アメリカ中西部のミネソタ在住。お仕事やプライベートの驚きをつづります。I live in Minnesota. This is a scribble of my excitement when I boldly go where I have not gone before.


by kobewindy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
About This Blog
Singapore
Vietnam
Singapore Cafe
Malaysia
Finland
Sweden
The United States
England
Cultural Difference
Communication
Marketing / Business
Food
Travel
Books
My Thoughts
Health
Nomad ノマド
None of the above
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

お気に入りブログ

Casa de NOVA...
Azumi'sDiary
フィレンツェ田舎生活便り2
生理痛の良いところ!
ネバダ州リノから Hap...

外部リンク

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アメリカ人の舌に和食を馴染ま..
at 2018-07-18 11:37
幸せです
at 2018-07-16 09:51
マジで寒いミネソタより
at 2018-01-17 11:22
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-30 11:55
アメリカと日本の運転の違い
at 2017-11-25 12:37
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-13 07:06
異文化のスイッチヒッターになろう
at 2017-11-12 12:52
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-11-02 11:05
ハロウィーン
at 2017-11-01 08:38
ミネソタが意外に素晴らしい件..
at 2017-10-29 08:47

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
語学

画像一覧

華氏摂氏  Fahrenheit and Centigrade

私、摂氏(℃)と華氏(°F)の変換が苦手です。

ちなみに式は:

摂氏(C)から華氏(F)への変換 = 9/5 x C + 32
華氏(F)から摂氏(C)への変換 = 5/9 x ( F - 32 )

距離や重さと違って、+ - 32 があるので、頭の中で一発変換するのがちょっと難しいです。
これは、摂氏(C)の氷点が0度であるのに対し、華氏(F)の氷点が32度であるためです。
華氏を設定した人は、なぜ氷点を32度というー中途半端な数字にしたんでしょうね?

華氏の国の人に「今 95度もあって超暑いんだよ〜」と言われてもどれくらいの暑さなのか一瞬ではわかりません。
32引いてから 5/9しなければなりません。

暗算しようとすると時間がかかってしまうので、iPhoneアプリで変換しています。
「えー、華氏95度といったら摂氏 35度ではないの〜、そりゃ暑くて大変だね!」とリアクションまでに時間を要します。
c0242063_2030428.jpg

「今日も0度以下なんだよね(華氏)。 Brrr (ブルル)」と言われた場合、32を引いてから 5/9 を掛けるので、だいたい摂氏マイナス -18度になります。そりゃ極寒だわ。ブルル。
c0242063_21205471.jpg

海外経験が長い人は、華氏摂氏それぞれでどれくらいの温度なのか体感覚でつかんでいるのでしょうか。私はその経験的な感覚、乏しい状況・・・

いろいろな国の人とコミュニケーションを取るとき、違う環境の相手の立場になってみよう、という意識は特に大切かなと思う今日この頃。

「今こっちは午後だけど、日本は朝5時半だから、君は暖かいベッドですやすや眠っているのだろうな。」
などと優しい人がメールに書いてくれると、嬉しくほんわかした気持ちになります。

相手の立場が想像ができないと、アメリカのオフィスから、日本時間の深夜零時スタートの電話会議の招待が来たりします。
さすがにその時間はなぁー。
「そちらの朝9時は、こちらの深夜0時なのでキビシイです。眠いです。緊急でなければ別の時間帯にお願いします」とお返事しちゃいます。

「君はすやすや眠っている時間帯」というところまでイメージでがきなくとも、海外のスタッフと電話会議の設定をするとき「相手の国ではだいたい何時かなー?」と一瞬思いめぐらしてくれないもんですかね。

UKの人に"Let's have a chat at 4 PM"と言われたとき、"4 PM in your time?"と聞いたら、"No, China time."という返事が返ってきたときは、「お、惜しい!」と思いました。
アジアの時間帯で会話してくれたのはとても嬉しいけど、日本にいる私に中国の時刻かぁ。
もちろん即OKしましたが。
UKから見ると、中国と日本ってすごく近いイメージなんでしょうか。

そんなこんなで、時間帯を決める話をするときは相手の国の時間で伝えるようにしています。相手に期待するのであれば、自分が先に行動しなきゃね。
いろいろな国の人とやりとりをしていると、ほんと勉強になります。


---------------------------


I am not good at converting from Centigrade (℃) to Fahrenheit (degree F) and vice versa.
Formula is:

Conversion to Fahrenheit (F) from Centigrade (C) = 9/5 x C+ 32
Conversion to Centigrade (C) from Fahrenheit (F) = (F-32) x 5/9

Unlike distance and weight, since there are + - 32 before or after multiplication, it is slightly difficult to do a mental calculation immediately.

This is because the freezing point of Fahrenheit (F) is 32 degrees, while the freezing point of Centigrade (C) is 0 degree.

Why was the freezing point of Fahrenheit set to 32 degrees, which is not nice round number?

When I was told by the person of the country of Fahrenheit "It's extremely hot, 95 degrees now!", I did not understand how hot it was instantly. After subtracting 32, it has to be multiplied by 5/9.
I sometimes use iPhone apps. "Wow, that is 35 Centigrade degrees! That's really hot!"

Another day, he said "It is 0 degrees (Fahrenheit) here. Brrrr!!" So, zero subtracted by 32, and then multiplied by 5/9. It gives you minus 18 degrees in Centigrade. Wow, it is super-cold! Brrrr!!
c0242063_21205471.jpg

I guess people with a long overseas experience have a sense of temperature in both units by experience. Not me, though.

I became to think when you communicate with people from different countries, it is important to put yourself in someone's shoes.

Once in a while, a sweet man in the US wrote me in his email, "You must be sleeping peacefully in your warm bed now since it is 5:30 in the morning in Japan although it is in the afternoon here." I was so touched by his words and became a kind mood.

In a situation where an imagination hardly work, one might invite another to an overseas conference call; which turned out to be 0:00 AM; midnight in Japan Standard Time.
Hmmm.. that's a bit hard to attend.

So I have to decline the invitation by writing "Since 9:00 AM in your time will be in the midnight here, it is a bit hard. I will be very sleepy by then. If it's not so urgent, could you set up a call in a different timing?"

I'm not asking colleagues to imagine like "you must be sleeping calmly", but at least can they think one moment what time the starting time of the call will be before sending an invitation to oversea staff?

I was once told from UK staff "Let's have a call at 4 PM tomorrow." So I asked "4 PM in your time?". His answer was "No. China time." I OKed immediately, but I thought "Almost. Nice try!". I was glad he gave a time of Asia, but why China, not Japan? I guess from someone's view from UK, China and Japan are very close.

After that, I started to tell the exact time in a time zone of the country where the other person is based in when I set up a timing of conference call. If you expect something from the others, I think you have to go there first.
I'm learning many things by communicating with people from various countries.

[PR]
by kobewindy | 2012-02-25 23:04 | Communication