アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

新しい土地に馴染む方法 【1】 To adapt ourselves to foreign countries

c0242063_13292680.jpg


よその国から来た人間が、海外の新しい土地に早く馴染む条件について考えてみました。 

外的条件として以下が考えられられます。

  1. 英語圏であるか、英語圏ではなかったとしても英語がおおむね通じる

  2. 文化的、人種的に近い

  3. 土地の人が外国人を受け入れやすいマインドセットをもっている、または多様性に理解がある

  4. 自分と同じ国から来てこちらに住み着いた同郷人がそこそこいる


私が過去2週間以上滞在した国での印象は、

  • シンガポールはおおむね4つともあてはまり、

  • カナダのモントリオールはおおむね1と3はあてはまり、

  • アメリカ中西部は1だけあてはまる


というものです。

3のマインドセットというのは数値的には測れませんし、どの国にも Yesな人と Noな人は存在しますので、あくまで全体的な、個人的な印象ということになってしまいますが・・・。それに「受け入れる」の定義やレベルを考えはじめるとブログ何ページ分にもなってしまいますが・・・、とりあえず「なかなか仲間として見てもらえないなあ・・・」という居心地の悪さを感じないレベルとしておきます。

そんなわけで、シンガポールに来て3週間たちますが、あんまり外国に来ているという感覚がないほど、よそ者意識なく過ごせています。 シンガポールの懐の深さに感謝します。

一方で、アメリカ中西部では、何度行ってもよそ者意識がなかなか抜けませんでした。「気候の違い?」「スーパーに鮮魚が売ってない内陸の土地だから?」などと色々あげたらキリがないのですが、私の独断で言いますと、大多数が「3」を持っていないからではないかな、という結論に行き着きました。もちろん、自分の彼や家族、友達などは私を心優しく、深く受け入れてくれています。本当に感謝です。でも、初めて会ったある程度の年齢のいった方々に彼が私を紹介すると「あらアジア人の彼女ね。日本食か中華レストランでナンパしたの?」的なで見られることがあります。もちろんそんな事は口には出しません。なんとなく見えない壁があるという印象的なものです。

誤解のないように言いますと、レストランでのサービスはクリエイティビティやホスピタリティが必要な素晴らしい職業ですし、すべての職業に貴賎はありません。ただ、自分の仕事の説明をしても、相手がピンときていないのが顔つきでわかります。深読みしすぎですが、「アジア人女性のきみがマーケティング会社のナントカ・マネージャー?」というピンとこなさといいますか。 ここは、いっそのこと「私、スシレストラン ミフネ(仮名)のフロアスタッフなのよ〜」的な事を言ったほうが「ああ、あそこ美味しいよね、スシ大好きだよ」ってな具合で話が早い気がします。

繰り返しますが、あくまで私の独断的印象ですし、多様性を広い心で受け入れてくれる素敵な方々がその土地にも沢山沢山いらっしゃいます。ただ、そうじゃない場合もあるということだけです。

そうじゃない人は気にしなければいいという考え方もあるかもしれませんが、何か良い方法はないものかかずっと考えてきました。

そして、気づきました!  それは・・・



  1. その土地のなりたちを深く知る

  2. ギャグをかまして相手の懐に飛び込む



です!  なあんだ、あたり前じゃんと思われると思いますが、私はなかなか気づかず、実行できませんでした。そして、その機会は去年の秋頃偶然やって来ました。その事については次回につづきます・・・。





I have been always thinking about the conditions that help us to adapt ourselves to foreign countries. From my experience, there are four given external conditions:

  1. English speaking countries, or English is widely accepted so that you can communicate with people.


  2. Relatively close in terms of culture or race.

  3. Local people have mindset to accept people from foreign countries, or familiar with the concept of cultural/racial diversity.

  4. There are certain level of population from your own country.




From my experience of staying in some countries where I spent more than two weeks,

  • Singapore has all four conditions.

  • Montreal in Canada falls in #1 and #3

  • Midwest in the US fits only #1


Disclaimer: I am writing about "MY" general impression. #3 cannot be especially quantified and there are always exceptions. Besides, if I start thinking "acceptance level" and what I mean by "being accepted", it will take dozens of pages to write. So, tentatively, I would say the level of acceptance means my state of heart that I may not have to feel always "I'm a legal alien."

By the way, it has been three weeks since I moved to Singapore. Thanks to generous Singaporeans, I don't feel like an alien at all even to the level where I feel quite at home.

However, when I stayed at Midwest in the US, I couldn't get rid of this alienated feelings. I wondered whether it is due to the difference of climate, or food culture (meat manger vs. fish manger kind of thing). And one day, I realized that it may be because the majority of people there don't have #3. Of course, I believe that my boyfriend, his family members and friends accept me deeply and they are very sweet to me, and I am so thankful. I love them. But in some cases, I encountered that some people set a sort of glass walls between me and them. For example, when my boyfriend introduced me to some people who are relatively elderly, they looked friendly, but they saw me like "Oh, Asian girlfriend. He must have hit on you at some Asian restaurant." How can I prove it? No I cannot. I just feel it. Not always, of course. I may be wrong, of course.


Just to clarify, there is nothing wrong with Asian restaurants. Service industry itself requires creativity and hospitality. I respect professionals working in that industry. What I want to mean is that some people cannot simply accept the concept of Asian woman as "some manager at a marketing company". It would be much easier for them if I say "I am working as a service staff at Sushi restaurant Mifune", for example. Then, they would say, "A-ha! I like the place! I like Sushi."


Just to clarify again, I'm only writing about "MY" impression. There are a lot of great people who accept me and who understand diversity.


Perhaps, if there are such people who build glass walls in front of me, I should just walk away or ignore it. I should not spend too much energy to break it. Nonetheless, I have been keeping looking for some breakthroughs. Then, I realized!!


  1. Deeply understand the origins of the region.


  2. Throw some jokes and jump into the heart of others.



You may think it is such a cliche. I think so now, but I haven't noticed it for a long time. I realized it accidentally one day in fall last year.

I will write about it next time.

[PR]
by kobewindy | 2015-04-26 13:37 | Cultural Difference