sample size. You are right, but in general, short men tend to choose short women, don't they? In that sense, I think short women have more choice of men, and vice versa. Furthermore, according to a survey, there is a positive correlation between height and success in organization. Of course, love and success in an organization may not be the only factor of happiness. Speaking of happiness, I'm reading an interesting book. I will write about it next time.

[PR]
by kobewindy | 2012-04-24 21:29 | None of the above

読んだ本のこと: Simple Lifestyle

シンプルなライフスタイルを提案する本について。
私はすっきりしたインテリアが好きなのと、移動が多いライフスタイルのため身軽でありたいので、この手の考え方が好きです。
These books introduce the idea of simple lifestyles. I like this kind of ideas because I love neat & simple interior designs and because I always want to be nimble and light for my lifestyle with occasional travel.

「一捨一楽」でストレスがどんどん消えていく
c0242063_12542174.jpg


部屋や情報、事柄などを整理し生き方に調和をもたらそうという考え方に基づき、整理しいらない物や情報を捨てるヒントが書かれています。

なるほど、と思ったポイントは、「情報を捨てる行為は必要なものと要らないものを取捨選択する活動である」という点です。

捨てたり整理したりすると気持ちがラクになるのは、取捨選択という意思決定がからむからなんですね。「この情報はいらないから手放そう。これは大切だから留めておこう。」自分の方向性がはっきりしてモヤモヤから解放されるかということなのではないでしょうか。

Ichiro Kamoshita "Your Stresses Are Going Away by Throwing out and Becoming Easy"

Based on the idea that one can have more comfortable and harmonized life by organizing the room and things, the author writes various hints to throw away unnecessary things and information.

I saw a good point where the author writes: "The act of throwing out information means choosing what you need and what you don't need."

Indeed, I could find my feelings lighter after I throw out or organize things. I think that is because it involves decision-making - by sorting out what you need or not. "I will leave this information since it's unnecessary anymore. I will keep this since it's important." That kind act will release your heart from misty states of mind since your direction is clearer than before.


シンプルに生きる ( ドミニク・ローホー著 幻冬舎 2010 )
c0242063_12534864.jpg


禅にも影響を受けた、この人のシンプル主義は徹底しています。
「身の回りに置くものは、大好きなものだけにする」
「ほどほどにお気に入りだったのものは処分し、完璧なものに取り替えること」

私はなかなかここまでは徹底できていません。
このまえ買った一人がけソファも、一番欲しかったのはロイズのアンティークは27万円もするので予算オーバーで、KEYUCAでオットマンとセットで5万円弱のものを選びました。
でも、著者の基本的な考え方は好きです。

「クローゼットの奥に大切にとってある昔の思い出の数々は、あなたを幸せにしてくれていますか?」(p.23)
この言葉が気になり、クローゼットを先日整理しました。

親戚の方から頂いたものなどは、全く使ってなくてもなかなか捨てられないのですが、さすがに15年間一度も使わず、今後使う見込みのないものは処分しました。15年間は大事に保存していたという事実と、プレゼントしてくださった優しい気持ちは今後も心の中に保存しておこうと思います。

Dominique Lereau "Living in Simple"

Her principle of simplicity that was also affected by Zen is something very thorough.
"You put only something you love around you."
"You abandon something you so-so like and replace with perfect things."

I cannot do this much. When I bought a sofa recently, though I really liked the one at Lloyds antique store of JPY 270K which was over my budget, I gave up. Instead, I bought a set of Sofa and ottoman that cost me less than JPY 50K. But I like the basic way of thinking by this author.

"Do your old memories that are deep in your closet make you happy?" This phrase clicked me, so I organized my closet recently.

I usually cannot throw out things given by relatives even though I have never used them. But I disposed some of them that I have not used for 15 years and unlikely to use in the future. I will keep a sweet memories, though : Their kind intention of sending me gifts and the fact that I have kept it for 15 years.

[PR]
by kobewindy | 2012-04-22 12:55 | Books

New Sofa

I bought a new sofa and lamp to make a book reading space in a corner of my living room. I love reading books in my bed, which is very comfortable, but the drawback is that I tend to fall asleep so easily!

新しいソファとランプを買って、リビングの角に読書スペースを作りました。
ベッドで本を読むのも素敵ですが、すぐに眠くなってしまうのが難点ですので。
c0242063_1084636.jpg

にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-04-22 10:12 | None of the above