アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

カテゴリ:Food( 28 )

アメリカに向かう途中でお寿司

クリスマス・お正月休暇を彼と過ごすべく、ふたたびアメリカに向かっています。

まずはシンガポールから成田まで6時間半。アメリカ行きの便に乗り換えるまで3時間ストップオーバーがありますので、空港内のお寿司屋さんのカウンターで楽しみにしていたお寿司です♪

ぶり、かんぱち、金目鯛の昆布〆
c0242063_5411940.jpg

そして大好きな光もの
鯵、いわし
c0242063_5414751.jpg



さて、ここからが10時間以上のフライトでめちゃ長いんです(涙)…が、着いたら彼に思いっきり甘えられますのでガマンします。(^^;)




すし京辰 Sushikyoutatsu
Narita Airport Terminal 1
#3 Satellite
8:30~20:30
+81-476-32-1777

おすすめ度: ★★★★☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-24 18:39 | Food

Restaurant: Nox Dine in the Dark

Nox Dine in the Dark というレストランに行ってきました。

暗闇の中でお食事をいただくという珍しいコンセプト。

コンセプトについてはこちら → http://www.noxdineinthedark.com/page/concept
c0242063_20525461.jpg


真っ暗な中で、味覚や食感など視覚以外の感覚を頼りにお料理を楽しむ。
・・・という事で料理写真はないのですが、食後にお料理の写真を見せてもらえます。
c0242063_2053932.jpg


グルテンフリーにも対応していただけました。

完全な暗闇、視界ゼロの中でのお食事体験。
体験してみますと、食事という味覚優位のはずの行為がいかに普段、視覚に頼っているかがよくわかります。 まったく見えないと、「この食材、覚えはあるけれど一体何?」というのがなかなかわからないものです。また、知っている食材でも馴染みのある調理方法でないと、なかなかイメージがわかないものです。後でネタを聞くまで何だったのかわかりませんでした。

面白いコンセプトを楽しみはしたのですが、お値段に対してサービスが良くなかったのと、調理がすべてこってりめで自分にはあまり合わず、おすすめ度の★は3つです。 お料理は好みが分かれるところだと思います。


Nox Dine in the Dark
269 Beach Road
Singapore 199546

おすすめ度: ★★★☆☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-19 20:54 | Food

Restaurant:Min Jiang One North (北京ダック)

数年ぶりに北京ダックを食べました。 皮が香ばしく焼けていて、外側はパリっ、かむとジューシーな脂肪分が香しいスモーキーな風味とともにお口の中にじゅわーっと広がり、なんとも皮がとても美味しかったです。 鴨さんには申し訳なかったですが、4人でペロリと一羽まるごといただきました。 北京ダックって、長い人生の中であまり食べたことがなかったのですが、こんなに美味しいものだとは知りませんでした。 シンガポーでチキンとダックを食べると、いつも日本より数段美味しいと感じます。
c0242063_21112197.jpg


もちろん、皮だけではなく、お肉もとっても美味しかったです。甘いお味噌ときゅうりをからめて一巻いていただいたものも、なんとも美味でしたー。  
c0242063_21114042.jpg

それにしても、皮がなんとも美味しかったです。
しつこいようですが、皮というものがこんなにジューシーとは。
c0242063_2112065.jpg

デザートまでいってしまいました。
マンゴーとココナツアイスクリームのデザート。
デザートもとても美味しかったです。
c0242063_21121830.jpg


Min Jiang One North
No. 5 Rochester Park, Singapore 139216
+65 6774 0122

Lunch: 11.30am – 2.30pm
Dinner: 6.30pm – 10.30pm

おすすめ度: ★★★★☆
[PR]
by kobewindy | 2016-12-16 21:13 | Food

日本で食欲の秋を満喫

先月(9月)、急用で6日間だけ日本に一時帰国し、実家に滞在しました。

その間、大急ぎで日本食を楽しみました!

実家の近くのお寿司屋さんで、毋と二人でお好みでおつまみやお寿司を堪能し、生ビール1杯づつと純米地酒を2合飲みました。 岩牡蠣にキリッと冷えた生ビール。そして日本酒。 くーっ!!!

c0242063_2154956.jpg

c0242063_21542621.jpg

c0242063_21544071.jpg

c0242063_21545665.jpg


松茸の土瓶蒸し。何年ぶりでしょうか・・・。

c0242063_2155822.jpg


またお金の事を書くのも無粋なのですが、このお寿司屋さん、メニューがないお店で、今回の二人分の合計がしめて1万2千円でした。このお店の面白いところは、毋が父と夫婦で通っていた頃は、この内容だと2万円はしたそうです。女同士で行ったほうが安いのです。女性に優しいお寿司屋さんなのです♪

経済学でいう「価格弾力性」を考慮した価格設定なのでしょうかね。つまり、男性の方が収入が多い場合が多い、もしくは見栄があるので価格が高くても通う。女性の方が収入が低く、コスパにうるさい可能性が高い。・・・という前提で、女性客を常連にするために価格を低めにする。 ・・・って事じゃないかと推定。次回行ったとき、お店のご主人に本音を聞いてみたいところですが、「美人毋娘だからですよ」とか適当なお世辞を言われてお茶を濁されそうな気もしますが。。。

ちなみにシンガポールでこの内容だと、一人分2万円以上は確実にすると思います。

シンガポールのとある高級魚屋さんでは、オーストラリア産の養殖岩牡蠣が、1個18ドルでした (1500円くらい)。1個で、ですよ!! (> <;)

お寿司屋さんのご主人には「当面、お寿司やカキは食べらなくなりますので写真を撮らせていただいていいですか? これからはこの貴重な写真をおかずに、味を思い出しながらご飯を食べます。」とお断りして写真を撮らせていただきました。  今後、食欲がなくなったらこの写真をながめよう・・・。でも、余計つらくなったりして。。。(笑)


別の日には、手打ちのおそば。桜えびのかき揚げ添え。香り良し、食感良し♪ 

c0242063_21555441.jpg

c0242063_21561099.jpg


そして、うなぎ♪  関東風です。
蒸したあと、かば焼きにしてあり、ふわっふわで香ばしく、美味しかったです。

c0242063_21562862.jpg


毋手作りの秋鮭のいくらしょうゆ漬け。スパークリングワインをお供に・・・。

c0242063_21564675.jpg


日本は「食」については豊かですね。

[PR]
by kobewindy | 2015-10-06 21:57 | Food

It's the Durian season! ドリアン、今が旬!

My colleague who knows that I love durians suggested that we should taste one of the best durians in Singapore.

According to her, July is the best season. So, with another friend, three of us went to Geylang which is known as the red lantern streets, but also known as best reasonable food in Singapore. Once we got out of MRT station at Aljunied, we could already smell durians. Exciting.

That another friend us is actually our ex-boss. She has very keen eyes on choosing best durian. She instructed the store person and requested the type of durian she wants; creamy, slightly bitter and sweet.

c0242063_1239836.jpg

c0242063_12393768.jpg

The first durian that the store person cut did not look good enough, so she requested him to cut another one, which looked good.
c0242063_1240087.jpg

c0242063_12405148.jpg

So we bought it. It was SGD 18. Yes, good durians are a bit expensive for fruits, I think it is worth the price.

We started eating it right away at the table on the street because it tastes best as soon as we open it.
c0242063_1242937.jpg

Mmmmm! It tasted so good!!

It was very thick and creamy. We enjoyed it so much along with 'girls' talk'.




私のドリアン好きを知る同僚の「ドリアンの季節だから食べに行くべし!」の提案に即座に乗っかった私は、他のもう一人の友人(私たちの元上司) と共に3人で、ゲイランにドリアンを食べに行きました。ゲイランとは、かの赤線地帯で有名ですが、美味しい物がお手頃価格で食べられる食の街でもあります。ゲイランにほど近い、地下鉄の Alnuied 駅を降りるやいなや、すでにドリアンの香りが漂っています。わくわく!

元上司は厳格なドリアン審美眼(?) がありまして、「これこれ、こういうドリアンを選んでね。指示通りじゃないと買わないよ」式の品質保証売買を店員さんとしまして、的確なものを選んでくれました。最初にカットしてもらったのは期待通りではなかったので、2個目をカットしてもらって、そちらを購入。18ドル。そうなんです、果物にしてはお高いですよね。でもそれだけの価値のある食べ物ではないかと。

カットしてもらうと、店の前通りに並んだ椅子とテーブルでいきなりがっつきます! カットしたてを食べるのが一番美味しいのです。

うまーっ!! 濃厚でクリーミー。ガールズトークしながら最高のドリアンを楽しみました。
[PR]
by kobewindy | 2015-07-12 12:59 | Food

鶏のお刺身と焼き鳥 Chicken Sashimi & Yakitori

先日友人と、ミシュラン1つ星を獲得した焼き鳥屋さんに行ってきました。 やー、素晴らしい料理の数々でした。

海外ではなかなかお目にかかれない鶏のお刺身も、この際ふんぱつして注文しちゃいました。今のうちに日本でしか食べられないものを食べ貯めておかなくちゃね!(笑)

この写真の左上が胸肉、右上が砂ズリ、真ん中はレバー、左下はなんと卵巣です! 珍味でした。
c0242063_20451672.jpg


焼き鳥もとても美味しかったです。

パリパリして香ばしい好物の鶏皮♪
c0242063_20453423.jpg


もも肉
c0242063_2045484.jpg


手羽元
c0242063_20462342.jpg


つくね
c0242063_20464079.jpg


シメの鶏茶漬け。お刺身にかかった鶏スープの繊細な味!
c0242063_2047092.jpg


ごちそうさまでした!



I visited Yakitori (Chicken on skewers) restaurant with a friend. This place received a star in the Michelin Guide some time ago and their dishes were unquestionably marvelous!!

We indulged ourselves and ordered Chicken Sashimi with saying myself as an excuse, "I can never eat such things abroad, it's the only chance that I can do it!"

Top left is breast meat, top right is a gizzard, the center is the lever, bottom left is the overly. I would say it had an acquired taste.

This is chicken skin which was very crispy and smelled good.

Leg meat.

Wing stick.

Chicken meatloaf.

Chicken Sashimi on rice with chicken soup poured on it. The soup had such a sensitive flavor.

Bravo!!

[PR]
by kobewindy | 2015-03-20 20:50 | Food

バクテー(骨肉茶) Bak kut teh

c0242063_2348285.jpg
c0242063_23473434.jpg
c0242063_23472099.jpg


Bak kut teh is one of the popular local Singaporean foods. It was so delicious!

By the way, whenever I take pictures of food abroad, many local friends see it strange, but I have good reasons! If I take picture of foods for my record, these will be my minders of people I talked with and various topics that I discussed with them over the food.

The topic of this day was a bit tough. I was the only Japanese among Singaporeans, and the topic somehow spanned Japanese responsibility of World War Ⅱ crime. But I figured it was such a precious experience that I had a chance to have discussed sensitive topic without emotion tumultuously.



シンガポールで食べたものの記録。ローカルの人気料理、バクテーもとても美味しかったです。
ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理です。見た目は微妙ですが、このスープが旨味があって美味しく、お肉もお箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込んであり、なんとも美味でした。

私が食べ物の写真を撮っていると、シンガポール人には不思議がられるのですが、ちゃんと理由があるのです! 食べたものを記録しておくと、誰と食べに行ったか、何を話したか後で思い出すことができるからです。一緒に行ったひとの写真をブログにアップするわけにはいきませんが、食べ物なら大丈夫ですし、その時の会話もブログには書きませんが、写真を見ると思い出すことができるからです。

ちょっとだけ話した内容を書くと、バクテーを食べたこの日は政治や第2次世界大戦の話をしました。そのとき日本人は私ひとりで、日本の戦争責任について問われたときは少しきつかったですが、後から思い出すと微妙な話題を感情を交えず、喧喧諤諤と話せたのはとても貴重な体験でした。


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
[PR]
by kobewindy | 2014-07-14 23:50 | Food

Non-GMO or GMO?

2月のアメリカ旅行中ふらりと立ち寄った書店で、こんなタイトルの雑誌を見つけてびっくりしました。

"BUY FRESH BUY GMO" (新鮮な遺伝子組み換え作物を買おう)

「今後の人口増加と気候変動により食料の十分な供給が困難になる。遺伝子組み換え作物への恐怖を取り除かなければならない。」

えー、マジですか!?

日本では大豆製品などに「遺伝子組み換えでない」という表示がなされている事が多く、お肉や卵が「非遺伝子組み換え飼料で育ちました。」というようなフレーズとともに売られているのも時々見かけます。「できるだけ遺伝子組み換えでない、自然な環境で育った食物を口にしたい」と思っている消費者はそれなりにいると思います。

アメリカから輸入される小麦は、安定供給するために人工交配・遺伝子操作された小麦が多いと言われています。小麦そのものが原種から遠く、人工的な物です。また、M社の種子は種子を遺伝子操作するために有害な科学薬品が使われているとも言われています。

ちなみにジョージ・クルーニー主演のこの映画 (邦題「フィクサー」)に出てくる企業はこの種の種子の販売会社M社がモデルとなっています。

遺伝子組み換え技術は人々や地球よりも、利益を中心に進められることが多いとも言われています。

選択の余地があるなら、なるべくそういったリスクには近づきたくないものです。

ですが先日、友人と話していて気づきました。リスクに近づかない選択をするには、情報リテラシーと、ある程度の経済力が必要なのではないか、と。情報リテラシーつまり、予備知識がなければ遺伝子操作された作物のリスクという意識がそもそも働きませんし、少し高くても遺伝子操作されていない食物を買おうとするには生活がきつくては妥協することになりがちです。

おそらく、遺伝子組み換え作物は、上記が低い層をまず狙って浸透していくことになるのではないでしょうか。さらに、上記のようなリテラシーの高そうな雑誌の読者の意識も変えようという方向にあるのではないでしょうか。

変化とはじわじわと近づいてきて驚くほど景観を変えてしまうものです。とってもぞわぞわします。025.gif


I was surprised when I saw this feature of a magazine while I was traveling the US in February. "BUY FRESH BUY GMO" "Population growth and climate change will make it harder to feed the world. We need to overcome our fears of genetically modified food."

Really?

In Japan, we see many "Non-GMO" labels on produces at grocery stores, which leads me to believe that many consumers prefer non-GMO.

It is also known (though it's not probably widely known) that many imported wheat is genetically modified or genetically engineered to achieve constant high yield. These modified seeds are far from the original like spelt wheat. Some GMO seeds is said to be used harmful bio-chemicals in the process of modification.

By the way, this movie "Michael Clayton" describes a conspiracy of a company that produces and sells the genetically modified seeds. The story of the movie is a fiction, but there is an actual model of this company.

It may be true that GMO can achieve high yield, but we have to be careful about the purpose of those companies. Their primary objective is to win high profit. Safety can be less prioritized. Well, they would say it's safe, but who knows?

I would like to stay away from the risks while I can choose.

As talking about this topic with a friend, we noticed that there needs to be information literacy and some degree of affluence. Lack of knowledge (low literacy) prevents us to notice the risk itself. And even if you know the risk, we can be easily compromised and buy cheaper produce when we are not affluent financially, aren't we?

Probably, GMO is going to target the segment without high information literacy and affluence. But, intelligent people like the reader of this magazine are targeted, too.

Changes come to us slowly and suddenly. I felt uncomfortable about the article.


c0242063_2317919.jpg

c0242063_23173215.jpg

[PR]
by kobewindy | 2014-04-02 23:23 | Food

そば懐石 Soba Kaiseki

c0242063_20395571.jpg

先日、ミシュラン一つ星を獲得したお蕎麦屋さんに行って来ました。

お蕎麦はコシがあり、おつゆはだしがきいていて、お蕎麦以外のお料理は地元の新鮮な野菜がふんだんに使われ、調理法にも工夫が凝らされており、とても美味しかったです。

お蕎麦のコース料理というのは初めてでした。途中お蕎麦以外のお料理もはさみつつ、お蕎麦が色々な味で楽しめました。特にユニークなのは、そば寿司。お蕎麦に酢飯のような味つけがなされ、海苔が巻かれているのです。これもまた意外な美味しさでした。

なお、場所は人里離れたこんな感じのところにぽつりと建つ一軒家。静かでひっそりした雰囲気。この静けさもごちそうの一部と感じました。
c0242063_20403791.jpg

そういえば先日「日本人は表面的?」という記事を書きながら、私を含め日本人は食べ物の話題が大好きなので表面的と思われても仕方ない・・・と思ったばかり。表面的かもしれないのですが、つい食べ物の記事は書きたくなってしまいます。なぜなら、食文化は、文化のひとつだから・・・かな?

美味しい料理があるから人が集まる。会話が生まれる。観光にもなる。たかが食べ物・・・いえいえ、美味しい食事は文化です。



I had a chance to visit a Soba restaurant that had received a star in the Michelin Guide.

The sob with certain level of elasticity was superb. The soup of soba was well brewed. Dishes other than soba were made of locally grown fresh vegetables and elaborately cooked. Everything was so delicious.

It was my first time to have appreciated such thorough course menu of soba. I enjoyed all different way of tasting soba and some other dishes. One of the most unique one was Soba Sushi. Soba was marinated with vinegar like sushi rice and it was wrapped by nori (seaweed). It was much more delicious than you would imagine.

The restaurant was located in a middle of nowhere. It was very quiet and the atmosphere was so nice and peaceful. I thought the quietness and peacefulness was also the part of the entertainment.

Oh, I realized that I had just written an article the other day about superficiality of the Japanese including myself. The Japanese can be perceived as superficial because our favorite topic of converstaion is food. Now, I am writing about food. So, I may be superficial, but I can't help writing about food. My excuse is that food is culture.

Where we find good food, people gather. Conversation begins. It attracts tourists. Just a food, but I think we can say that delicious dishes are part of culture.

[PR]
by kobewindy | 2014-02-01 20:41 | Food

小山ロールは特別に美味しい?<その2> Is Koyama Roll especially delicious?

c0242063_16501821.jpg

前回のブログで、期待半分、懐疑心半分(笑)で、三田市まで小山ロールを買いに行ったお話をしました。

3年越しに、やっと味わったロールケーキのお味はと申しますと・・・

美味しかったです!

スポンジがきめ細かくて、ふんわりしていて食感が良いのです。

そんじょそこらのスポンジとは一味違うという感じです。

私の中ではロールケーキといえば、堂島ロールが王様でしたが、小山ロールも甲乙つけがたい美味しさでした。

しかし、この美味しさは「予測の効果」によるものなのでしょうか?

私にはもうバイアスがかかった状態で小山ロールを食べてしまったので、正確には判断しようがないです。バイアスは、「クルマで1時間半」かけて行く労力や有料道路の代金にも関係してきます。「こんなお金と時間かけたんだから美味しくなきゃいけない」という先入観です。 関与が高まるとそれだけ思い入れが高くなるので。


バイアスや関与を除いて正確に実験するには、小山ロールの評判を知らない人、もしくは小山ロールと知らずに誰かに食べてもらって感想を聞かないとなりません。ペプシコーラとコカコーラのブラインドテストみたいなやつが必要です。

・・・将来そこまでするかは未定です。一緒に行った友人も美味しかったと言っていましたし、ドライブも楽しかったので良かったのではないかと。ちゃんちゃん。

c0242063_16503880.jpg


In my previous blog, I wrote that I went Sanda City to try the famous Koyama Roll. I need to report you how it was.

It was delicious. The texture was so delicate it felt so nice and soft. It made me feel it different from other roll cakes. I used to think the "King" or roll cakes had been Dojima Roll, but I found it difficult to say which one of two was better now.

Was this because of "Effect of forecast"?

Now that I had been biased, it was hard to judge it fairly. I spent one and half an hour by car and several thousand yen for highway toll. The cost I spent made me feel "It's got to be good because I spent so much time and cost." Naturally, the more you are involved, the more you will expect.

To eliminate bias and involvement, it has to be tested by a couple of people who don't know Koyama Roll, or people who eat the roll cake without knowing it was made of Patissier es Koyama, like the blind test; "Coke Challenge" where people try Pepsi and Coca Cola without knowing the brand.

I'm not sure if I'll do the test in the future. The friend of mine also said the cake was delicious. Besides we enjoyed driving to Sanda City anyway so it was a good experience.

< END >

[PR]
by kobewindy | 2014-01-26 16:54 | Food