アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

英語標準語 Standard English

日本語に標準語があるように、英語にも標準語を設定してくれるとありがたいのだが。
日本は全国だいたいどこへ行っても社会人経験がある人なら標準語をしゃべることができる。(そうとも限らないかな。)

外国人にとって強いアクセントはなかなか聞き取りが大変なので、「英語 Non-ネイティブ・スピーカーがいる場ではなるべく英語標準語を話しましょう」というルールができるとありがたい。

願わくはアメリカのカリフォルニアか、イギリスのクイーンズイングリッシュあたりの英語を「英語標準語」に設定してほしい。

英語ネイティブ・スピーカーにも、自分の英語が強いアクセントがある事に気づいている人といない人がいるので、「英語標準語」があると比較対象ができるので、自分の英語がどれくらい個性的なのか意識するきっかけになるのではないだろうか。

シンガポール人は"シングリッシュ"(シンガポール英語)と"English"の違いを意識して使い分けている人が多いように思う。シングリッシュは、福建語やマレー語、広東語などの単語や言い回しを英語に混ぜて使っているもの。 例をあげると:

Let's go makan. Makanはマレー語で食事。
The angmo ordered beer. Angmoは福建語で白人。
Sorry lah. Lah --- は強調。

シングリッシュは三流英語かそれともシンガポール人としてのアイデンティティを感じる英語なのかという論争の種になっているらしい。シンガポール人同士だとシングリッシュで話すが、私のような外国人が加わるとイギリス英語に切り替えてくれる事が多いのでありがたい。

困るのは、英語ネイティブで、地方独特の発音をゆるめることなく弾丸のように話す人。
イギリスから来た人で、どうもイギリス英語とかなり違う、私にとってわかりづらい英語を話す人がいたので、思い切って「もしかしてスコットランドご出身でしょうか?」とあてずっぽうに聞いてみたところ彼はショックを受けたようで「私の英語、そんなひどいアクセント?」と聞いてきた。ちなみに彼の出身地はニュージーランドとの事。「ひどいアクセント」とはスコットランドの人に失礼だと思うけど・・・。私から見ると、ニュージーランドとスコットランドのアクセントはよく似ている。

ちなみにジェラルド・バトラー(スコットランド出身)主演の「Dear フランキー」というスコットランド映画はスコットランド英語。(すごくいい映画です。)


「訛ってます」ってやんわりと伝えたつもりだったけど、その後も彼のアクセントには変化はなかった。
彼はグローバルに活躍するビジネスマンで、田舎者ではないので、ニュートラルな英語の概念がわからないはずはないと思うので、敢えてニュージーランド英語で個性を主張してみたのかもしれない。

私も文句を言っているヒマがあったらもっと英語が流暢になるよう勉強した方がいいかも。
いろいろなアクセントに慣れて、相手にのアクセントに左右されずクールに会話できるのが、真のグローバル人かもしれない。



As we have "standard" Japanese, why doesn't anyone set-up standard English? In Japan, if you go anywhere in Japan, you can hear the standard Japanese from people who have certain level of working/social experience. (It may not be always the case though.)

For non-native English speakers like me, it is hard to comprehend English with particular strong accents. So I would very much appreciate it if there is a kind of rule like this: "Native English speakers have to use plain & standard English as much as possible in the situation where non-native English speakers participate."

Hopefully, the 'standard' English should be based on Californian accents of US or Queen's English of UK.

Some native English speakers are aware of their accents, but some are not. If there were "standard" English, those who are not aware would notice how different their accents are by comparing with those of "standard".

I think many Singaporeans use both "Singlish" and English depending on the situations. Singlish is basically English, but is mixed with some Malay, Hokkien and Mandarin words. For example:

"Let's go makan." Makan is a meal in Malay。
"The angmo ordered beer." Angmo is Caucasian in Hokkein.
"Sorry lah." Lah is an emphasizer.

I heard that it is a controversial topic among Singaporeans. Some people say Singlish is a unsophisticated English, but some people say it is a quaint language that holds an identity of Singaporeans. In many cases, they use Singlish among Singaporeans, but once non-native speakers like myself join the conversation, they tend to switch it to English, which I am so grateful of.

What annoyed me was those native speakers who speak so fast like canonball with strong local accents. Once in a while, I met a gentleman who has an accents that I was not familiar with, but he said he was from UK. So, I dared ask him "Are you originally from Scotland by any chance?". He seemed so shocked and said "Do I have such hideous accents like Scottish?". Isn't it a bit offensive to Scottish? He said he was originally from New Zealand. But, to me, Scottish English and New Zealand English have so much in common.

By the way, there was a very good Scottish movie called "Dear Frankie" starring Gerald Butler (from Scotland).


I meant to imply the gentleman that his English had a certain accent, but his way of speaking unchanged after all. He is not a provincial, but an elite businessman who travels abroad a lot, therefore, I think he should have known what the neutral English is. So I think he wanted to use New Zealand English consciously.

Maybe I should study English more while complaining such kind of things. I think that a real cosmopolitan can converse easily with anyone whatever the accent of other person is.


[PR]
by kobewindy | 2012-03-29 21:09 | Communication