アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

カテゴリ:About This Blog( 4 )

異文化のスイッチヒッターになろう

右側走行の運転も左側走行の運転もできる。
欧米式のマナーも日本のマナーにも沿う事ができる。少なくとも両方を尊重することができる。どっちが良い、悪いということはなく、区別して使い分けることができる。

決して風見鶏という訳でもなく。
スイッチヒッターは双方の立場が理解できる優しい人なのだ。

スイッチヒッターは、周りのみんながスイッチヒッターであるわけではない事も知っている。

・・・と言う理想はあるけど、私はまだまだ修行の身ですな、と気づいた先日のこと。

先日、母がアメリカの我が家に遊びに来たとき、お蕎麦をゆでてみんなで食べたのですが、母がいきなりズズーッとやったので、ドキドキしてしまいました。周りのアメリカ人は音もなく食べるのでね。アメリカだけど、日本の料理を食べてるので遠慮なく日本式で食べてよいものものか、周りの人に合わせて音を出さないようにするか悩ましいなあ、と。彼女は気持ちよく食べていたし、アメリカ人は蕎麦をすする件を知っている人も多いしね。でも内心違和感ありありだろうな。

そういえば、テレビでこんな昔の映画やってました。ちょっとやり過ぎなので、面白いというより見ていてちょっとツライのですが・・・ 。


[PR]
by kobewindy | 2017-11-12 12:52 | About This Blog

柔軟性に関する人体実験

以前ここで、異なる文化間や異なる仕組みに対して柔軟な人になりたい、と書きました。異なる仕組みを行き来すると、間違いも起きますが、続けているうちに、人はけっこう柔軟になれるものだ、と実感しています。

例えば、些細なことですが、私は関西では外車を運転して、実家に帰ると国産車を運転してます。外車と国産車は、方向指示器とワイパーの位置が逆なので、乗り換え直後は、方向指示器を出すつもりがワイパーを作動させてしまい、「あーっ!!」となることがありがちです。ですが、外車→国産車→外車→国産車 という切り替えを繰り返しているうちに、だんだん誤作動をしなくなるのです。「今日は装置がいつもとちがうから注意を払うぞ」というスイッチが脳内で入るようになってくる気がします。

コンピュータは、会社では Windows、家では Macを使っています。Windows→Mac→Windows→Macという切り替えを繰り返しているうちに、ショートカットーキーの押し間違えが少なくなってきます。これは「このキーの感触はMac」「この感触はWindows」のように、手がマシンの手触りを記憶して、その感触とショートカットーキーをリンクさせているような気がします。

つまり、違うものの体験も、繰り返すと「違うことに慣れて」くるのです。

左右両方の打席でバッティングができる Switch Hitter になったみたいで、少し得意な気分です。

そういう「わざわざ」な状況を作ることには、どういったメリットがあるのでしょうか? 脳の活性化になってボケ防止になる・・・可能性もなくはないかもしれません。実際、英語と日本語を両方を話す人は、ひとつの言語しか話さない人より、左右の脳をバランスよく使うそうです。

また、そういう経験の積み重ねが「自分は異なる状況に対応できるのだ」という自信につながると思います。自信ができると、異なる状況に置かれても、大きなストレスを感じなくて済むのではないでしょうか。つまり、異なる状況や新しい体験に対してオープンな気持ちになりやすいのではないかと。そんな事を目指したいなと思うこのごろです。
[PR]
by kobewindy | 2013-08-21 22:36 | About This Blog

感情の断片を押し花に Preserving fragments of feelings

English follows. ブログって、記憶の断片を押し花にする作業でもあるかな、と思います。

今感じている新鮮な驚きや喜びは、時間がたつにつれて「あたり前」になってしまうかもしれない。

あるいは変化したり、風化してしまうかもしれない。

でも、押し花にして保存していくことにによって、後で見た時、それが咲いていたときの、風に揺れる美しい姿や、かぐわしい花の香りが思い出されるのではないかと。

最近うれしかったのは、「押し花」の香りが、思いがけない誰かに伝わったこと。
ブログの読者の方が、私の恋愛記事を読んで気持ちが若くなったと彼自身のブログに書いていらっしゃったのです。

お会いしたこともなければ、どこに住んでいらっしゃるかどんなお仕事をなさっているかもわからない方が、私の記事を読んであたたかい気持ちになってくださったなんて、なんともステキです。


Writing blogs may have something in common with preserving fragments of memories in pressed-forms, like pressed-leaves and flowers.

New things that make me surprise or prompt joy now may become so ubiquitous and uninteresting to me later as time goes by. Things might change and become dry in the future. But if I make these memories into pressed-forms now, these may recall the beauty of them later as we do with the pressed-flowers which used to be fresh, and gracefully moving by a blow of wind. It may even recall nice scent.

Recently I found it nice when I learned one of my "pressed-flowers" carried a hint of happiness to someone unexpectedly. A man who happened to come across my blog found it interesting and he wrote he felt younger.

I never met him and I even don't have a clue where he lives or what he does. But my article may have touched his heart. I think that's really cool.


c0242063_2019293.jpg


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
[PR]
by kobewindy | 2012-12-06 20:19 | About This Blog

柔軟で敏感な人になりたい I want to be flexible and sensitive

English follows. このブログのテーマのひとつは、広い意味での異文化 (海外と日本ということだけではなく、規則や環境の違いなどを含めたもの)と、どう上手に付き合っていくかという私の考えや試行錯誤の記録です。

文化、環境、装置などの使い勝手が違う事が、面倒に感じることってありませんか。
例えば・・・

  • 外車と日本車の装置の違い

  • Mac と Windowsのコマンドの違い

  • 日本と海外のマナーの違い

私も時々面倒に感じますし、失敗もやらかします008.gif
ですが、違うものを避けるのではなく、敢えて時々いつもと違う事を体験することで、自分の柔軟性を高めることに挑戦したいなぁ、と思うのです。

外車と日本車の装置の勝手が違う・・・と言ってもクルマであることに変わりなく、
Mac と Windowsの勝手が違う・・・と言ってもコンピュータであることに変わりなく、
日本人と外国人は違う・・・と言っても人間であることに変わりはないのですから。

勝手が違うと全然ダメ、っていうんじゃなくて、違いや大きな概念を理解し、制御できるような大局観みたいなのをつかみたいなぁ、と。

違う部分には「気遣い」が必要なのだと思います。
それを「面倒」と思わず「気遣って行動すれば大丈夫」って自信が持てるような、「気遣いのツボ」をいつでも作動させられる人になりたいのです。


One of the themes of this blog is to think about different cultures, rules and environments in broad sense and to seek for how to handle them desirably. Because I cannot always handle them smartly, it's a kind of records of trial and errors, too. But I hope I'm learning.

Do you sometime feel cumbersome to handle different culture, environments, devices that are controlled by different rules?

For example:

  • Difference in devices between Japanese cars and imported cars.

  • Different commands between Mac and Windows.

  • Different manners in Japan and other countries.

Yes, I do. I do make mistakes, too.008.gif But I also want to challenge myself by experiencing something new and different because it feels that it develops my flexibility.

Sometimes devices are different between Japanese cars and imported cars, however these are cars, after all.

Mac and Windows are different, but still these are computers.

There are differences between Japanese and foreigners, however, we are all human beings after all.

I don't want to refuse differences. I want to understand differences and big pictures of things in order to control and cope with different situations.

I believe sensitivity is pivotal to understand and to manage differences. Acting without sensitivity is too easy. What if there is a "sensitivity switch" that makes you get a hang of it? I want to look for it and I hope to make myself more flexible and sensitive.





にほんブログ村 英語ブログへ

[PR]
by kobewindy | 2012-11-11 22:23 | About This Blog