アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

新しい土地に馴染む方法 【4】To adapt ourselves to foreign countries

これまでのまとめ:

海外から新しい土地へ移り住み、そこに馴染むための外的条件として以下が考えられる事について書きました。


  1. 英語圏であるか、英語圏ではなかったとしても英語がおおむね通じる

  2. 文化的、人種的に近い

  3. 土地の人が外国人を受け入れやすいマインドセットをもっている、または多様性に理解がある

  4. 自分と同じ国から来てこちらに住み着いた同郷人がそこそこいる



それ以外に自分が能動的にできる事を考えてみますと、こんなのがあります。

  1. その土地のなりたちを深く知る

  2. ギャグをかまして相手の懐に飛び込む


ギャグをかまして相手の懐に飛び込む ・・・のは相手との見えないカベを切り崩す素晴らしい方法ですね!

などと言うのは簡単ですが、外国でこれを試すのは勇気がいるに加え、私は惨敗続きです。

やはり、英語でオヤジギャグをかますのは日本語の感覚とちと違うので、けっこうハードル高いです。

例えば・・・

仲間と食事に行き、食後のデザートに「雪見だいふく」みたいなアイスのデザートを食べた時の出来事です。
海外の日本食レストランでは、抹茶味の雪見だいふくのようなデザート、よくありまして、"Mochi" (モチ) と呼ばれております。

おっ、と思った私は、「これを食べるとモチベーションが上がるね!」と英語で言ってみました。


結果は・・・


「は?」 「え、何?もう一回言って?」「モチベーションが上がる?」「なんで?」 ・・・みたいな反応で、完全にスベりました (泣)

カタカナだとダジャレの関係性となり得る(かな?)「モチ」と「モチベーション」は、英語だと「Mochi」と「Motivation」で発音が似てるようで似てなかったのでダジャレにならなかったのです。

カタカナ英語の中で生きている限り、ダジャレは厳しい模様です。


他のダメな例を挙げますと、(← っていうか挙げてどうするのか・・・?)


こちらでよく食事に使う、チリソース。 

「かけても大丈夫?」→「バッチリ大丈夫です!」

「でもかけ過ぎた!辛さに口で火花がちりそーす!」・・・みたいなのも使えません。

「チリソースってさ、南米のチリから来たのかな?  地理に疎いもので・・・」とかもダメですね。せっかくいつも食卓にあるのにネタに使えません・・・。 

とんだ とばっチリですな!

などと、使用場所がない時に限って次々と無駄に思い浮かんできてしまいます(泣)

というわけで、日本人が英語でギャグを言うのはほぼ不可能ですね! ←って早々にあきらめるのか!?

いえいえ、あきらめません。
外国人が言うからこそ面白いギャグもあるのです。

それは•••、


次回のお楽しみです (^_^)


<つづく>
[PR]
by kobewindy | 2015-06-24 21:44 | Cultural Difference