アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

スーパーの棚を別の目で見ると Looking at the store shelves with new eyes

“The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes but in having new eyes.” Marcel Proust

「本当の発見の旅とは、新しい風景を探すことではなく、新しい目を持つことである。」
マルセル・プルースト


昨年外人エグゼクティブ達がシンガポールとUKから来日した際、某大手スーパーの棚を皆で見学した。

私にとっては見慣れている光景だけど、外人から見ると海外とは異なる特徴がいろいろあるようだった。

「お弁当やお惣菜が充実しているね」
「メンバープログラムの入会案内はQRコードがあるね」
そうそう、携帯のQRコードって、USと日本以外はあまり普及していないのだ。
c0242063_2057859.jpg

「ベビーフードとオムツは別のフロアなのか。ユニークだね。」
お? そうですか?

「子供と買い物袋を抱えて別のフロアに移動してオムツを買うのは大変じゃない?」
確かに。

ベビーを連れたママ達はベビーフードとオムツを同じ場所で選んでカートに入れられたほうが楽かも。
でも、日本のスーパーでは、食品とトイレタリーの棚は離れた場所に配置されている場合が多い。

理由はいくつかあると思う。
■トイレタリー用品には香料がついているものが多く、食品のそばの配置がそぐわない。
■そもそも日本のスーパーの多くは「食品」販売がメインで「家庭用品・トイレタリー」はサブ、という成り立ちの所が多く、メインの「食品」を主要な入り口から近い便利な場所に置くと、「家庭用品・トイレタリー」は入り口から遠い場所に配置になってしまう。
■日本のスーパーはワンフロアあたりの売り場面積に制約がある場合が多く、サブのカテゴリーは別のフロアに配置せざるを得ない。

一方、イギリスのスーパーは合理的に、買ってもらいやすさ重視のところが多いかもしれない。

そのあと日本や海外でスーパーに行ったとき、棚割りの違いに注意を払うようになった。
やっぱり。ハワイのこのスーパーはベビーコーナーはベビーフードとオムツ、おしりふきが同じ棚。
c0242063_20572642.jpg


上がベビーフード、下の段がおしりふきとオムツ


"Down to Earth"というオーガニック食品を多く扱っているスーパーでフロア面積は小さめ。
Wipeは香料をあまり使っていないものを扱っている模様で、食品を買うときWipeの香料が邪魔することはなさそう。

合理的でお買い物しやすい作りでいいと思う。
「たくさん店内を回遊して、多くの商品を見て沢山買ってください」というより、
欲しい物がわかっている顧客に、労少なくお買い物してもらいましょう、というお店の姿勢が感じられる。

ただ、このお店は比較的売り場面積が小さいため、こうせざるを得なかった可能性もある。
本当は、できるだけ長い距離を回遊して沢山の商品を見てもらったほうが、買い物点数の増加につながりやすいからだ。

などなどあれこれ考えるようにになったのは、外国人の視点で見た日本のスーパーに関するコメントがきっかけ。
プルーストが言うように、見慣れたものも、新しい目を持つと新鮮な発見があるものだ。

------------------------------

"The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes but in having new eyes." by Marcel Proust


When our Managing Director visited Japan from Singapore and UK last year, we went to a big supermarket to observe and learn the display of store shelves.

I am used to see the shelves of Japanese supermarkets of course, but there seemed to be a lot of different features from the eyes of foreigners.

These were their comments:
"Wow there are so many bentos and deli."
"We see the 2 degrees dimensional bar code on the membership application form."
Me: "Yes, it's very common." I replied and noticed it's not common outside of Japan or US.
c0242063_2057859.jpg

He also said, "Isn't it unique that shelves of baby food and diapers are in the different floors?"
Really?

"It's hard for moms who carry kids and shopping bags to have to go to a different floor to buy diapers, isn't it?"
Yes, that's true.

It would be much easier for moms with babies if they can put baby food and diapers in a cart at the same spot. But in Japan, I think that foods and toiletry products are located in separated places in many cases.

There are some possible reasons:
■It is not suitable to display toiletry products near food because many of toiletry products are scented.
■it is sometimes inevitable that toiletry products have to be displayed further away from the main entrance of stores since toiletry category is usually positioned as non-core whereas foods are core products for most of supermarkets.
■ it is sometimes inevitable to display the non-core category like toiletry other than the main floor due to constraints of limited floor space in Japan.

On the other hand, I assume that the ease of shopping can be better considered in the stores in UK.

After that, I started paying more attention on store displays both in Japan and abroad.
Oh, he was right! This is a store shelf in Hawaii. Baby food, wipes, and diapers are displayed in the same shelf.
c0242063_20572642.jpg

It's "Down to Earth" supermarket; speciality of organic products. It seems that since wipes are not scented, it does not bother foods.

I like it because it is reasonable and easy for shoppers to buy. It feels "Please shop with your less effort since you know what you want already.", rather than "Please travel in the store as long as you can and buy as many as you can."

But it may be possible that they had no choice but to do this way due to the relatively narrow floor space because the reality is that the longer the shoppers travel in the store, the more items they tend to buy.

Words of people from other countries gave me a impetus to me and I started to think this and that. Marcel Proust is right: If you have new eyes, you can discover different things from familiar looking things.

[PR]
by kobewindy | 2012-03-11 21:03 | Marketing / Business