アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

華氏摂氏  Fahrenheit and Centigrade

私、摂氏(℃)と華氏(°F)の変換が苦手です。

ちなみに式は:

摂氏(C)から華氏(F)への変換 = 9/5 x C + 32
華氏(F)から摂氏(C)への変換 = 5/9 x ( F - 32 )

距離や重さと違って、+ - 32 があるので、頭の中で一発変換するのがちょっと難しいです。
これは、摂氏(C)の氷点が0度であるのに対し、華氏(F)の氷点が32度であるためです。
華氏を設定した人は、なぜ氷点を32度というー中途半端な数字にしたんでしょうね?

華氏の国の人に「今 95度もあって超暑いんだよ〜」と言われてもどれくらいの暑さなのか一瞬ではわかりません。
32引いてから 5/9しなければなりません。

暗算しようとすると時間がかかってしまうので、iPhoneアプリで変換しています。
「えー、華氏95度といったら摂氏 35度ではないの〜、そりゃ暑くて大変だね!」とリアクションまでに時間を要します。
c0242063_2030428.jpg

「今日も0度以下なんだよね(華氏)。 Brrr (ブルル)」と言われた場合、32を引いてから 5/9 を掛けるので、だいたい摂氏マイナス -18度になります。そりゃ極寒だわ。ブルル。
c0242063_21205471.jpg

海外経験が長い人は、華氏摂氏それぞれでどれくらいの温度なのか体感覚でつかんでいるのでしょうか。私はその経験的な感覚、乏しい状況・・・

いろいろな国の人とコミュニケーションを取るとき、違う環境の相手の立場になってみよう、という意識は特に大切かなと思う今日この頃。

「今こっちは午後だけど、日本は朝5時半だから、君は暖かいベッドですやすや眠っているのだろうな。」
などと優しい人がメールに書いてくれると、嬉しくほんわかした気持ちになります。

相手の立場が想像ができないと、アメリカのオフィスから、日本時間の深夜零時スタートの電話会議の招待が来たりします。
さすがにその時間はなぁー。
「そちらの朝9時は、こちらの深夜0時なのでキビシイです。眠いです。緊急でなければ別の時間帯にお願いします」とお返事しちゃいます。

「君はすやすや眠っている時間帯」というところまでイメージでがきなくとも、海外のスタッフと電話会議の設定をするとき「相手の国ではだいたい何時かなー?」と一瞬思いめぐらしてくれないもんですかね。

UKの人に"Let's have a chat at 4 PM"と言われたとき、"4 PM in your time?"と聞いたら、"No, China time."という返事が返ってきたときは、「お、惜しい!」と思いました。
アジアの時間帯で会話してくれたのはとても嬉しいけど、日本にいる私に中国の時刻かぁ。
もちろん即OKしましたが。
UKから見ると、中国と日本ってすごく近いイメージなんでしょうか。

そんなこんなで、時間帯を決める話をするときは相手の国の時間で伝えるようにしています。相手に期待するのであれば、自分が先に行動しなきゃね。
いろいろな国の人とやりとりをしていると、ほんと勉強になります。


---------------------------


I am not good at converting from Centigrade (℃) to Fahrenheit (degree F) and vice versa.
Formula is:

Conversion to Fahrenheit (F) from Centigrade (C) = 9/5 x C+ 32
Conversion to Centigrade (C) from Fahrenheit (F) = (F-32) x 5/9

Unlike distance and weight, since there are + - 32 before or after multiplication, it is slightly difficult to do a mental calculation immediately.

This is because the freezing point of Fahrenheit (F) is 32 degrees, while the freezing point of Centigrade (C) is 0 degree.

Why was the freezing point of Fahrenheit set to 32 degrees, which is not nice round number?

When I was told by the person of the country of Fahrenheit "It's extremely hot, 95 degrees now!", I did not understand how hot it was instantly. After subtracting 32, it has to be multiplied by 5/9.
I sometimes use iPhone apps. "Wow, that is 35 Centigrade degrees! That's really hot!"

Another day, he said "It is 0 degrees (Fahrenheit) here. Brrrr!!" So, zero subtracted by 32, and then multiplied by 5/9. It gives you minus 18 degrees in Centigrade. Wow, it is super-cold! Brrrr!!
c0242063_21205471.jpg

I guess people with a long overseas experience have a sense of temperature in both units by experience. Not me, though.

I became to think when you communicate with people from different countries, it is important to put yourself in someone's shoes.

Once in a while, a sweet man in the US wrote me in his email, "You must be sleeping peacefully in your warm bed now since it is 5:30 in the morning in Japan although it is in the afternoon here." I was so touched by his words and became a kind mood.

In a situation where an imagination hardly work, one might invite another to an overseas conference call; which turned out to be 0:00 AM; midnight in Japan Standard Time.
Hmmm.. that's a bit hard to attend.

So I have to decline the invitation by writing "Since 9:00 AM in your time will be in the midnight here, it is a bit hard. I will be very sleepy by then. If it's not so urgent, could you set up a call in a different timing?"

I'm not asking colleagues to imagine like "you must be sleeping calmly", but at least can they think one moment what time the starting time of the call will be before sending an invitation to oversea staff?

I was once told from UK staff "Let's have a call at 4 PM tomorrow." So I asked "4 PM in your time?". His answer was "No. China time." I OKed immediately, but I thought "Almost. Nice try!". I was glad he gave a time of Asia, but why China, not Japan? I guess from someone's view from UK, China and Japan are very close.

After that, I started to tell the exact time in a time zone of the country where the other person is based in when I set up a timing of conference call. If you expect something from the others, I think you have to go there first.
I'm learning many things by communicating with people from various countries.

[PR]
by kobewindy | 2012-02-25 23:04 | Communication

うまく伝えるには / How to communicate effectively

ある英語言語学者の方とお話していたら、英語の語彙はだいたい20万語ぐらいで、私の場合、会話の内容と読んだ本から判断して、7万語くらいではないかと言われました。

私の英語はいわゆる「ビジネスレベル」。海外経験が少なく、日本での学習や読書で英語を習得したタイプ。
日常会話や普段のお仕事での英語はOKなのですが、スラングや高度な駄洒落があまり理解できず、ネイティブとは落差があります。
ネイティブ同士が冗談を言いながらナチュラルスピードで四方山話をし始めると、その会話に取り残されるケース多し。

私に不足している13万語の語彙力の問題もありますが、会話はスポーツと同じで、日常的に鍛えてないと、そんなにカツゼツ良くポンポンしゃべれるもんでもないという気もします。

どうしたらいいかというと、
■実践で会話する機会を増やす
■語彙力を増やす

・・・が考えられますが、私の年齢であと13万語も語彙を増やすのはあまり現実的でないような。
その言語学者さんも「語彙を増やそう」と単語帳を覚えるというより、読書などインプットを増やすのが良いのでは、と言っておりました。

お仕事の場では、自分が英語ネイティブではない事を肝に銘じ、プレゼン練習やら質疑応答の準備を念入りに行います。
また、しゃべりに自信がない部分を、フローチャートなどを駆使して資料のわかりやすさで補完するようにします。

"Fortune comes to the prepared."
幸運の女神は準備した者に微笑む。

これは外国語に限らず、すべてのビジネス、コミュニケーションの鍵ですね。
みなさんはどんな工夫をしていらっしゃるのでしょうか。

------------------

According to a English linguist, the number of English vocabularies is about 200,000, and that I have about 70,000 words, judging from the contents of conversation and the books I had read.

My English is what is called a "business level." I have little overseas experience and I learned English by study and reading in Japan.

Although my English in daily conversation or usual work is somewhat OK, slang and an advanced pun can be sometimes challenges. There is a big gap between my English and native English.
When native English speakers start telling jokes at natural speed, I am sometimes left out by the conversation.

It is because of my lacking vocabulary of 130,000, it is also because of my lacking of practice. Conversation in foreign language is like a sport. If you don't practice regularly, you cannot speak so lively and speedily.

What should I do?
■ Increase an opportunity to talk in practice.
■ Increase my vocabulary.

But it doesn't sound so realistic for me to learn another 130,000 words in my age. That linguist also advised me that I should increase the opportunities of inputs by reading books rather than merely memorizing new words.

At the place of work, I do my best to be aware that I am not a native English speaker so that I have to be prepared and practice beforehand more than anyone. I also try to complement my poor speech with comprehensive documents with flow-charts and so forth.  

"Fortune comes to the prepared."
This may be a key not only to a foreign language but all the business and communications.
How do you devise ways of communication effectively in foreign language?

[PR]
by kobewindy | 2012-02-22 17:31 | Communication

エキゾチック・フード / Exotic food

数カ国から集まったメンバーで食事するとき、「あなたの国でいちばんエキゾチックな食べ物って何?」という話題になったことありませんか?

変わった食べ物の話をして相手を驚かせたい一方、「ぎょ、日本人って野蛮」と思われても困るので、どんな食べ物の話をするか悩ましいところです。

私の場合、今まで一番驚かれたのは「馬刺」でした。
言うべきじゃなかったと思ったのは「イルカ肉」。これは私の実家のある静岡では時々スーパーの売り場で見かけます。
居酒屋さんのお通しで出てきたこともありました。
が、この話をすると、外国の方は相当引きます・・・。

「米国人が、自分たちが食べる習慣がないからって、捕鯨やイルカ猟を非難するのはどうもね。知能が高い動物は食べちゃダメで低ければ良いのか。豚もきれい好きだし知能の高い動物だけど。」・・・こう言ってくれた米国人もいましたが。
大抵は悲しそうな顔をされます。

「活シラウオ」はどうでしょう。
幼い頃、家族で静岡県沼津市沿岸をサイクリングしていたとき、波に打ち上げられたシラウオがぴょんぴょん跳ねており、両親は「やはり新鮮なものは特に美味しいね。」と言いながら味見していました。私は勇気がなく食べられなかったのですが。
私にとっては幼いときの懐かしい記憶の1ページですが、踊り食の習慣のない国の人は相当引きます。

という事で、無難な話題は納豆でしょうか。
「日本食は何でも好きだ」とか「世界各国のエキゾチックフードを制覇してきた」と豪語する外人がいたら、「納豆は?」と聞きます。「ああ、食べたことあるけど、あれはちょっとね。」という返答がほとんど。
そんなわけで、私は納豆を日本食の「踏み絵」と読んでいます。
納豆はにおいが特徴的ですが、ドリアンやブルーチーズほど強烈ではないと思いませんか?

ドリアンやブルーチーズを最初食べたときは、この匂いは何だ!! と思いましたが、慣れたらあの味には欠かせない匂いであることに気づきました。踊り食いやイルカの肉はどうしても食べられない私ですが、ドリアンとブルーチーズは大好きです。
でも、一番好きな食べ物はなんといっても納豆です。
ごはんにかけても美味しいですし、納豆巻きもいいですし、ラーメン、ざるそば、冷やし中華、パスタのトッピング、お好み焼きやチャーハンの具にも最適です。
最後の晩餐を選ぶとしたら納豆を選びます。

結局何を言いたいのかわからなくなってきました。
いままでのところ、外国人が日本の食べ物で一番苦手とするものは納豆ではないか、という気がするのですが、みなさんはどうでしょうか。

----------------

When you have a meal with members who gathered from several countries, doesn't the topic go to "what's the most exotic food in your country?"

While I would like to talk about the unusual food of Japan to surprise people, I also wonder "what should I do if people think Japanese are barbaric?".

In my case, the exotic food that surprised people the most was "horse sashimi".

What should not have been said was "the dolphin meat"." This is sometimes seen on the shelves of supermarkets in Shizuoka where I grew up. It was served at Izakaya (Japanese style pub) as a complimentary appetizer once.

But foreign people will gasp most of the time….

"Americans cannot condemn whaling or catching dolphins only because they have no custom to eat it. Well, whales and dolphins have high intelligence, but so do pigs." There was an American who said this kindly, but mostly, faces of people become sad.

What about "dancing fish?"

When I was young, while carrying out cycling of the Numazu-shi, Shizuoka coast with my family, the ice fish was thrown up by the wave and it was jumping and hopping. My parents had tasted it with saying, "Fresh thing is so delicious." I was timid at the time and could not eat it. Although it is one page of my nostalgic memories for me, people from countries without the custom of serving foods alive can be frightened fairly.

I think it is safe to talk about Natto; fermented soybeans.

If a foreigner says "I like every Japanese food" or brags "I have eaten the exotic food of all over the world", I would ask "What about fermented soybeans?" He or she would say, "Well, I have eaten it, but it's not especially my liking." Hm-hum.., I take it you don't like it. Therefore, I call Natto touchstone of love for Japanese food.

Although a smell characterizes fermented soybeans, don't you think that it is not so intense as a durian or blue cheese?

When I ate a durian and blue cheese for the first time, I thought "what is this smell?", yet I soon noticed that smell is indispensable and it fits the particular taste. Although I cannot eat the meat of dolphin and ice fish alive, durians and blue cheese became my favorite. I love the distinctive tastes.

But, it is fermented soybeans that always give me a pleasure.

It fits deliciously rice, rolled sushi in nori. It matches ramen noodles, chilled soba noodles, chilled summer noodles, the topping of a pasta, and the ingredient of an as-you-like-it pancake or fried rice.

Should I have to choose a menu of the Last Supper, I will choose Natto by all means.

In conclusion, I think the most difficult Japanese food for foreigners is Natto from my experience so far. What do you think?

[PR]
by kobewindy | 2012-02-21 22:51 | Cultural Difference